04
1
2
3
4
5
6
8
9
11
12
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

Passio secundum Matthaeum マタイ受難曲

「マタイ受難曲」はバッハだけの専売ではないのでして、
バッハ以前に多くの作曲家が作っています。

マタイ受難曲を構成する聖句はマタイによる福音書26章と27章です。
しかし聖句だけではなく、そこに伝道師が現れて解説したり、一般市民が嘆いたり、
マルティン・ルター訳による詩が盛り込まれています。

キリストが自らの運命を予言し、その予言通りに、
十字架に架けられて息を引き取るまでのあらすじ、音楽です。
ペテロやユダも、ピラト(ローマ帝国第5代ユダヤ属州総督)も登場します。

第1部と第2部に分かれており、第1部はキリストが捕らえられるまで、
第2部は刑死した後に、彼のお墓が封印されるまでを、
聖句、レチタティーボ・アッコンパニャート(伴奏つき叙唱)、アリア、
コラール(合唱)で描いた音楽です。

聖句は区切られ、その度にアリアやコラールで省察が行われます。
聖句を歌うのは福音師(伝道師、エバンジェリスト)、
キリスト、ペテロ、ピラト、コラールなどです。
合唱曲で始まり、最後もまた、合唱で終わります。

実際、聖金曜日(キリストが磔になった日)の音楽なのですが、
明日は復活祭(Pasqua)ということで、

全曲リンクいたします。

Bach - St. Matthew Passion BWV 244 (Karl Richter, 1971) - 1/22
 長いです。区切ってお聴きください。
 長いですが、名曲です。

明後日(Pasquetta, Lunedì degli Angeli)までに、
小間切れにいたします。

冒頭の合唱、
「共に嘆こう、子羊のような彼を見よ、
愛と慈しみゆえに十字架の上に
みずから私達の罪を背負ったあの姿を!

ここでエヴァンジェリスタとキリストが対話をします。
エヴァンジェリスタというのは、福音者、あるいは伝道師と言われる
(キリストが語った言葉を伝え広める人で)
ここではマタイです。

BWV 244_2-8 Da Jesus diese Rede vollendet hatte (By W. Furtwängler)
 アントン・デルモタ(テノール)が福音者で、
 キリストはディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ(バリトン)です。

キリストは弟子たちに言った。
「2日後は過ぎ越しの祭りです、人の子は
十字架に磔られるために引き渡される」
1人の女が高価な香油を携えて、キリストの頭に注ぎかける。

「こんな無駄遣いをして」と合唱。
キリスト「彼女は私のために良いことをしたのだ、
この女のしたことも、後に語り継がれるでしょう」
            
これは出だしです。この後、ユダの登場、最後の晩餐、
ユダの裏切り、ペテロのエピソード、
裁判、刑死となりますが、

一挙に飛び越えて最後に近い49曲目、
Bach BWV 244-58 Aus Liebe will mein Heiland sterben
 愛のために私の救い主は死んで行く
 
フルートとソプラノ、
哀愁のある、哲学的な音楽です。
歌う側には至難のアリアです。



Die Fledermaus 蝙蝠

ヨハン・シュトラウスのオペレッタ「こうもり」
Die Fledermaus(独) Il Pipistrello(伊)

ヨハンはヨーゼフ・シュトラウス(ラデツキー・マーチ)の
息子です。

「カルメン」の戯曲を書いたアレヴィとメイヤックが、
「夜食」の台本を書き、それをハフナーとジュネの2人が
ドイツ語のオペレッタ用にしました。

Il Martedì grasso(直訳しますと脂肪の、脂肪を摂る火曜日)、
カーニバルの最後の日、それまでの禁食から解き放たれて
肥沃なもの、油っこいものを頂く日、
その日に演奏されたオペレッタですが、
次第に大晦日のオペレッタになりました。

講釈が長いわね。既にご存知の方達もおいででしょう。

また能書き。
「こうもり」というのはファルケ博士に付けられたあだ名です。
何故つけられたのかというと昔、仮装舞踏会の帰り道に
蝙蝠の姿になったファルケ博士は酔っぱらって道端で寝入ってしまいました。
友人のアイゼンシュタインは、彼をそのまま置き去りにし、以後、
博士は「こうもり」と茶化されて呼ばれるようになってしまいました。
「アイゼンシュタインめ、1000年の恨み覚えておくがいい!」
1000年とは言っていないですが、いつか仕返しを!
と考えていたのでした。

序曲は時々お耳にしますでしょ。
https://www.youtube.com/watch?v=H2lrKuZKV-Q
 指揮を執っているのはインド人ズビン・メータ、
 演奏する曲を即興でアレンジできる(ホロビッツもそうですが)
 希有な指揮者です。

動画では1部を除いて、聴きどころが細切れになっていません。
全曲をリンクいたしますので、
お聴きになってみてください。
楽しい音楽です。
大晦日と限定せずに、いつでもどうぞ。
私は「第九」を年間通して聴いております。

https://www.youtube.com/watch?v=VL24dNrUA3s

https://www.youtube.com/watch?v=D1zJPaOfaUw

名門の出、アイゼンシュタインは官吏への侮辱罪から
1週間ほど刑に服さなければなりません。
第一幕の幕が開きますと、アイゼンシュタインの奥方、
ロザリンデの恋人アルフレードのセレナードが聞こえてきます。
そこに女中のアデーレが登場。
アデーレはロザリンデに舞踏会に行くことを願うのですが
却下。
アルフレードが登場して去ったのちにアイゼンシュタイン、
弁護士ブリント、ファルケ博士と次々に登場し、重唱を
繰り返した後に、夫のいない1週間を心配して歌います。
「ロザリンデの嘆き」

ロザリンデから外出許可をせしめたアデーレ、
獄舎へ行く前に舞踏会にとファルケから誘われた
アイゼンシュタインは悲しむふりをしながら
ダンスのステップを踏んだりしてしまいます。

すぐ後にやって来たアルフレードはアイゼンシュタインの
服を着こみ「酒の歌」など歌って陽気になっているところへ
獄長フランクがアイゼンシュタインを連行するために訪れますが、
この場合、アルフレードを夫だと言い張る他はなく、
アルフレードは、そのまま署に連行。

第一幕の終曲は華やかなワルツです。
アルフレードとフランクはシャンパンの瓶を抱えて
家を出ます。

第二幕 オルロフスキー公爵亭での舞踏会です。
華やかな序奏の後に「夜会は招く」と招待客の合唱です。
ロザリンデの衣装を無断借用したアデーレ、
次にフランスの大富豪、ということになっている
アイゼンシュタインが登場。
オルロフスキーが「客を招くのは私の道楽」と歌います。

アイゼンシュタインは「うちの女中にそっくりだ」、
アデーレは「侯爵さま、あなたのような方は」とからかって
笑いで返します。
「シュヴァリエ・ド・シャグラン様のおいで」と来訪を告げますと、
これが獄長フランクです。
ハンガリー貴族に扮したロザリンデも登場。
ロザリンデと知らぬアイゼンシュタインは
「この時計で17人の女を誘惑した」
と自慢げに懐中時計を見せて自分の奥さんを誘惑します。
そして彼女は素早く時計を奪います。

ロザリンデがハンガリーを偲んで歌う「チャールダーシュ」は
美しいアリアです。
続いてオルロフスキーの「シャンパンの歌」
Sieではなく duで呼び合おうと提案がなされて
バレーの場面になります。ここでは通常、
シュトラウスの別の曲(南国の薔薇、雷鳴と電光など)が使われます。
宴会はワルツで盛り上がるうちに、時計が6つ
鐘を打ちます。(この鐘は最初の序曲でも鳴りますね)
鐘を合図にアイゼンシュタインと獄長フランクはそそくさと立ち去ります。

第三幕 刑務所内
間奏曲(獄舎の動機)で始まります。
酔っ払った看守フロッシュと獄長フランクの愉快なやり取り、
アデーレとイーダ(姉妹)が登場して、
「田舎娘の格好で」と、フランクに本物の女優になるため
支援を頼みます。

フランクは入獄するつもりでやって来たアイゼンシュタインと
既に獄舎にいるロザリンデの愛人アルフレードを見て
驚いて混乱。
アイゼンシュタインは妻と愛人を懲らしめようとしますが
「侯爵さま、私の胸のときめきを数えてもらいましょう」
と時計を取り出して見せ、アイゼンシュタインは窮地に。

ファルケ博士が「仕返しにちょっといたずらしたんだ」と
昨夜の客人たちと共にやって来ます。
混乱ドタバタ劇は「すべてシャンパンの罪だ」と
シャンパンのせいにしつつもシャンパンを讃える合唱の
うちに幕を閉じます。


日本では今頃、除夜の鐘を聴いている頃ですね。
1年間お世話になりました。
有難うございました。
来年も(今年も)、
皆様にとって一層輝かしい年となりますように。
熊本、鳥取、糸魚川の方達に、より良い年となりますように。

https://www.youtube.com/watch?v=npLZNoRoH2M
アデーレのアリア 「侯爵様、あなたのような方」

https://www.youtube.com/watch?v=qwhIvKD0cjk
 同じくアデーレのアリア「私は田舎娘」
 グルベローバ版もありますが、ragazzinaといった風な
 この子の方が録音の性能が良いのっでしょう。
 声がよく聞こえます。

https://www.youtube.com/watch?v=ao8C2aZCkHw
 グルベローヴァ

https://www.youtube.com/watch?v=fHntGDq0IuY
 「チャールダッシュ」 ロザリンデのアリア






年の瀬に

Iクリスマス前に事件、事故発生。
地震 雷 火事 親父と昔から言います。
怖いもの順です。
親父と言うのは大風のことで父親のことではない
という説も。
父親というのはよく怒りますから。
怒りましたから。
今は変わりましたでしょう。
山の神、かみさんが怖いというのもありますが、
この場合、母親ではなく奥さんが怖かったのでしょう。

http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1755980.html
 糸魚川の大火事で大変な目に遭われました。
 この年の瀬に。
 災難でした。
 テロだという話もありますが、もっと日が経たないと
 判明しませんでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=G7B_sh08mrI


http://milano.corriere.it/notizie/cronaca/16_dicembre_24/controllo-urla-spari-b4830b88-c95a-11e6-bac6-8c33946b31a6.shtml
 クリスマスにこういう記事をリンクするのも
 なんだかなぁ、なのですが・・・
 ベルリン・クリスマス市の屋台に大型トラックを
 突っ込んで12人を死亡させた(そのうち1人はイタリア人)
 チュニジア人が不審な動きだ、と
 ミラノのセスト・サン・ジョヴァンニで
 パトロール中の警官の目に留まり、
 駆け寄る警官に最期の罵声、
 「ろくでなしポリ公!」(どっちがロクデナシじゃ)
 撃ち合いとなって果てました。
 若干24歳。
 「I morti di Merkel」(メルケルが出した死者だ)
 と、罵られていたメルケルは記事中の動画で
 イタリアに感謝しています。

ヒットラーは考案したのであって手を下したわけではないです。
日本の某首相も同様、雲の上ですね。
日本で外国人を受け入れるなら、本当に国民投票が必要です。 


https://www.youtube.com/watch?v=XAjyxRCC1cA
 バッハのクリスマス・オラトリオから、
 シンフォニア。
 安倍チャン、ゴルフもいいけど、たまには
 バッハでも聴いてみたらどうでしょう。

シリアに向かうロシアの航空機が黒海に墜落しました。
数10人ものロシア軍隊合唱団が共に墜落。
痛ましい、不穏な事故です。
昨夕たまたま、彼等の「カリンカ」を動画で聴いていました。
https://www.youtube.com/watch?v=5MSFSJlN2fs

https://www.youtube.com/watch?v=w3v8fhMf6PA


ラズモフスキー

アンドレイ・ラズモフスキー伯爵はウィーンにて
大使として仕事をしていたロシアの外交官です。
昔の貴族らしく四重奏団も抱え、自らもヴァイオリンを
嗜みました。

ベートーヴェンに依頼した3つの弦楽四重奏曲が
伯爵に献上され、後に「ラズモフスキー」と呼ばれるように
なりました。
3曲ありますが、第1番が最も演奏回数が多いです。


ラズモフスキー第1番
作品番号は
弦楽四重奏曲第7番ヘ長調Op.59-1
4楽章からなる、40分ぐらいの曲です。
第4楽章でロシア民謡が採り入れられています。
https://www.youtube.com/watch?v=IAoQ6O0WJWg

https://www.radiocafoscari.it/2016/04/10/beethoven-quartetto-rasumovsky-i/
こちらはラズモフスキーを分析しながら
 お聴きできます。
 解説はイタリア語なのですが、何となく分かりますですよ。
 35分。

内面の(向精神性)エロイカ四重奏曲と
言ってますね。
シンフォニー第3番「エロイカ」(1804年作)が
外向的エロイカになりますでしょう。
ラズモフスキーは1806年作。

ベートーヴェンは、第3番エロイカから
彼の本領発揮とされていますが、
第2番で既にベートーヴェンと分かります。

どうして分かるか、というと
音楽を沢山お聴きになってください、としか
言えませんです。

貧しく生まれ、貧乏のうちに育って生きた、
彼の音楽はどの作曲家にも増して
力強く、溢れる優しさと暖かさを持ち
何よりも高い精神性と品格を蔵しているところが
魅せられるところです。

シューベルトは勿論、メンデルスゾーン、ヴェルディ、
ベルリオーズ、と多くの作曲家がベートーヴェンを
敬愛していました。




聖母マリア 無原罪お授かり

フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディが
22、3歳の時にイタリアに2年間ほど旅行しました。
ローマ滞在中のこと。スペイン広場の階段の上にある
女子修道院の近くに宿泊し、毎日ミサに参加しました。

当時、修道女はミサを挙げる間、姿を見せずに歌い、
ですから参加者は、メンデルスゾーンもですね、
彼女たちの声だけ聴いていたわけです。
「中々良い声じゃ、柔らかくて哀感がある。
彼女らのために何か作って上げよう」と、
思い立ったメンデルスゾーンは、モテット(聖務日課の曲)を
作曲しました。
「互いに顔は知らないが、野蛮なドイツ人の自分が作った聖歌を
彼女たちが歌う。それを聴くのは楽しい事だ」

当時、ゲルマン民族の大移動への恨みからか、
イタリア、ラテン人はドイツ人を野蛮人と見なしていました。

美しいモテットはこうして作られました。
https://www.youtube.com/watch?v=j24YAk9Utgg
 Vieni domine 主よ、来てください!と、
 降誕祭を待ち望んで歌われるラテン語の
 カトリック・ミサです。

メンデルスゾーンはユダヤ人でしたが、ドイツで生きるために
キリスト教(プロテスタント)に改宗しました。
「このキリスト教証明書が目に入らぬか」と、
指し示せば良かったのですから便利な印籠でしたね。

しかし、メンデルスゾーンの宗教曲は大変美しいです。
宗教曲以外にも有名どころが多いですが。

もう1つ。八声の「アヴェ・マリア」です。21歳の時の作品です。
https://www.youtube.com/watch?v=sKthQalxExY
 中間部はマリアへの嘆願です。

オラトリオ「エリア」
旧約聖書の「列王記第1 第2」を
音楽にしたもので、預言者エリアが主人公です。

Flügelさんのご提言から頂きました。

些か長い。
これから小間切れにして行きますが、
イスラエル王ソロモンと関わり合いのある
シバの女王、の音楽をリンクいたしますね。

エリアはソロモンの時代の予言者で、
シバの女王はオラトリオに登場しませんが
この音楽は有名でしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=uoJ-aZeygiU

エリアは合唱曲が秀逸です。
明日、小間切れにしますが、
全曲(2時間余り)もお聴きになれます。

おばさん、昨日は悪寒がして少し変でした。
1日中寝てまして、今日は具合がいいです。
食欲だけはあるのよ、
スパゲティやブルスケット(パンの上に刻みトマトや
レバーなどをのせてレンジで焼いて頂きます)を、
めためた食べては寝ておりました。
風は滅多に引きません。(バカのせいか)

ちょっと間違えました。
パンにオリーブ油とニンニクを擦りつけて、
フォルノ(レンジ)で焼き(このまま食べても美味しいよ)
焼き上がった後に刻みトマトやレバー・ペーストを
のせて頂きます。
ウンブリアの(田舎)料理です。

ベッラさん、お大事に。
ベッラさんは声はお強いけれど御身体は
デリケートなのですね。
生姜湯やホットレモン、
ホット・ワイン+ハチミツなどが
身体のためになりますです。

メンデルスゾーン: Elijah
序唱、序曲、合唱曲の「主よ、助け給え」
https://www.youtube.com/watch?v=awXM4DG1SdY
 エリヤ(バリトン)が、雨は望めまい、という序唱で
 始まります。
 バアル偶像信仰に現を抜かしたイスラエルの民に、
 ヤーヴェ(エホバ)が怒り、雨を降らせず飢饉に追い込み
 民衆が神乞い(雨乞い)します。
 性格の悪い神だ、とおばさんは思うわけです。

第5曲 しかし、神は見給わず
https://www.youtube.com/watch?v=v_1E5Q40EFA
 神は私たちを蔑んで見守ってはいない。
 妬み深い神は3代4代前の曾祖父の罪を憎み
 子孫までも憎む
 しかし、神を愛する者にはその慈しみは
 千代に及ぶ。

第7曲 主はなんじのためにみ使いたちに命じ
https://www.youtube.com/watch?v=287FrSKnnEQ
 天使の独唱
 「エリヤよ、立ちてサレプタへ赴け」

第8曲 寡婦(未亡人)とエリアの2重唱
神の人よ、私に何を
https://www.youtube.com/watch?v=lH2EzBtUb1s
 私の子供の命を奪うのですか?
 貧しい女を助けてください。
 子供は生きている。神があなたの祈りを
 聞き届られた。

第10、11、12、13、16曲
エリアと民衆の「私の仕える万軍の主は生きたもう」
バアルと預言者たち、エリアと民衆
https://www.youtube.com/watch?v=A7g4jar-NUs
 エリヤとバアル預言者たちの戦いです。

第16曲から第20曲(終曲)まで
https://www.youtube.com/watch?v=MiuF9KcXkBc
 天使たちを霊とし、み使いたちを炎として
 ここに遣わしてください。炎は生贄を焼き尽くす。
 バアルの預言者たちを1人残らず捕えて殺せ。
 神は公正な裁き主。
 エリヤよ、私たちをお救い下さい。
 異教の神は雨を降らせることをしない。
 海から小さな雲が上っています。人の手のひらほどの雲です。
 天は雲と風で暗くなり、音がだんだん激しくなっています!
 「慈しみ深い神に感謝せよ」
 「激流が轟わたる
 神は乾いた大地を潤してくださる」
 
これで第一部が終わりです。
全2時間10~15分ぐらいです。
テオ・アダム、ペーター・シュライヤー、
エリー・アメリンク版があります。
区切りながらお聴きになってみてください。

第二部
第22曲 恐れるなと私たちの神は言う
https://www.youtube.com/watch?v=UGDxNfBiQII
 エリヤとエリヤを憎むイゼル王妃、
 合唱の絡み合い。
 王妃の咎めにより、エリヤを殺せ!
 となってしまいますが、オバデア(オバデア書)
 エリヤに荒野に行け、と告げます。

第27曲~第32曲
https://www.youtube.com/watch?v=UDDa7p5MtKM
 見よ、彼は砂漠のエニシダのもとに
 眠っている。
 しかし神の天使たちが、
 神を恐れる者のまわりに陣を張った。

 天 使
 エリヤよ、起きなさい。長い旅が待ち構えている。
 四十日四十夜歩いて、神の山シナイ山に行くのだ。

 神の御前で心を鎮めなさい。
 最後まで耐え忍ぶ人は幸いである。

 エリヤよ、もう一度降りて行け。
 イスラエルにはまだ7千人が残っている、
 バアルの前に膝をかがめない人々だ。

 たとえ山々が崩れ、丘が消え去ることがあっても、
 神の恵みは私から離れることなく、
 平和の約束が地に落ちることはない。

そして終曲に突入。
第38曲から第42曲、終曲の合唱まで
https://www.youtube.com/watch?v=PDulIdiaNww
 預言者エリアは火のように現れ、
 彼の言葉は松明のように燃え上がった。
 正しい者達は太陽のように輝き
 幸せと喜びに満たされる。
 そのために預言者エリアは遣わされた。
 神の御名は栄光に満ちて全地に轟く。

エリア、エリヤ、同じことです。
ドイツ語でエリヤスです、
ね、Flügelさん。

主という呼び方はプロテスタントでの
神(とキリスト)への呼び名です。
主と神、同じです。

「エリヤ」は列王記ばかりでなく、
詩編やイザイヤ書から引用されています。
ダビデ(主に詩編はダビデ作)、その子ソロモン、
ソロモンによるイスラエル王国が分裂した後に
良からぬ王アハブが登場します。
エリヤはこの時代の予言者です。






 


プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR