06
1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ショパン リャプノフ ボロディンなど


Chopin prelude n.15 - "la goccia" - guida all'ascolto di don Giussani

私はショパンの雨だれ前奏曲を100回位は聴いた。
私の父はどの作曲家よりもショパンを愛していたから。
中学生か高校生の時に(高校生だった、神の存在との
関わりを問題点にしていた時期だから)
突然、私は「雨だれ前奏曲」の美しさに気が付いた。
前景の主題のメロディとバリエーションは
外見的に確かに美しい。

しかし惹きつけられる部分はここではない。
真の部分は始めのメロディではない。
1つの音によって軽く始められ、その音は
次第に、次第に、次第に強くなる・・・

こうしてメロディは第2の行路に移り、
その音は、いつもいつも同じ音で膨らみ、
まさに単調で、そして前景に戻って行く。

その音に気づいた人は、主題はこの音であり
メロディではないと、
この音は固定された観念だと理解する。

最後の2,3小節で、やっと、
この音が優位に立っていると解る。

メロディがまた再開されて曲を支配する。
しかし、その後に、タック タック タックという
この雨だれの音が戻り、また曲を支配する。

100回この曲を聴いた後に私は突然解った、
この音は人生の意味だと。いつも平坦で変化がない
人生の主旨はこの音だ。

人生の色と変化は表面的なものだ。
色合いやバリエーションは人生のテーマではない。
人間が求めるもの、期待するものはそれではない。

固定観念となった幸福への願いだ。
メロディの中の、その音は
幸福の追求、心の要望、つまり消失点だ。

このプレリュードを聴いて確認してください。
このことが解ってから、全ての音楽の構成要素は
私には同じことだ。
例えばベートーヴェンのシンフォニー第7番の第2楽章、
ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲、
シューベルトの3重奏Op100・・・
全てを同じように聴くことができる。
       「宇宙の主体性(自意識)」から
        モンシニョール ドン・ジュッサー二


Sergei Liapunov - Etude d'execution transcendante Op.11 No.9 'Aeolian Harp'
  セルゲイ・リャプノフのエオリアン・ハープ


Nelle steppe dell'Asia centrale - Aleksandr Borodin
  アレクサンドル・ボロディンの中央アジアの高原にて






ショパンとジョルジュ・サンド

乗馬ズボンを身に着け葉巻を薫らした(くゆらした)伝説の男装の麗人、
ジョルジュ・サンド(1804~1874)はペンネーム。
多作といわれるフランスの女流作家です。
本名、オーロール・ドュパン。
「オーロール、何と美しい名だろう」とショパンが感嘆した、
このオーロールという名はイタリア語でアウローラ、
夜明けの太陽の光という意味で、私も美しいと感じる名前です。

結婚し別れ、2児の母親でもあった彼女は、
フランツ・リストをも、ものにした、もとい、
リストとも恋愛関係になった、いわゆる恋多き女性でした。
恋愛に何故か照明が当てられる彼女ですが、
あの時代にフェミニストだった。
政治に興味を持ち、その思想は共和主義から社会主義へと移行し、
女性の参政権に尽力した人であったことの方が私には重要に思えます。

恥ずかしながら私は多作である彼女の「愛の妖精」しか読んだことがありません。
他の作品は知らないのですが「愛の妖精」を読む限り
男装とは裏腹に、何と女性らしい作家だろうと思うわけです。

そんな彼女に目を付けられた、もとい、見初められたフレデリック・ショパン。
(1810~1849 ポーランド ワルシャワ近郊に生まれました)
彼はリストと並ぶ美男子でありました。ショパンの美しさはたおやかで、
昼顔のような青い花を連想させるイケメン男子でありました。
サンドよりも6歳若かった。ショパン28歳、ですからサンドは34歳ですね。
「なんつうイヤな女だ、あれは本当に女なのか!」と会ったばかりには
サンドを嫌っていたショパン、しかし、徐々にサンドの術中に陥り、
いや、陥ったわけではない。サンドの大きな、母親のような愛情に包み込まれて行ったのです。
サンドと共にいた頃に、
「子犬のワルツ」「軍隊ポロネーズ」「ノクターンn27」「変ロ短調ソナタ」と
名曲を生み出し、サンド親子3人と共にマジョルカ島に行った時に作った
「雨だれ」、これリンクしますね。24の前奏曲中15番目です。

Chopin prelude n.15 - "la goccia" - guida all'ascolto di don Giussani

サンドの浮気で恋愛関係は破綻になりますが、
ショパンは彼女によって得たものも多かったのではないですか。
彼女は”ピアノの詩人”に美しい詩を添えて上げました。

「エオリアン・ハープ」(牧童の笛)です。
この曲はサンドと出会う前です。

Chopin "Aeolian Harp" Etude - ELENI TRAGANAS, Pianist

同じくエオリアン・ハープ ポッリーニです。
Chopin's Op.25 No.1 Etude (Aeolian Harp) Audio + Sheet Music










超人大陸

大岡殿からのご紹介で、
動画「日本の未来を考える勉強会」をリンクいたします。
第1回「日本の未来を考える勉強会」財政再建と成長の二兎を得るためのアベノミクス戦略 平成29年4月12日 講師:内閣官房参与・京都大学大学院教授 藤井聡氏
 第一回から第四回までありまして、長いですが
 区切ってご覧ください。


シチリア島カターニア出身の作曲家、
ヴィンチェンツォ・ベッリーニ(1801~1835)のオペラ
「ノルマ」から「ノルマ前奏曲」
Norma - Sinfonia (Overture) - La Scala (1940) - Gino Marinuzzi

パレルモ出身のジーノ・マリヌッツィ(1882~1945)の
Poema Sinfonico(交響詩)、シカーニアの一部です。
Gino Marinuzzi: Sicania (1912)
 シカーニアと申しますのは、その昔、古代シカニ人が
 シチリア島の一部に住んでおりました。その地がシカーニアと呼ばれる
 アルカイック・ネームでシチリアの昔の呼称です。
 マリヌッツィは指揮者としても活躍しました。
 

Passio secundum Matthaeum マタイ受難曲

「マタイ受難曲」はバッハだけの専売ではないのでして、
バッハ以前に多くの作曲家が作っています。

マタイ受難曲を構成する聖句はマタイによる福音書26章と27章です。
しかし聖句だけではなく、そこに伝道師が現れて解説したり、一般市民が嘆いたり、
マルティン・ルター訳による詩が盛り込まれています。

キリストが自らの運命を予言し、その予言通りに、
十字架に架けられて息を引き取るまでのあらすじ、音楽です。
ペテロやユダも、ピラト(ローマ帝国第5代ユダヤ属州総督)も登場します。

第1部と第2部に分かれており、第1部はキリストが捕らえられるまで、
第2部は刑死した後に、彼のお墓が封印されるまでを、
聖句、レチタティーボ・アッコンパニャート(伴奏つき叙唱)、アリア、
コラール(合唱)で描いた音楽です。

聖句は区切られ、その度にアリアやコラールで省察が行われます。
聖句を歌うのは福音師(伝道師、エバンジェリスト)、
キリスト、ペテロ、ピラト、コラールなどです。
合唱曲で始まり、最後もまた、合唱で終わります。

実際、聖金曜日(キリストが磔になった日)の音楽なのですが、
明日は復活祭(Pasqua)ということで、

全曲リンクいたします。

Bach - St. Matthew Passion BWV 244 (Karl Richter, 1971) - 1/22
 長いです。区切ってお聴きください。
 長いですが、名曲です。

明後日(Pasquetta, Lunedì degli Angeli)までに、
小間切れにいたします。

冒頭の合唱、
「共に嘆こう、子羊のような彼を見よ、
愛と慈しみゆえに十字架の上に
みずから私達の罪を背負ったあの姿を!

ここでエヴァンジェリスタとキリストが対話をします。
エヴァンジェリスタというのは、福音者、あるいは伝道師と言われる
(キリストが語った言葉を伝え広める人で)
ここではマタイです。

BWV 244_2-8 Da Jesus diese Rede vollendet hatte (By W. Furtwängler)
 アントン・デルモタ(テノール)が福音者で、
 キリストはディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ(バリトン)です。

キリストは弟子たちに言った。
「2日後は過ぎ越しの祭りです、人の子は
十字架に磔られるために引き渡される」
1人の女が高価な香油を携えて、キリストの頭に注ぎかける。

「こんな無駄遣いをして」と合唱。
キリスト「彼女は私のために良いことをしたのだ、
この女のしたことも、後に語り継がれるでしょう」
            
これは出だしです。この後、ユダの登場、最後の晩餐、
ユダの裏切り、ペテロのエピソード、
裁判、刑死となりますが、

一挙に飛び越えて最後に近い49曲目、
Bach BWV 244-58 Aus Liebe will mein Heiland sterben
 愛のために私の救い主は死んで行く
 
フルートとソプラノ、
哀愁のある、哲学的な音楽です。
歌う側には至難のアリアです。



Die Fledermaus 蝙蝠

ヨハン・シュトラウスのオペレッタ「こうもり」
Die Fledermaus(独) Il Pipistrello(伊)

ヨハンはヨーゼフ・シュトラウス(ラデツキー・マーチ)の
息子です。

「カルメン」の戯曲を書いたアレヴィとメイヤックが、
「夜食」の台本を書き、それをハフナーとジュネの2人が
ドイツ語のオペレッタ用にしました。

Il Martedì grasso(直訳しますと脂肪の、脂肪を摂る火曜日)、
カーニバルの最後の日、それまでの禁食から解き放たれて
肥沃なもの、油っこいものを頂く日、
その日に演奏されたオペレッタですが、
次第に大晦日のオペレッタになりました。

講釈が長いわね。既にご存知の方達もおいででしょう。

また能書き。
「こうもり」というのはファルケ博士に付けられたあだ名です。
何故つけられたのかというと昔、仮装舞踏会の帰り道に
蝙蝠の姿になったファルケ博士は酔っぱらって道端で寝入ってしまいました。
友人のアイゼンシュタインは、彼をそのまま置き去りにし、以後、
博士は「こうもり」と茶化されて呼ばれるようになってしまいました。
「アイゼンシュタインめ、1000年の恨み覚えておくがいい!」
1000年とは言っていないですが、いつか仕返しを!
と考えていたのでした。

序曲は時々お耳にしますでしょ。
https://www.youtube.com/watch?v=H2lrKuZKV-Q
 指揮を執っているのはインド人ズビン・メータ、
 演奏する曲を即興でアレンジできる(ホロビッツもそうですが)
 希有な指揮者です。

動画では1部を除いて、聴きどころが細切れになっていません。
全曲をリンクいたしますので、
お聴きになってみてください。
楽しい音楽です。
大晦日と限定せずに、いつでもどうぞ。
私は「第九」を年間通して聴いております。

https://www.youtube.com/watch?v=VL24dNrUA3s

https://www.youtube.com/watch?v=D1zJPaOfaUw

名門の出、アイゼンシュタインは官吏への侮辱罪から
1週間ほど刑に服さなければなりません。
第一幕の幕が開きますと、アイゼンシュタインの奥方、
ロザリンデの恋人アルフレードのセレナードが聞こえてきます。
そこに女中のアデーレが登場。
アデーレはロザリンデに舞踏会に行くことを願うのですが
却下。
アルフレードが登場して去ったのちにアイゼンシュタイン、
弁護士ブリント、ファルケ博士と次々に登場し、重唱を
繰り返した後に、夫のいない1週間を心配して歌います。
「ロザリンデの嘆き」

ロザリンデから外出許可をせしめたアデーレ、
獄舎へ行く前に舞踏会にとファルケから誘われた
アイゼンシュタインは悲しむふりをしながら
ダンスのステップを踏んだりしてしまいます。

すぐ後にやって来たアルフレードはアイゼンシュタインの
服を着こみ「酒の歌」など歌って陽気になっているところへ
獄長フランクがアイゼンシュタインを連行するために訪れますが、
この場合、アルフレードを夫だと言い張る他はなく、
アルフレードは、そのまま署に連行。

第一幕の終曲は華やかなワルツです。
アルフレードとフランクはシャンパンの瓶を抱えて
家を出ます。

第二幕 オルロフスキー公爵亭での舞踏会です。
華やかな序奏の後に「夜会は招く」と招待客の合唱です。
ロザリンデの衣装を無断借用したアデーレ、
次にフランスの大富豪、ということになっている
アイゼンシュタインが登場。
オルロフスキーが「客を招くのは私の道楽」と歌います。

アイゼンシュタインは「うちの女中にそっくりだ」、
アデーレは「侯爵さま、あなたのような方は」とからかって
笑いで返します。
「シュヴァリエ・ド・シャグラン様のおいで」と来訪を告げますと、
これが獄長フランクです。
ハンガリー貴族に扮したロザリンデも登場。
ロザリンデと知らぬアイゼンシュタインは
「この時計で17人の女を誘惑した」
と自慢げに懐中時計を見せて自分の奥さんを誘惑します。
そして彼女は素早く時計を奪います。

ロザリンデがハンガリーを偲んで歌う「チャールダーシュ」は
美しいアリアです。
続いてオルロフスキーの「シャンパンの歌」
Sieではなく duで呼び合おうと提案がなされて
バレーの場面になります。ここでは通常、
シュトラウスの別の曲(南国の薔薇、雷鳴と電光など)が使われます。
宴会はワルツで盛り上がるうちに、時計が6つ
鐘を打ちます。(この鐘は最初の序曲でも鳴りますね)
鐘を合図にアイゼンシュタインと獄長フランクはそそくさと立ち去ります。

第三幕 刑務所内
間奏曲(獄舎の動機)で始まります。
酔っ払った看守フロッシュと獄長フランクの愉快なやり取り、
アデーレとイーダ(姉妹)が登場して、
「田舎娘の格好で」と、フランクに本物の女優になるため
支援を頼みます。

フランクは入獄するつもりでやって来たアイゼンシュタインと
既に獄舎にいるロザリンデの愛人アルフレードを見て
驚いて混乱。
アイゼンシュタインは妻と愛人を懲らしめようとしますが
「侯爵さま、私の胸のときめきを数えてもらいましょう」
と時計を取り出して見せ、アイゼンシュタインは窮地に。

ファルケ博士が「仕返しにちょっといたずらしたんだ」と
昨夜の客人たちと共にやって来ます。
混乱ドタバタ劇は「すべてシャンパンの罪だ」と
シャンパンのせいにしつつもシャンパンを讃える合唱の
うちに幕を閉じます。


日本では今頃、除夜の鐘を聴いている頃ですね。
1年間お世話になりました。
有難うございました。
来年も(今年も)、
皆様にとって一層輝かしい年となりますように。
熊本、鳥取、糸魚川の方達に、より良い年となりますように。

https://www.youtube.com/watch?v=npLZNoRoH2M
アデーレのアリア 「侯爵様、あなたのような方」

https://www.youtube.com/watch?v=qwhIvKD0cjk
 同じくアデーレのアリア「私は田舎娘」
 グルベローバ版もありますが、ragazzinaといった風な
 この子の方が録音の性能が良いのっでしょう。
 声がよく聞こえます。

https://www.youtube.com/watch?v=ao8C2aZCkHw
 グルベローヴァ

https://www.youtube.com/watch?v=fHntGDq0IuY
 「チャールダッシュ」 ロザリンデのアリア






プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR