12
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ヨゼフィーネ

ベートーヴェン著、恋文全13通。
差出人ベートーヴェン、しかし送らなかった。
(送っていたら何とかなったかもしれません)
宛名不明。そのうち3通は「J」という頭文字宛てで綴っている
恐らくJosephine、ヨゼフィーネ・ブルンスヴィックで、
ベートーヴェンがピアノを教えていた人です。
少女時代からベートーヴェンに想いを寄せ、
(相思相愛。が、悲しいかな貴族の娘と平民ベートーヴェンでは
恋愛成就せず。そんな出来事が、後にベートーヴェンを民主主義に
駆り立てた要因だったのかもしれません。

ヨゼフィーネは20歳年上のデイム伯爵と結婚し、3人の子供を設け、、
未亡人となってしまいます。
そんなこんなでベートーヴェン、再びアタック。
彼女はしかし今回は、子供たちの教育に専念すると静かに拒否。
身分格差をどうしても乗り越えられませんでした。

いいじゃないか、恋愛で完敗しても音楽で全勝したんだから。
泣くな嘆くな男じゃないか、どうせ叶わぬ恋じゃもの。

で、中々情熱的なその手紙は「不滅の恋人へ」で始まります。

略し書き:
「私があなたに心惹かれているのは、決して異性への繋がりの
ためではありません。全ての悪癖をも含めたあなたを尊敬しているのです。
私の感情と感性の全てがあなたに捉われているのです。
あなたに会ったその時から、私にとって他に何の愛の芽生えも
許さないほど、固く決定的なものとなりました」

「私がどれほど、あなたを思っているか、感じているか、
しかし、言葉というのはもどかしい、まだるこしい、
あゝ、神よ、あなたに何を言ったら良いのか」

「あなたの心臓が私のために打つようになる時は、いつ来るのか。
私の心臓は・・・死ぬまであなたのために打ち続けるでしょう。
愛する「J」、私が望むことは、少しでもあなたを幸福にすることです。
でなければ、私は利己的に過ぎることになるから」

彼女へのメモ書き(自由帳)から
「彼女について、どうしてこんなに形容する言葉がないのだろう、
彼女のことを言い尽くすことは出来ない。
ただ、音楽をもってできるかもしれないけれど。
音楽でなら、言葉よりも自由になる自負もあるが。
彼女は私の喜びの全てなのに。
神は私に十分なほどの才能を与えてくださったが、
彼女のためにはまだ足りない。
哀れなしんぞうよ、静かに打ち続けよ、
墓に入るまで、彼女は私の喜びなのだ」

ワルトシュタイン(ピアノソナタ21番)の第2楽章が
ヨゼフィーネに贈った曲だと言われています。
Beethoven: Sonata No.21 in C Major, "Waldstein" (Pletnev)











マドンナの祝日

まだ、12月8日です。日本は9日の真夜中ですね。
12月8日はカトリックの祝日です。
l’Immacolata Concezione della Beata Vergine Maria 
聖母受胎の時から無原罪を保っている、という
イタリアの人たちにも六かしい名称の祝日です。 

ついでに8月15日は、やはり聖母の祝日で
l'Assunzione della Vergine Maria al cielo
聖母昇天の日、この世での役割を終えたマリアが
天に昇ったお祝い日です。

どちらも近年、それ程には昔でない時に定められた
祭日です。

Mario Merola
 ミサの最中です。冠婚葬祭は、いつもミサの最中に行われます。
 コムニオーネという12、3歳の子供たちがカテキズモ(カトリック教義)
 の勉強を終えた折になされる式典です。
 古いフィルムから、歌われるのはシューベルトのアヴェマリア。

崩しの少ない歌い方による 聖母たちのララバイ 岩崎宏美 2009
 岩崎宏美の「マドンナたちのララバイ」
 今、この年になって聴いてみると佳い歌ですね。
 昔、彼女の歌は、はっきりとした気持ちの良い日本語だなぁ、
 と思いつつ聞き流していました。

Pietà vaticana di Michelangelo Buonarroti: analisi completa della scultura
 ミケランジェロ;Pietà

「この都会は戦場だから」
女性にとっても戦場なのですけれども・・・

企業戦士と、貯蓄預金に余念がなかった奥様お母様の
おかげで豊かになった日本、当時の豊かさのおかげで
今なお「豊かな国」である日本。
莫迦な政治屋に日本を壊されませんように。
聖母の祈りならぬ、おばさんの祈りです。

歎異抄

11月28日は親鸞聖人の祥月命日です。
バーソさんが「出家とその弟子」をブログ記事で
2回連載でお書きになっていました。
親鸞(ご出家)と唯円(親鸞の弟子)との人間劇(人間愛)、
悟りを、倉田百三(ひゃくぞう)が戯曲形式で書いたものです。

 歎異抄第二章から
おのおの十余か国のさかいをこえて、
身命をかえりみずして、たずねきたらしめたまう
御こころざし、ひとえに往生極楽のみちを
といきかんがためなり。
しかるに念仏よりほかに往生のみちをも存知し、
また法文等(ほうもんとう)をもしりたるたらんと、
こころにくくおぼしめしておわしましてはんべらんは、
おおきなるあやまりなり。
もししからば、南都北嶺にも、ゆゆしきが学生(がくしょう)たち
おおく座せられてそうろうなれば、
かのひとにもあいたてまつりて、
往生の要よくよくきかるべきなり。
親鸞におきては、ただ念仏して、
弥陀にたすけられまいらすべしと、
よきひとのおおせをかぶりて、信ずるほかに
別の子細なきなり。
念仏は、まことに浄土にうまるるたねにてやはんべるらん、
また、地獄におつべき業にてやはんべるらん。
総じてもって存知せざるなり。たとい
法然上人にすかされまいらせて、
地獄におちたりとも、
さらに後悔すべからずそうろう。
そのゆえは、自余の行もはげみて、
仏になるべかりける身が、念仏をもうして、
地獄にもおちてそうらわばこそ、
すかされたてまつりて、という後悔もそうらわめ。
いずれの行もおよびがたき身なれば、
とても地獄は一定すみかぞかし。




 

トリスタンとイゾルデ 愛のドラマ

間を開けて申し訳ありませんでした。
もう1つサイトを持ちたいと思い、
あれこれ模索しているうちに時間が経ってしまいました。
ご心配をおかけしてしまいましたが、

ベッラさんからいただいたコメントです。

「前回ローレンツのことを書きましたが、こんなヴァーグナー歌手はじめて。よくあるポルタメントがほとんどないし、すごく感動してしまうのです。

彼はご存知のように「あの時代」に全盛期を迎えた名歌手ですが、夫人がユダヤ系、ヒトラーはバイロイトに彼を追い出すように言いますが、ヴァーグナー家は「ローレンツなしではバイロイトは成り立たない」と拒否!!
そしてあのヒトラーすらもローレンツの声に魅了されていくのです。

彼のトリスタンやジークムント、ヴァルターなどは、聴いていてドキドキします。https://www.youtube.com/watch?v=DQRipRqDkM0 これはトリスタンです。こんなに愛されたイゾルデ、なってみたいわあ・・・

タンホイザー(2分30秒ほどですが)https://www.youtube.com/watch?v=_2rcyF-41FI

すっかり魅了されてしまいました。マリオ・デル・モナコ、コレッリ、そしてカップッチッリなど私の音楽観に大きな感動をもたらしました。

またいろいろ語りたいですね。

ヴェルディの音楽が「祖国統一運動」、そしてヴァーグナーの音楽が、ドイツの矜持をあらわしています・・・ナチスとのことはヴァーグナーの責任ではない、

声の維持にはかなりの苦労が必要なのですが、このごろは聴き手に回っています。」
     ベッラ URL 2018-10-07 編集

Max Lorenz sings Tristan - Act III, scene 1 & 2 (part VI)
 トリスタンとイゾルデ、終幕
 トリスタンがイゾルデの胸の中で息を引き取る場面ですね。

Dir töne lob Max Lorenz 1936
 タンホイザー 第1幕 竪琴と共にタンホイザーが歌います。

マックス・ローレンツを紹介していただいて
どうも有り難うございます。
イゾルデになってみたいとは!
恋多き、情熱的なかたなのですね、ベッラさん(*^-^*)

通行人Yさん、コンサートはどうでしたか?
深まる秋の中での音楽会、
素敵ですね!

また、皆さまのブログを拝読しに回ってみます。
月曜日からになりますが、よろしくお願いします。


黄金のトランペット

今朝、バルセロナのシンボル、
モンセラ・カヴァリエが病院で亡くなりました。
享年85歳でした。柔軟性のある、
温かみのある声のソプラノ歌手でした。
日本にも来ましたね。
古き良き時代のステッラ(星)がまた、1つ消えました。

「黄金のトランペット」というのは、
ベッラさんのマエストロ、マリオ・デル・モナコの
ニックネームです。
今朝、読ませていただいたバーソさんのブログで
ラッパについて書いてらしたので、
咄嗟に私はデル・モナコを思い浮かべました。
ラッパ(アイーダ・トランペット)と共に凱旋入場する
ラダメスです。
声もトランペットですが、ラダメスも素晴らしかった。

Mario Del Monaco in Aida Tokyo 1961 "Celeste Aida"
 アリア; 天上のアイーダ 日本公演から
 日本のオケとの共演でしょう、よく我慢して歌ったね。
 動画で聴いても声の輝かしさが伝わります。

Mario del Monaco, Monserrat Caballe, Renata Tebaldi and Aldo Protti.
 アンドレア・シェニエ
 モンセラ・カヴァリエ レナータ・テバルディ マリオ・デル・モナコの共演で

また、書き足していくと思います。

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR