06
1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

動画です

参議院内閣委員会から
山本太郎 加計学園「よっぽどの闇なんですね」6/8参院・内閣委員会


【魂の追及】自由党・森ゆうこ議員の質疑に大きく突き動かされる人が続出!「感動した」「スゴイ迫力」「これこそ真の野党」


産経新聞のトンデモ人間達


読者様、メール・コメントをどうも有難うございます。
私はどんなコメントも削除いたしませんので、
心おきなくコメント欄にどうぞ!
私が見ますところ、こちらにお出でになる方たちは
何人もで異論を排除する(バッシングする)暇人はいない、
竹を割ったようにさっぱりした、清々しい人たちですので、
異論反論何でもどうぞ。
兎に角私は是々非々なので、
櫻井よしこさんの美しさを称賛しておりました、が、
2015年末以来、「あゝ、やはり(ボケた)提灯さんか」
と見方が変わりました。

彼女の父上は戦後、
確かにハワイで大きなレストランを経営していました。
中国の方たちがイタリアで手っ取り早く開業するのは、
レストラン(飲食店)です。だから何だということになりますが、
敗戦国の日本がハワイで簡単に開業営業できましたでしょうか?
彼女の言動と共に何やら訝しさを感じますのは、
私だけでしょうか。

中韓をやり込めるだけが保守なら、
保守とは何と安易なものでしょう。

2012,13年と私は安倍さんの(安倍政権の)味方でした。
何やらちょっとおかしいな、と感じても
安倍さんだから、と寛容に考えていました。
それは少しずつ変化し今では、反安部ではないです、
疑疑疑安倍内閣です。
彼は左翼です。何故ならグローバリストですから。
鐘と太鼓で耳障りの好いスローガンを掲げますが、
なさっていることは180°別でしょう。

それでは課題を1つ。
デフレ脱却の方向は、国家財政、
国民生活を眼目として考えた時に定まっていますか?
お答えください、というより共に考えて参りましょう。
究極、私たちが安心して気持ち良く生活できれば
それで良いのですから。


いつもながらのGJ ナスタチウムさん
ナスタチウムのブログ
 北朝鮮よりも怖いことと感じます。
 危機感をもっているのでしょうか、日本の人!

こちらはコテヤンさんのブログです。
移民国家NIPPONN
 おばさんは何度かコメントしようと(賛同コメント)
 試みたのですが、毎回挫折。アメーバブログはコメントし難い
 時間の無駄だと思い、もう試みませんが
 いつも拝読。



清和会と経世会

また、沢山リンクいたします。
阿修羅
 戦後70年だからこそ、自民党の「清和会」と「経世会」の違いを再認識しましょう!!


「別冊正論」特集がふれなかった櫻井よしこの自宅がある場所
 始め、讃えておいて今になって非難するのも
 気が引けますが。

改憲派のリーダー櫻井よしこ

まだ、リンクは続きます。

安倍首相「教育無償化へ憲法改正」の大ウソ

握り潰された「安倍総理」お抱えジャーナリストの準強姦逮捕状 被害女性の告白

「総裁であればこそ党ルール守るべき」

おばあちゃん子

エマヌエル・マクロンのことです。
マクロン大統領になり、イタリアはホッとしたような、
落胆したような。
マクロン当選が決まってから、歓喜の合唱(EUテーマ音楽)の後に、
何故かRAIでは、同じベートーヴェンの「悲愴」を流していました。
もしも、ルペンが当選していたらフランスはEU脱退、イタリアも
フランスを追う予定で、ユーロから元のリラに替わるはずでした。
これはこれで混乱を来しますけれどね。

マクロンは大層な文化人、とりわけ国際金融に関しての専門家で
「ファイナンス・モーツァルト」という異名を持っています。
これはちょっと頂けない。モーツァルトは名にし負う財政音痴でした。
しかし、その名を冠せられたのは金融に関しては、モーツァルトのように
天才的ということからでしょう。

マクロンになりイタリアとフランスは、あまり親密ではなくなるようです。
投票数からしますと、フランスはそれほど遠くない将来、Frexitに
なるのでは。

さて、マクロンのこと、彼はおばあちゃん子でした。
1977年、ピッカルディのアミアンスに生まれた彼は
ご両親が病院勤務医師をしており、お忙しかったので、
おばあちゃんに育てられた、
というか、良く見てもらったのですね。
嘗て教師をしていたおばあちゃんは孫のエマヌエルが
学校から帰って来ると、地理、歴史、文法等を教え込みました。
ずいぶんな教育ばあちゃんですね。
おばあちゃんの傍らで、いつもモリエールやラシーヌ、ドュアメルを
大きな声で読んだそうな。
彼女が好きなのはモーリャックとジオノであったそうです。

おばあちゃんのご両親は、つまりマクロンの曾祖父母ですね。
大お爺ちゃんは鉄道員でした。
2人は文盲(これは差別用語になるのですか)でした。
しかし、あの時代には読み書きできない人は多かった
のではないですか?
大爺ちゃんは全く読めないわけではない、
読むのに骨を折ったそうです。
大ばあちゃんの生きた頃は女性が虐げられていた時代でした。
それを見て育ったおばあちゃんは一念発起、
苦学して教師になったのでありました。
彼女は何よりも文学と哲学と偉大な文学者を重要視していた
のだそうです。

ムスリムの女性がヴェールを被って生活しているのを見たら
彼女はきっと、内面で葛藤し嘆いたでしょう。
反啓蒙思想は真の知識を得るのを妨げる、と。
知識にはいつも開放的でなければならない、と。

地上には愛がなければ善はない。
私はよく想い出す、彼女の声、顔、自由と厳しさ。
彼女の想い出を。

羽翼ありて

ベッラさんや愛国画報さんは、
三宅博先生の大事な羽翼(お力添え)でした。

クライン孝子氏のメール・マガジン
 ベッラさん

三宅博先生のご逝去を悼む
 Yohkanさん

真正保守 三宅博氏逝く
 中谷良子さん


こちらは三宅先生とは関係がないのですが、
鳩山由紀夫の偉大な功績(民主党・年次改革要望書・アメリカ・日米同盟)
 年次改革要望書の破棄

鳩山、野田政権でも良政策はあったわけです。
思春期前後の女の子のように、
(思春期の女の子でも理性的な方たちはいらっしゃいますけれど)
「鳩ポッポだ、宇宙人だ」と偏執した感情論を繰り返すだけでなく、
良い政策もあったのだと、
今、日本に必要なのは俯瞰し得る観察眼ではないですか。

三宅先生は何と思われますでしょう。
(きっと私に賛同してくださると思います)

【竹島】国際司法裁判所単独提訴取りやめから窺い知れるもの(韓国・自民党・安倍晋三)

どうぞ安らかに、三宅博先生、

訃報、悲報です。
24日、三宅博さんがお亡くなりになりました。

HPでお身体の具合が良くないと仰っていましたが。
驚きましたし、残念です。

歯に衣着せぬ弁舌で、
まだまだ日本のためにご活躍なさると信じていました。

元衆議院議員の三宅博さんが病気のため逝去

こちらはベッラさんのブログです。
三宅博先生ご逝去、謹んでご冥福をお祈りいたします

三宅先生を偲んで・・・

こちらは三宅博先生HPです。
三宅博公式ホームページ

天命はあると信じております。
天からいただく命、天にやらせていただくこと。
美しく咲き誇った桜の花が散る時季に
花びらと共に散って逝かれた三宅博さん。

これから新緑を迎え
緑が爽やかに深く薫る季節を迎えます。
新緑と共に三宅先生は帰っていらっしゃいます。
日本を護り、世界を護り、
人々の魂安らかなれと。

日本が、世界が良き方向へ進むべく
天においても地においても、
愚かな私たちを護ってくださいますよう。


三宅博先生とル・シド、エツィオ

三宅博先生

Il Commento sull'accordo del Giappone-del Corea del Sud di Hiroshi Miyake

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR