05
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31
   

ルチアーノ・ベーリオとガブリエレ・ダンヌンツィオ

ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディと
リヒャルト・ワーグナー、どちらもオペラの作曲家です。
彼等は奇しくも同じ年1813年に生まれました。
今年 生誕200年目です。
ワーグナー(ドイツではヴァーグナーですね)のお誕生日は
5月22日、もう過ぎてしまいました。
ヴェルディが10月10日です。
お二人の名前は些か長いので、
ペッピーノ(ヴェルディの愛称)とリッチ(ワーグナーの愛称)に
させて頂きます。畏れ多いですが、
ファンの方はどうぞお怒りになりませんよう。
今年は彼等の年なので数回に渡ってぽちぽち書かせて頂きます。

お二人は酉年(鶏さん)に生まれました。
コケコッコー!  なんて時を告げたのですね。
ついでながらバッハと、やはり同じ年生まれのヘンデル、
彼等は丑年(牛)でした。バッハに限って言えば当たっていると
思うのですが。
ベートーヴェンは寅年(虎)でした。結構当たっているのでは
ないかしらね。
今年は巳年(蛇さん) シューベルト、メンデルスゾーン、
ブラームス、バルトーク、彼等は年男です。

ペッピーノがロンコーレ(ブッセート、パルマの近く)の
旅籠屋飲食店で、
リッチがライプツィヒで役人の息子として生まれました。
1813年、イタリアはまだ小国に分かれていてブッセートはパルマ公国
といってナポレオンの傘下に入っていました。
この年にライプツィヒではプロイセン、オーストリア、ロシアなどの
連合軍がナポレオン軍を破りました。
これは諸国民戦争と言われています。
そんな不穏な時代にヴェルディとワーグナーは生まれました。

そんなこんなのヨーロッパの時代に、日本では徳川家斉の時代、
(在位期間が1787~1837年 長かったのね、ご苦労様です)
間宮林蔵が樺太探検を終えた後、
フェートン号事件があった頃(イギリス軍艦がオランダ船を捕らえようと
長崎湾に侵入し、あれこれ強奪した)
海外からの到来で日本が次第に不安になって来る頃ですね。

おろしや、のレザノフ外交官が択捉島(えとろふ島、イトゥルップ島、
ロシアが俺のだ、俺のだ、と声を張り上げている島)と樺太島に
上陸し襲撃した、これに対して怒った幕府は
ディアナ号艦長ゴローニンを捕らえて抑留。
それではこちらもと副艦長のリコルドは国後島(くなしりとう)沖で
働いていた廻船商人、高田屋嘉兵衛ら8人を捕縛した。
1813年にゴローニンと高田屋嘉兵衛は人質交換で解放され
帰国したゴローニンは捕らえられた時の記を認めます。

この時の話が司馬遼太郎さんが大変好きだった高田屋嘉兵衛を
主人公にした「菜の花の沖」です。
お時間があったらお読み下さい。私もとても好きな人物です。

中国は清の時代、イギリスが入り込み植民地のインドで育てたアヘンを
清に売って代金の銀を受け取っていた頃で、後アヘン戦争となり
不平等条約に至ります。清は多額の賠償金と香港を取られました。

今日5月27日は ルチアーノ・ベーリオ(イタリアの作曲家)
が亡くなって10年経った日なのです。で、私は実はベーリオのこと
書きたかったのですが話が逸れてしまいました。
次回に致します。

おめでとう! ミスタージャイアンツさん

始めに、遅くなりましたが4月20日に起きた、
中国四川省の地震お見舞いを致します。
亡くなった方達も沢山いるということで残念です。
お悔やみ致します。
5月1日にはカシュミール(中国との国境に近い地域)が
地震災害に見舞われ犠牲者が出ました。
お悔やみ申し上げます。

日本はGWで明日、連休の最終日ですね。
イタリアでは5月1日がメーデー
(festa dei lavoratori,フェスタ デイ ラヴォラトーリ)
で祭日でした。
ペルージャのウンブリア州行政機関(州自治体)事務所
これ、日本語で書くと堅苦しく見えますが、
皆さんが事務所を呼ぶ時にRegione レジョーネ
この一言だけです。その事務所に3月始め、事業に行き詰まった
企業家が銃を持って侵入、金を出せと2人の女性事務員を殺害し、
自分も自殺するという事件が起きたことから、
このメーデーには
CGIL(Confederazione Generale Italiana del Lavoro)
   コンフェデラツィオーネ ジェナラーレ イタリアーナ
   デル ラヴォーロ  イタリア労働総同盟
CISL(Confederazione Italiana dei Sindacati)
イタリア労働者組合同盟
UIL (Unione Italiana dei Lavoratori)
   イタリア労働者連合
の錚々たる代表者がやっていらして、お集まりになった皆さんと
共にデモンストレイションをして大聖堂の前で公式声明をしました。

労働組合の起こりは1800年頃にフランス革命の
影響を受けた産業革命時代のイギリスでした。後、世界に広がり
アメリカの労働者達が雇用主側の無謀な弾圧に立ち向かって
勝ち取りました。これがメーデーの始まりです。

イタリアは農業国だったせいか労働組合は1800年代に出きた
ものの、激しい闘争はありませんでした。
ストライキ(sciopero ショーペロ)の行使も憲法のうち、のせいか
その昔はストライキは花盛りでしたがね。
最近はあまりの不況で花々しくやりません。
ジャーナリストが時折、国鉄がたまーに。

雇用者と労働者は立場を逆にして考えてみると、穿った見方が
出きるのでしょうにね。
他人の立場を理解するのは、この世で一番知性を要することだ、と、
あるクリスチャンの方の言葉です。

今日は長嶋監督と松井選手の国民栄誉賞授賞式だったのですね。
東京ドームで花やかな授賞式だったのでしょうね。
私は巨人、大鵬、卵焼きの時代に育ったもので。
王、長嶋が大活躍をしていた頃に子供でした。子供から
若い頃にかけてでした。大鵬は今年亡くなってその直後に
受賞したのですね。

格別長嶋選手、長嶋監督のファンだったのではないです。
ホームラン数も通算打率も他の選手の方が高かったでしょう。
でもやっぱり長嶋は長嶋、ミスタープロ野球です。
野球にそれ程興味のない私がそう思うのですから。
彼はスター!!!です。亜希子夫人も天国で喜んでいます
でしょうね。

巨人、ヤンキースで活躍した松井秀喜選手(ゴジラさん、確かに
似ている)も共に受賞ということで良かったですね。
おめでとう!

今までに栄誉賞を受賞した人達を見てみましたら、本当に
日本のスター達ですね。
美空ひばり、上手いなぁ・・・演歌とオペラは同じというのが
私の持論です。
黒澤明、古賀政男、長谷川町子、森光子、吉田沙保里、等等、
日本に欠かせない人達ですね。日本には彼らが必要だった。
彼らには日本のファンが必要だった。スターを作ったのは、作るのは
私達国民で、私達一人一人が尊く、スターと同じように必要と
されているわけです。と、何となく説法くさいことを述べる
おばさんでした。



プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR