08
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

やは肌の

バーソさんがマスネのオペラ「タイース」の
「黙想」meditazioneを紹介しながら
タイース・エントリーをお書きになったので、
私はオペラの粗筋と共に動画をリンクしようと
思っただけなのですが、

ふと、晩年にカトリックの洗礼を受けた与謝野晶子のことが
頭をよぎりました。
やは肌の、は、あつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君、
と続きます。
この歌を初めて知った時に、相手は誰か分かりませんが、
キリスト教信徒への歌だと感じました。

与謝野鉄幹、河野鉄南(和尚さん) 2人ともお寺の息子さんでした、が、
鉄幹なぞは仏教の禁欲主義とはほど遠い
(もっとも仏教はキリスト教ほど禁欲的ではないでしょう)
教師をしていた折に何度も教え子と恋に落ちて
(恋に落ちるというより、やりたくなって、の方が当たっている気がするけど)
教え子だった妻を追い出して晶子と結婚するという
不倫、不道徳、醜聞で、晶子は押しかけ女房なわけですが、
私には晶子の真似はできません。
それにはそれで事情が色々とあったのでしょう。
鉄幹は結構いい男でモテたのでしょうね。
晶子の眼鏡に適うぐらいだから。

「やは肌」がどうしてクリスチャンへの歌と思ったかと申しますと
「道を説く君」、この言葉から連想する君というのは
牧師さんか神父さん、あるいは熱心なキリスト教徒です。

大胆で華麗な晶子の女性の恋の歌の中には
聖書、羊などという言葉が出て来ます。

「みだれ髪」から、
淵の水になげし聖書を又もひろひ
  空仰ぎ泣くわれまどひの子

 考えさせられる歌ですが、
 「やわ肌」の方が日本人受けするのかもしれません。

聖書だく子人の御親の墓に伏して
  弥勒の名をば夕に喚びぬ

 これは仏教とキリスト教の狭間に立った苦悩で
 私には深い歌に思われますが。

水に飢ゑて森をさまよふ小羊の
  そのまなざしに似たらずや君

何となきただ一ひらの雲に見ぬ
  みちびきさとし聖歌のにほひ

といった聖書、賛美歌に関する歌から、
晶子には公には知られないクリスチャンの恋人
(恐らく片想い)の想い人)がいたのではないでしょうか。

鉄幹の晶子への嫉妬も許容して支援し、
12人とも13人とも言われる子供を育て、
亡くなる間際に子供に「私は幸せだった、
何故ならこの世であなた達に会えたのだから」

という言葉を残した彼女は
天晴なお母さんでもありました。





クリスマス・ソング

バッハのクリスマス・オラトリオは同バッハによる
カンタータからの収集です。

https://www.youtube.com/watch?v=DlwcZT1XVss
 冒頭の合唱「歓喜せよ!」

https://www.youtube.com/watch?v=TXTbRn1H6JE
 栄光を、神よ、汝に歌わん

https://www.youtube.com/watch?v=0GIzt9nRA9U
 クリスマス・オラトリオ・シンフォニア

全6部64曲、演奏時間2時間半の中からの3曲です。
クリスマスから1月6日6のエピファニーア(公現の祝日)
までの期間のために作曲した音楽です。

ベートーヴェンは後年、熱心なカトリック教徒でしたが、
バッハは熱心なプロテスタントでした。その熱心さを持って、
毎朝起きては神のための作曲に勤しみました。
12~3人の子供を儲けたバッハには
「恋愛感情を持たなければ歌は歌えない」
なんてのは低次元の事柄でしたでしょうね。

「神のために」をこれほど高邁で清冽な、微妙な表現で
音楽にした作曲家は他にいませんでしょう。

それから、珍しいところで

https://www.youtube.com/watch?v=RlxswNssITM
 リムスキー・コロサコフの組曲「クリスマスの夜」
 区切ったりしてどうぞ、素敵な曲です。

運命

ベートーヴェンの交響曲第5番ハ短調は
パトス(熱情、激情、感情、理性の対比)と威厳、
神秘、壮美がドッキングした作品です。

シントラーの「斯くの如く運命が扉を叩く」という

ベートーヴェン交響曲第5番第1楽章
 冒頭の5小節ばかりが一般的には有名なのですが、

 「運命」 冒頭の聴き比べ
運命 聴き比べ

アントン・シントラ―(1795~1864)は彼自身が音楽家であり、
ベートーヴェンの身の回りの世話をしたり、
「ベートーヴェンの生涯」という伝記を記しましたが、
内容の多くを捏造 改竄したという、トンデモない
伝記制作者であったわけです。

「斯くの如く運命は扉を叩く」というのは
シントラ―が記した信憑性のあるベートーヴェンの言葉です。

ベートーヴェンの弟子のツェルニーによりますと、
この一節はウィーンの森を散歩していた時に聴いた
(微かに聴いたのでしょうね)ホオジロの囀りで
ホオジロの歌の中に彼は「神と悪魔の声」を聴いた
のだそうです。

1803年に「運命」のスケッチを始めて
1808年に初演でした。
細かいことを言いますと、「運命」と共に
第6(田園)、レオノーレ、ワルトシュタイン、ピアノ協奏曲第4番が
スケッチされています。

第1楽章の主題は運命からのノックで、
随所で運命が扉を叩いています。
「ヒェッ!」と思いながらもベートーヴェンは運命を写実しています。
難聴の悪化、身分違いの恋愛の破綻
(結婚に一方ならぬ憧れを抱いていましたのに)
封建制度というどうにもならない(化け物のような)壁、
彼は共和主義者でありナポレオンに肩入れもしていましたが、
帝位就任後に侵略戦争を広げオーストリアはナポレオン軍に
占領されていました。
歯ぎしりしたベートーヴェンは、
「残念至極!私が作曲技術を知っている位、
戦闘技術に精通していれば、奴を(ナポレオンを)負かしてやるのに!」

といった身に降りかかって来た運命ですね。
彼は強かった!
「運命に負かされるなどあり得ない、
運命の喉元を締め上げてやる!」

第2楽章では運命と対峙する人間の受け取り方を、
第3楽章では戦いを、間断なく突入する第4楽章では
勝利の凱旋を謳っています。

この曲がパリで演奏された時に、
ナポレオン軍の兵士たちが一斉に立ち上がり、
「この曲は皇帝陛下だ!皇帝万歳!」
と叫んだのだそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=1lHOYvIhLxo
 レオナルド・バーンスタインとウィーンフィルハーモニーです。

ランメルムーアのルチア

「ルチア」を作曲したドニゼッティは、
ロッシーニの後継者で、ベッリーニと同時期に活躍した人です。
右手左手にペンを持って2つのオペラを同時に作曲したそうな。
言うにこと欠いて
「作曲は簡単なんだ、舞台稽古が時間がかかる」
さすが9日間で「セビリャの理髪師」を書いたロッシーニの
後継者ですね。

ドニゼッティ(1797~1848)、中期の作品です。
原作はウォルター・スコットの「ランメルムーアの花嫁」
イタリア語で歌われますがスコットランドの物語です。
物語としましたが、事実を基に作りました。
好きではない人と結婚させられた花嫁が花婿を刺した事件が
スコットランドで起こり、それをスコットが小説化しました。

「ラマムーアのルーシー」は、
「ロミオとジュリエット」のように敵対するする二家の、
世継ぎ間の悲恋です。

幕が上がって間もなく、エンリーコ(ルチアの兄)と
ライモンド(ルチアの指南番、教育者)との二重唱の後に、
エドガルドと逢引するため、ルチアがお供のアリーサを連れて登場し、
美しいカヴァティーナを歌います。

Anna Netrebko - Regnava nel silenzio de Lucia di Lammermoor
 動画ですと音色がちょっとあれですけれど、
 よく肥えたルチアの声はころがしと高音域が素晴らしい。
 初めての恋への時めきと逢瀬の喜びに溢れています、ね。
 アリーサに窘められつつも、「彼は私の光なのです」と
 歌う、ルチアという彼女の名は光(生気)です。

Eccola! (la scena della pazzia) - Lucia di Lammermoor - Mariella Devia
 Scena della pazzia  ルチアの狂乱の場です。
 このルチアは覚めたルチアですが、それなりに美味い。
 イタリア・オペラは声の芸術です。
 ルチアは声は軽い(レッジェーラ)ですが至難のアリアの1つです。
 歴代のコロリトゥーラが歌っていますが
 役柄は声柄ゆえ狭められてしまいます。
 マリア・カラスは例外です、あのお人は根性で
 何でも歌ったから。

Mariella Devia - Il dolce suono - Spargi d'amaro pianto - Lucia di Lammermoor - 1987
 狂乱の場の全曲です。この後、ルチアは登場しません。

Dame Joan Sutherland & Luciano Pavarotti. Duo. Lucia di Lammemoor.
 ルチアとエドガルドが人目を忍んでの逢瀬で歌う愛の二重唱です。


和田アキ子 宝塚歌劇団 愛の賛歌
 ルチアとは全く関係がないのですが
 こいなのを見つけました。
 こちらも愛の二重唱ということになりますか、
 和田アキ子さんが越路吹雪風に(真似て)歌っています。
 素敵な舞台です。
  

びっくり時計とコーヒースキャット

バーソさんがハイドンの「びっくり交響曲」について
コメント欄でお話しなさっていたので、いただきます。
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809)
パパ・ハイドン、あるいは交響曲の父なんて呼ばれている
オーストリアの作曲家です。
交響曲94番「驚愕」、第二楽章は
居眠りしながら聴いている貴族たちを驚かすために作曲しました。
ビックリしたってください。

F J Haydn Sinfonía Nº 94 Sinfonía sorpresa director Temirkanov

同じくハイドンのシンフォニー101番「時計」から第二楽章です。
これはちょっと有名かな。

Haydn - Sinfonia 101 "L'orologio" - "Andante"

ハイドンはベートーヴェンがウィーンに
到着したばかりの頃の師匠でした。
あまりお金を持っていないベートーヴェンでしたが、
ハイドンに会う時にはいつもコーヒーを
ご馳走していたのだそうです。
べ-ト―ヴェンは苦悩を苦悩のままに作曲しましたが、
ハイドン、モーツァルトは生活苦(人生苦)なぞどこ吹く風の、
快活で晴朗とした音楽ですね。

私のネコはベートーヴェンという名です。
美しい猫です(バカの身自慢タークラタ―の飼い猫誉め)

続いてアマチュア無線局bhf0hjさんからいただきました、
由紀さおりさんの「夜明けのスキャット」です。

由紀さおり 『夜明けのスキャット』 (2009) 416.584 visualizzazioni 667

コーヒーが似合う曲ですね。
昔の歌手は上手なかたが多かったでしたね。
おばさん、今の歌手を知りませんのですが。

現在時刻 9月2日(土)PM18時30分
天候 雷雨後晴れ  室外温度20°C  湿度 現在40%

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR