05
1
2
4
5
6
7
8
9
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31
   

アメリカよ、日本を打つならまず自らの手を清めよ

Mayflowerさんの修正文、翻訳文です。
引き続き、又、お願いしますね。
次の翻訳の分も、ここに貼らせて頂きますね。
お忙しいお仕事の中、大変だとは思いますが、
ゆったりとお仕上げください。
あなたの英文が出きるまで、更新せずにお待ちします。
そうすれば、皆さんがこのブログを開けてくださった時に
(あまり多くはないでしょうけれど)、
高橋議員の論文と、あなたの英訳を
いつでも真っ先に読むことが出き、
お披露目と拡散のお手伝いが出きるかと思います。

どうも有難う。
Thank you very much for your job.

  アメリカよ、日本を打つならまず、
   自らの手を清めよ

<"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo

The United States blames Japan for “Comfort woman”,
Is that fair?
This essay is a requiem for many Japanese women who became victims of sexual desire of American soldiers.
By Takahashi Tomiyo, a city council member of Shimoda-city, Shizuoka            

I was born and raised in Shimoda, which was visited by American black ships at the end of Edo Period. I had familiarity to America since I was a child, for I saw Kurofune (black ship) festival every year. The sight of black ships in the festival in Sagami Bay was something so impressive to a little girl. In my memory, America appeared sometimes as a sailor, sometimes as an ambassador.
I grew up to know that the Pacific War had been cleverly set by America like a mean trap. Even though I still had longing for the US.
I suppose many Japanese people had similar impression about the US through its movies and dramas.
“The United States of America, the country of justice, rich and promising!”
But such feeling of mine suddenly collapsed.
It was April 25, 2014 when I heard what the President Obama said at a conference with President Park Geun-hye in Seoul that my one-side love to the US was over.
“It was an extreme violation of human right”, President Obama started. “The right of the Comfort women should be respected”. ”Japan should admit the past honestly and justly”.
He blamed Japan and even added, “The Prime Minister Abe and Japanese people must have known that.”
It is the US National Archives that keeps the US Army’s examination record in 1944 to 20 Korean comfort women. It was written on the preface of the archives, “Comfort women are just prostitutes (Professional Camp followers) “.
To President Obama, the truth is meaningless. To take part with Korea and insult Japan is as easy as slapping a mosquito!
When Prime Minister Abe visited Yasukuni Shrine, President Obama said he was “disappointed”. I had already felt uneasy at that time. The United States, which opened the court of Tokyo Trial, couldn’t have been ignorant what “class A war criminals” really were.
In short, they were made-up crimes.
(to be continued )

2015-05-26 :
mayflower

Mayflowerさんは、英語の先生です。
「BBさんの覚醒記録」さんの読者さんでもあり、
「五月花の羊」さんブログを綴ってらっしゃいます。
足を、いえ、指をお運びください。
五月の花々が薫って来るようなお名前ですね。
http://76398149.at.webry.info/201505/article_4.html

今、薔薇が真っ盛り、他の花もあるのですが、
ジャスミン、マーガレット、たんぽぽ、ラベンダーなどね。とりわけ薔薇がとても多いです。
私の窓の前には所有者なしの赤い薔薇が毎年咲きまして、
昨年失敬して、挿し木しましたら、
5つもほころびました。まだ蕾が2個あります(^^♪

Onecat1さんの大きな猫庭は花盛りでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=nhISKd_DqWs
  シューマンの「花の曲」

https://www.youtube.com/watch?v=-vxhufYxquk
「花のまわりで」

https://www.youtube.com/watch?v=5-ItlmATYWQ
「緑のそよ風」 です。


"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo ②

When Prime Minister Abe visited Yasukuni Shrine, President Obama said he was “disappointed”. I had already felt uneasy at that time. The United States, which opened the court of Tokyo Trial, couldn’t have been ignorant what “class A war criminals” really were.
In short, they were made-up crimes.


If Japan had won, there might have been a lot of war criminals on the side of the United States.
However, I dared not face the doubt that arose in my mind. Maybe because I had potential sense of fear that Japan-the US alliance, which is really important for the defense of Japan, might fall apart.
In addition to that, I might have been disciplined not to oppose “Master United States”, otherwise we would be beaten instead of being fed. That kind of discipline was given to us through school education and mass media such as NHK, both of which were under control of GHQ.
Hearing President Obama’s words, I was made to know the existence of “whip” that has always been over the head of Japan.
I had been a conservative pro-American, but I felt as if the ground I stood on started to break down. His words made it clear that the US is for Korea and against Japan.
America’s “whip” is used when Japanese people begin to know the truth of the history that they want to hide, at first on the floor to threaten Japan. And when Japan tries to be independent, that “whip” will hit Japan on the head.

I was astonished at the fact that NHK, other broadcasting companies and newspapers are still under press-code after the war. They haven't get out of it yet!
Teachers Union and textbooks which are actually made by them, and sometimes even entrance examinations are still the tools to dishonor and weaken Japan.

President Obama signed the law to give the highest decoration in the assembly, of all people, to Doolittle Raid Super fortresses that carried out the Great Tokyo Air Raid. In the Air Raid all around Japan, 330 thousand private citizens were killed including babies and children who were totally unable to resist. Adding up the victims of Atomic Bombs, 770 thousand non-combatants lost their lives.
Nevertheless, “Outstanding courage” is the reason of awarding!


安倍総理の靖国参拝にアメリカが「失望した」と言ってきた時に、すでに違和感はあった。東京裁判の開廷者であるアメリカが、A級戦犯の何たるかを知らぬはずもなく、要するにでっち上げの戦犯であり、日本が勝っていれば、アメリカに戦犯が大量に生まれていただけのことだ。しかし私は、芽生えた不審の念に視線を当てることを避けた。アメリカを敵に回したら、防衛の要である日米同盟が壊れ去る、と潜在的恐怖心があったのだと思う。加えて、パブロフの犬的調教として、日教組、そして当時はGHQのコントロール下にあったNHKなどから、戦後七十年弱かけて刷り込まれていたのであろう。「アメリカ様に逆らってはならぬ」と。逆らえば餌をもらえず、叩かれるのだ、と。
しかし、いともあっさり韓国に寄り添い日本を足蹴にしたアメリカ大統領に私は、悟らざるを得なかったのだ。親米保守であった私の足元が瓦解した瞬間であり、「鞭」の存在に気づいた瞬間であった。日本の頭上に常にふりかざされていた、アメリカの鞭である。この鞭は、日本が歴史の真実、つまりはアメリカが世界に知られたくない事実を日本人が知り始めた時、まず威嚇のために床にピシリと鳴り、日本が自立しようと立ち上がった時は脳天に振り下ろされる鞭である。それと共にNHKも、民放のある番組も新聞も、いまだ戦時下のプレスコードを抜け出していないという現実に私は息を呑んだ。日教組も、彼らが実質作る教科書も、時には入試問題さえ、日本毀損と弱体化のいまだ道具である。

 オバマ大統領はあろうことか、東京大空襲の「ドーリットル爆撃隊」の隊員に、 議会最高位の勲章を授与する法案に署名した。日本各地の大空襲では無抵抗の赤ん坊や、小学生まで含めて民間人計三十三万人が空襲で殺された。原爆と合わせると七十七万人の非戦闘員が命を落としている。ドーリットル爆撃隊への授章理由は「傑出した勇気」だそうだ。


"Comfot women problem" by Takahashi Tomiyo ③

<< 作成日時 : 2015/05/31 18:24

China and Korea have blamed Japan persistently. They continued Anti-Japan movement. However, that was started from the Tokyo Trial and GHQ policy aiming for weakening Japan.
Take a look at press-code the occupation army put on mass media in Japan. They prohibited to criticize Koreans and China in addition to the United Nations Army.
The Japanese should think of the meaning that especially “Koreans” made free from criticism. It was a policy to give privilege to Koreans in Japan and overlook their crimes. Weren’t they Trojan horse that multiply themselves? Overlooking the crimes of “Korea Occupation Forces” is an example. I am not being discriminative. We should start from facing the facts of history, otherwise Japan can’t find which direction to go. There were Koreans who fought as Japanese, for Korea was a part of Japan at that time. But GHQ made them think they had been victims of Japan.

中韓の執拗な日本攻撃と反日の源流はつまるところ、東京裁判と、GHQの日本弱体化政策に帰する。思えば、進駐軍が日本のマスコミにかけた規制「プレスコード」には、連合軍への批判禁止に加えて「.朝鮮人への批判」と「中国への批判」があったではないか。わざわざ「朝鮮人」と特定して批判を禁じた意味を日本人は考えるべきであろう。在日優遇または犯罪お目こぼし政策は、彼らを自己増殖するトロイの木馬として日本に埋め込んでいったということではないか。「朝鮮進駐軍」容認がその一例である。差別的見地で言うのではない、歴史の実相を直視するところから始めぬと、日本の進むべき道が見えて来ぬ。日本人として戦った朝鮮の人々を、日本の被害者として置き換えたのも、GHQの力技ではあった。

In order to avoid criticism from the world to be a country of slavery, the Unite States needed to make Japan look to be a worse country than itself. Japan didn’t have history of slavery, so “Colonizing Korea” was made up. It was a fiction but made into "a fact" at Tokyo Trial.
It was the United States that killed Native Americans, deprived them of their land. It was a hard master to slaves. It also ruined Hawaiian kingdom.
Japan-Korea Annexation was not colonialism that white people have in mind . Colonialism comes with exploitation and oppression, but what Japan did was unification. Japan made the bases of Korea to grow to be a modern nation.

 奴隷使役国の誹りを世界から受けぬために、アメリカは自国以上の悪者に日本を仕立てる必要があった。日本には奴隷制の歴史はないので、でっち上げたのが朝鮮半島の「植民地化」呼ばわりであり、人々を奴隷にしたというフィクションが、しかし東京裁判でノンフィクションとしてすり替えられた。インディアンを殺戮し土地を奪い、奴隷をこき使い、苦力を牛馬のように扱ったのはアメリカである。ハワイ王国の滅亡もアメリカによる。
 日韓併合は白人たちの概念にある植民地には該当しない。圧政と搾取が植民地であるが、日本が行ったのは合邦である。韓国の近代国家への礎を作ったのは日本である。

Before the World War 2, the white people worked colored people hard like dumb beast and made excessive profits. Japan broke up that condition and destroyed the bad power balance of the world. That was the significance of the War.
The victory of Japan-China war and Japan-Russia war meant to the white that a yellow monkey did something really astonishing. They were frightened and hated it. In amazement they stared at the monkey on "the Planet of the Apes" that had intelligence and even culture. After coming to themselves, they hit the monkey and broke its arms and legs so that it would not be able to stand up again.

先の戦争の大義は、それまで白人が有色人種を動物扱いで使役、暴利を貪っていた世界を一気に日本が突き崩し、世界の悪しきパワー・バランスを壊したことにある。日清日露の勝利は、白人たちにとっては黄色い猿が仰天すべきことをやってのけたということであり、彼らは憎みかつ怯えたのである。知力を備え文化さえ持った「猿の惑星」の猿を呆然と見つめ、そして我に返った彼らは猿を叩き、再び立ち上がれなくなるよう手足を折ったのである。

http://76398149.at.webry.info/201505/article_2.html
Mayflowerさんのブログから、
 御覧ください。


邪魔してゴメンネ、Mayflowerさん。
  こんなニュースがあったので。
  2002年 FIFAのイタリア対韓国です。
  審判のモレーノに問題あり。
  不正を追求するようです。
  https://www.youtube.com/watch?v=Zm_EpltqH6Y

  それから、これは、その時の選手たちの国歌です。
  トッティは、おう、トッティ! 私のトッティ!
  サッカー場でのイタリア国歌が1番好きです。
  私は、この時、玄関先に三色旗を立てて
  日本の次にイタリアを応援してましたのに。
  https://www.youtube.com/watch?v=SnEXnGn4Smo

https://www.youtube.com/watch?v=XJCuIOzeqUo
  こちらは言わずもがな、
  ベッラさん(Bella Cantabileさん)でも
  お馴染み、ですね。
  

Mayflowerさん、続きをよろしくお願いします。<(_ _)>


"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo ④

<< 作成日時 : 2015/06/03 01:01 >>

In the text of the press-code, there was” the criticism against GHQ for having drafted the Constitution of Japan”. This is worth paying attention. It is easier to draw than to force.
Recently many people are arguing about the revision of the constitution. But the Allied Forces are confessing,” We drafted the Constitution of Japan in order to weaken Japan. So criticism is not allowed.”
It means that if Japan want to be an independent nation, the revision of the constitution shouldn’t be avoided.

There was also an article on the press code, “Don’t report the relations between Occupation army soldiers and Japanese women”.
The word “relations” probably includes rapes to Japanese women by the United States soldiers. There happened quite a lot of such cases.
When I think of this, I can’t help remembering of many women who dared to lay themselves down as a “Breakwater”, so as to prevent rapes from occurring too frequently. Some of them might have become comfort women because of poverty. But thanks to them, the number of rapes was decreased.


占領軍の検閲対象の一箇条に「GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判」というのがあることに留意されたい。これは語るに落ちる話であり、昨今憲法改正について緒論かまびすしいことであるが、連合軍がプレスコードという形で、はからずも告白しているではないか。日本弱体化のために我々は日本国憲法を起草したのだ、それゆえ批判することまかりならぬ、と。
 となれば、日本が自立した国家たらんとするなら憲法改正は避けて通れぬ道であるということである。
 「プレスコード」には次の条項もある。「占領軍兵士と日本女性との交渉」を報道してはならぬ、と。交渉とはおそらく米兵による日本女性の強姦をも含む。これは多かった。ここに思いを致す時、私は米兵たちのレイプ頻発を防ぐため、性の防波堤となり、日本全土のあちこちに横たわった無数の「お吉」たちの顔が浮かぶ。生活苦から慰安婦を志願した女達もいるだろうが、彼女たちが身を挺してアメリカ兵たちを受け止めてくれたからこそ、強姦の発生件数が抑制されたのである。


"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo

<< 作成日時 : 2015/06/07 19:51

Although there were some soldiers from Australia and Great Britain in the Allied Forces, the majority were United States soldiers. So it would be okay to call them the US soldiers.
The first thing of all, the US army demanded to set comfort stations. They did so in every place in Japan. A historical material called “Chiba official document” tells details of setting a comfort station which was set on September 5th 1945 in Tateyama for the 112th Army soldiers.

 連合軍にはわずかの豪州、英国の兵もいたが、圧倒多数はアメリカ兵だったのだから、「アメリカ兵」と一括した呼び方も許されると思う。
 日本に進駐したアメリカが、まず要求したのは慰安所の設置だった。各地にそれは要求され「千葉公文書」として知られる史料には、昭和二十年九月五日、館山に上陸した米軍第一一二騎兵連隊相手に、慰安所が設置された詳細が記されている。
I'm not such a hypocrite to get angry with it.
I can imagine what young soldiers sexual desire would be like after estranged from the other sex for a long time. It is natural to have such impulse.
But there are some Americans, mainly Puritans I suppose, who don’t want to admit this fact. The false statement which merely sounds clean to peoples ears distort the truth. The comfort station set everywhere in Japan were called “Association of entertainment” in American style in a beautiful way, though they were actually a house of prostitution.
The US Forces officially do not admit prostitution facilities, so they say such places did not exist.

 
そのことを憤るほど私は偽善者ではない。異性から長く遠ざかった若い兵士たちが、どれほど猛り立っているか、動物としてのオスの衝動である。これを、率直に認めないから清教徒の多いアメリカの、きれいごとの嘘がものごとの本質を歪める。日本に設けられた慰安所は「余暇・娯楽協会」とアメリカ風美名で呼ばれたが、売春宿である。アメリカ軍は公には売春施設を認めない。だから、なかったことにする。

The special correspondent Mark Gain in Chicago Sun paper said, “Comfort stations were the plot of Japan in order to corrupt the U.S. Forces. The means were alcohol and women, and the purpose was to destroy morale of soldiers and Occupation policy”. He didn’t mention that during occupation period, the murders for Japanese people by the US soldiers were about 350 and rapes were more than 1000 every year (by the Procurement Agency).
100,000 people were killed in Tokyo-air raid, but Mark Gain wrote the victims were “6,000”. What terrible hypocrisy and lies!
Association of Foreign Correspondent was base for transmitting information of GHQ, its nature has not changed.

シカゴ・サン紙特派員マーク・ゲインは慰安所を「米軍を腐敗させようとする日本の謀略。その武器は酒と女で、目的は占領軍の士気と占領政策の破壊」とすり替え、占領期間中米兵による日本人殺害毎年平均三五0人。一000人以上の婦女子暴行(調達庁調べ)には触れない。一0万人が亡くなった東京大空襲は「死者六千人」と縮小。なんという偽善と嘘。外国特派員協会はGHQの情報発信基地だったが、その体質はいまだ生きている。

“Comfort stations” were soon closed because of Mrs. Roosevelt’s opposition. For her “cleanness” rapes increased again and ordinary Japanese women became the victims.
I feel so sad and can’t help holding indignation about such large number of comfort women even names are not known. The US ignores such women’s sacrifice to protect Japanese girls from rapes. They blame only Japan as if they did not do anyting wrong.
Weren’t their hands dirty? What was the sacrifice of those women paid for?
The US doesn’t want to face this horrible fact and made up story that such Japanese women never existed.
I would not overlook that! I will continue to write about them and try to let people know what really occurred.

 「余暇・娯楽協会」はやがて封鎖される。ルーズベルト夫人の反対が原因であるが、彼女の「清らかさ」ゆえに、巷では再び強姦が増え、一般の日本女性が犠牲者になったのである。
 私が、大勢の無名のお吉たちに対して悲しみと憤りを感じるのは、身を挺して日本女性の貞操を守った彼女たちの犠牲を無視、アメリカは自らの手は汚れてはいないとして、日本を一方的に打ち据えるからだ。日本女性への狼藉を防ぐために、日本各地で横たわった大勢のお吉たちは、何のために払った犠牲であったのか。アメリカは、その時そこにそんな日本女性たちがいたことを見ようともしない。いや、いなかったことにしてしまったのである。私はそれを許さない。彼女たちの墓碑銘は私が刻み続ける。

  花尽くし
  https://www.youtube.com/watch?v=THTUCtExVbo
  イタリア古典歌曲、
  26歳で亡くなったペルゴレージ(1710~1736)
  の曲と言われていますが、最近では別の作曲家だ
  という話も。

シルビアが今日、紅薔薇を撰び、
  棘のために明日捨てても、私は
  男たちの忠言には耳をかせない
  百合の花を好いても
  他の花をないがしろには出きない

  https://www.youtube.com/watch?v=ybUL-Ns4ONQ
  おかしいですね。繋がらないね。
  Leontina Vaduvaが歌っています。
  動画でお聴き出きます。
マスカー二の「花占い」 M'ama, non m'ama
  ストルネッロと言われる小曲で、
  「私を愛してる、愛してない」と、
  花びらを摘みながら歌います。
  最後は大概、La naturale 2点イ音で
  決めるのですが、彼女は楽譜通りの
  Mi naturaleでしか歌っていません。
  でも、声がすばらしい。

  https://www.youtube.com/watch?v=UkRwl46qMAQ
  「南国の薔薇」オカリナで。 

https://www.youtube.com/watch?v=LdAbb9l1uDw


  柿。イタリアにもありまして、
  caco, cachi, カーコ、カーキなんて 言われています。
  il cachi がここでの正式な名前です。
  原地は中国で2000年の歴史があるそうな。
  イタリアにやって来たのは1916年のこと。
  秋になると店頭を飾る、中々愛されているフルーツです。

  つつじ、躑躅 azaleaアザレーアもあります。
  1950年代にやって来ました。
  大分前に花屋さんで、「あら、つつじ」と言ったら
  花屋のおばさんが「つつじは、ありきたりな花だ、
  薔薇ではない」と言いましたので、私は一頃
  薔薇に反感を持っていました。

  イタリア人に取って薔薇は花の王様、女王様です。
  丹精して咲かせる人達もいますが、
  薔薇は別に王様に成りたくて咲いているわけでは
  ないでしょう。
  花に個人の思い入れをするのは馬鹿げていると
  思い直して、その後、薔薇への偏見をなくしました。
  花はみんな、人間の思惑を超えて気持ち良く
  咲いていますものね。

  https://www.youtube.com/watch?v=SCgTXtzoMCU
   古い歌手です、しかもフランス語でなく
  イタリア語で歌っています。カルメンの「花のアリア」。
  当時はレーマンなどもドイツ語でトスカ(絶品です)を
  歌っていて、原語で歌わない時代でしたのね。
  何分古い録音だし、チューブではいささか、と
  思うのですが、エレガンスが僅かでも感じられるかな、
  カルメンがドン・ホセに投げ贈る花は、原作では
  アカシヤです。

  https://www.youtube.com/watch?v=vuYNilYrF3Q
  「薔薇の騎士」から、銀の薔薇贈呈の場面です。
  
  
  
"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo

<< 作成日時 : 2015/06/12 00:22

Generally speaking, Japanese people say what they did they did.
In some cases, there were people who said what they hadn’t done they had done. Kono statement is an example.
It is like a good one troubles himself. Japan has a spirit of Shintoism. To be sincere and honest is highly estimated. They try not to stick to the wrong deed done by others and forgive it. Try to let the past be the past, repay a favor to a favor. Even though such a great number of non-combatants were killed in the massive air raid and the atomic bomb, they do not point that out and blame the ally repeatedly.
The simplicity is a characteristic of the Japanese. But the American, or should rather say people in other foreign countries, have different spirit.
In order to keep their own interest and to conceal the bad they did, they would not hesitate to betray their partners. But there is no use mentioning others' faults
Japan should not consider that other countries have the similar mentality and the same way of thinking as Japan. Sometimes they can be wicked and dishonest. Japan should understand that.


 日本人は、やったことは、やったと言う。時にはやってもいないことをやったとさえ言ってみせる。河野談話がそれである。善人が自縄自縛で苦しむ姿が日本である。神道にベースを置く日本の精神性は「直き」を善しとし、正直を旨として、いつまでも相手の非にはこだわらぬ。水に流し、恩義には恩義で報いる。いかに大空襲と原爆で非戦闘員を虐殺されようが、同盟国に蒸し返し言い立てはしない。その平明さが日本人である。しかしアメリカ人は、というより外国人は異なる精神性の持ち主である。自らの益と非の隠蔽のためには、顔色も変えず相手の寝首をかく。それを言い立てても仕方がない。日本人の思考と感性で外国と向き合わぬことである。外国は腹黒く不正直であると思い知ろう。

Japan should have known better, but it failed the first step after the war and has been in the same way for 69 years. The US joined anti-Japan network of China and Korea.
The yellow monkey was smart and stood up immediately in the burnt-out land, and became a major economic power.
Those countries wanted to tear off money, and Japan was made to give unreasonable ODA to China and South Korea. The United Nations forced expenses without real power. All such things were done to intend to weaken Japan financially. But Japan was tough.


 言うも気恥ずかしい初歩のセオリーであるが、しかしその初歩を戦後六十九年間怠って日本は現在のていたらくである。韓国と中国の二重の反日包囲網を更に、アメリカの「反日」が取り囲む。黄色い猿は優秀で、幾つかの幸運はあったにせよ戦後の焼け野原からあっという間に立ち上がり、経済大国となった。ならばカネをむしり取ってやれというわけで、中韓への理不尽なODA、国連へ実権を与えられぬままの出費、などなど金銭面での弱体化が試みられるが、それでも日本はしぶとく、
(本日ここまで)

やってもいないことを「やった」で思いだしました。
謝罪する元日本兵
http://76398149.at.webry.info/201408/article_3.htmlこちらもご覧ください。



国民的人気歌手のズッケロ(シンガーソングライター)
 パヴァロッティと、チベットの子供達も歌っています。
 15年前のこと、パパ・ヨハネⅡ世の頃です。
 https://www.youtube.com/watch?v=DEKVG_RX7TI
Zuccheroズッケロが歌っている
「行け、我が想い」は歌詞を変えています。
    ↓
Va pensiero sull'ali dorate
Cross the mountains and fly over the oceans
Reach the land find the place where all children grow
Every night after listening to this lullaby

There you find the heroes alive protecting the innocents
Bless them all cause their simple song is so pure and wonderful

Va pensiero sull'ali dorate
Life's beautiful dream carry on for all night long

Lead them your golden wings every feel will fly away
Take them by the hand help them find an easy way
Lead them back to the light back to the light
Where they once used to belong
Where they carry me children as long as they want

Va pensiero sull'ali dorate
Cross the mountains and fly over the oceance
Reach the land find the place where all children grow
Every night after listening this lullaby
Every night after listening this lullaby

  想いよ、金の翼に乗って
  毎夜、この子守唄を聴いた後に
  山を越え海をはるかに飛んで行け
  全ての子供達を育む国に飛んで行け

  そこではヒーロー達が来て
  無邪気な子ども達を護ってくれる
  純で妙な、素直な歌を祝福してくれる
  
  想いよ、金の翼に乗って
  夜通し子供達の夢に通え
  美しい日々を夢見るように

  お前の金の羽が
  思いの全てを飛び立たせ
  彼らの手を取り、平らな道を案内しておくれ

  かつて彼らが住んでいた所に 
  彼らが望むなら私も行けるように
  表示灯(バックライト)まで導いておくれ

  想いよ、金の翼に乗って 
  毎夜、この子守歌を聴いた後に
  山を越え海を越えて飛んで行け
  子供たちを育む国に
  
  旧約聖書に登場するネブガドネザル(ナブッコ)が
  50,000人のユダヤ人達をバビロニアに
  奴隷として強制移住させました。
  ユダヤ人達が失った祖国を回想して歌うのが
  「行け、我が想い」です。最後にナブッコは改心、
  改宗してユダヤ人達を祖国に帰しますが、
  チベットやウィグルはどうなりますか。
  カンボジアもチベットも他国の戦争に巻き込まれ侵攻、
  侵略されました。一番の犠牲者が子供たちです。
  本来ならここは一番、国連が目を向けるべきです。
  一生懸命に歌う子供たちを見てアグネス・チャンは
  どう思いますのか。

  時にナブッコの当たり役は故ピエーロ・カップッチッリで
  世界の歌劇場が彼のナブッコに泣いたのでした。
  http://tananaka6.blog.fc2.com/blog-date-201309.html
   ↑
  原詩です。
  もしも、カップッチッリがお話している
  録音がありましたらお耳を傾けてください。
  話し方が安倍首相と似ています。

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/ffda0a0198d368ad07f7508df3b39d33?st=0#comment-form
 井沢満さんのHPから頂きました。
  未読の方は(私も未読でした)
  是非御覧ください。
  どうも有難うございます、井沢先生。

  反映しないようです。
  「井沢満ブログ」
  シナリオライター、小説家である井沢満さんの、
  もはや有名なブログかと思います。
  記事名は「戦後諸悪の根源WGIP
  ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム」
  です。

  http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2678.html
  こちらは「ねずさんの ひとりごと」から頂きました。
  ねずさんは言うまでもない、
  大変有名なブログですね。
  是非、指をお運びください。
 
  小名木善行さん、どうも有難うございます。

  こちらも繋がらないようです。
  「ねずさんの ひとりごと」
  記事名は「お町さん」です。
  泣けました。















































































 
  






















訂正なさってください

貼り付けます論文を、
英語の方、間違いがありますので、
お気付きになられた方は
赤、あるいは青、若しくは太字で
訂正なさって、コメント欄に
お送りください。
報酬は差し上げられませんが、
どうぞよろしくお願いします。

アメリカよ、日本を打つならまず自らの手を清めよ
                ~幾多のお吉たちへの鎮魂歌~
 
                   静岡県下田市議会議員 高橋富代アメリカに愛着がある。私は下田の生まれで、物心ついた頃から黒船祭がありアメリカという国が水兵さんの姿で、時にはアメリカ大使の姿で日常にあった。
 先の戦争が、アメリカに巧妙に仕掛けられたのだと長じて認識してもなお、相模湾の潮騒と黒船祭を幼児期の原体験に育った私は、同国への憧憬を捨て切れずにいた。
 それが、突然崩れ去ったのは、二〇一四年四月二五日のことである。
朴槿恵大統領とソウルで会談したオバマ大統領が共同会見で言い放った言葉で、私のアメリカへの片思いは終わった。この片思いは多くの日本人が、アメリカに対して抱いて来た心情と同種だと思う。ハリウッド映画や、ホームドラマで見つめてきた、豊かで明るい正義の国アメリカ!
 
 「甚だしい人権侵害だ」とオバマ大統領は切り出した。「慰安婦らの主張は尊重されるべきだ」「過去を正直かつ公正に認識しなければならない」と日本を裁き「安倍首相や日本国民もそのことを分かっているはずだ」とまで口にした。
 一九四四年に朝鮮人慰安婦たち二十人へのアメリカ陸軍の尋問調書が収められているのは、他ならぬ米国立公文書館である。調書の「序」にいわく「慰安婦は売春婦、Professional camp followerにすぎない」と。
 しかしオバマ大統領にとっては真実など意味もなく、同盟国である日本を韓国と共に貶めることなど、蚊を叩く程度のことなのだ。と、そう私は唐突に思い知ったのだった。
 
 安倍総理の靖国参拝にアメリカが「失望した」と言ってきた時に、すでに違和感はあった。東京裁判の開廷者であるアメリカが、A級戦犯の何たるかを知らぬはずもなく、要するにでっち上げの戦犯であり、日本が勝っていれば、アメリカに戦犯が大量に生まれていただけのことだ。しかし私は、芽生えた不審の念に視線を当てることを避けた。アメリカを敵に回したら、防衛の要である日米同盟が壊れ去る、と潜在的恐怖心があったのだと思う。加えて、パブロフの犬的調教として、日教組、そして当時はGHQのコントロール下にあったNHKなどから、戦後七十年弱かけて刷り込まれていたのであろう。「アメリカ様に逆らってはならぬ」と。逆らえば餌をもらえず、叩かれるのだ、と。
 しかし、いともあっさり韓国に寄り添い日本を足蹴にしたアメリカ大統領に私は、悟らざるを得なかったのだ。親米保守であった私の足元が瓦解した瞬間であり、「鞭」の存在に気づいた瞬間であった。日本の頭上に常にふりかざされていた、アメリカの鞭である。この鞭は、日本が歴史の真実、つまりはアメリカが世界に知られたくない事実を日本人が知り始めた時、まず威嚇のために床にピシリと鳴り、日本が自立しようと立ち上がった時は脳天に振り下ろされる鞭である。それと共にNHKも、民放のある番組も新聞も、いまだ戦時下のプレスコードを抜け出していないという現実に私は息を呑んだ。日教組も、彼らが実質作る教科書も、時には入試問題さえ、日本毀損と弱体化のいまだ道具である。
 オバマ大統領はあろうことか、東京大空襲の「ドーリットル爆撃隊」の隊員に、 議会最高位の勲章を授与する法案に署名した。日本各地の大空襲では無抵抗の赤ん坊や、小学生まで含めて民間人計三十三万人が空襲で殺された。原爆と合わせると七十七万人の非戦闘員が命を落としている。ドーリットル爆撃隊への授章理由は「傑出した勇気」だそうだ。   
 
 中韓の執拗な日本攻撃と反日の源流はつまるところ、東京裁判と、GHQの日本弱体化政策に帰する。思えば、進駐軍が日本のマスコミにかけた規制「プレスコード」には、連合軍への批判禁止に加えて「.朝鮮人への批判」と「中国への批判」があったではないか。わざわざ「朝鮮人」と特定して批判を禁じた意味を日本人は考えるべきであろう。在日優遇または犯罪お目こぼし政策は、彼らを自己増殖するトロイの木馬として日本に埋め込んでいったということではないか。「朝鮮進駐軍」容認がその一例である。差別的見地で言うのではない、歴史の実相を直視するところから始めぬと、日本の進むべき道が見えて来ぬ。日本人として戦った朝鮮の人々を、日本の被害者として置き換えたのも、GHQの力技ではあった。
 奴隷使役国の誹りを世界から受けぬために、アメリカは自国以上の悪者に日本を仕立てる必要があった。日本には奴隷制の歴史はないので、でっち上げたのが朝鮮半島の「植民地化」呼ばわりであり、人々を奴隷にしたというフィクションが、しかし東京裁判でノンフィクションとしてすり替えられた。インディアンを殺戮し土地を奪い、奴隷をこき使い、苦力を牛馬のように扱ったのはアメリカである。ハワイ王国の滅亡もアメリカによる。
 日韓併合は白人たちの概念にある植民地には該当しない。圧政と搾取が植民地であるが、日本が行ったのは合邦である。韓国の近代国家への礎を作ったのは日本である。
 
 先の戦争の大義は、それまで白人が有色人種を動物扱いで使役、暴利を貪っていた世界を一気に日本が突き崩し、世界の悪しきパワー・バランスを壊したことにある。日清日露の勝利は、白人たちにとっては黄色い猿が仰天すべきことをやってのけたということであり、彼らは憎みかつ怯えたのである。知力を備え文化さえ持った「猿の惑星」の猿を呆然と見つめ、そして我に返った彼らは猿を叩き、再び立ち上がれなくなるよう手足を折ったのである。
 
 占領軍の検閲対象の一箇条に「GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判」というのがあることに留意されたい。これは語るに落ちる話であり、昨今憲法改正について緒論かまびすしいことであるが、連合軍がプレスコードという形で、はからずも告白しているではないか。日本弱体化のために我々は日本国憲法を起草したのだ、それゆえ批判することまかりならぬ、と。
 となれば、日本が自立した国家たらんとするなら憲法改正は避けて通れぬ道であるということである。
 「プレスコード」には次の条項もある。「占領軍兵士と日本女性との交渉」を報道してはならぬ、と。交渉とはおそらく米兵による日本女性の強姦をも含む。これは多かった。ここに思いを致す時、私は米兵たちのレイプ頻発を防ぐため、性の防波堤となり、日本全土のあちこちに横たわった無数の「お吉」たちの顔が浮かぶ。生活苦から慰安婦を志願した女達もいるだろうが、彼女たちが身を挺してアメリカ兵たちを受け止めてくれたからこそ、強姦の発生件数が抑制されたのである。
 連合軍にはわずかの豪州、英国の兵もいたが、圧倒多数はアメリカ兵だったのだから、「アメリカ兵」と一括した呼び方も許されると思う。
 日本に進駐したアメリカが、まず要求したのは慰安所の設置だった。各地にそれは要求され「千葉公文書」として知られる史料には、昭和二十年九月五日、館山に上陸した米軍第一一二騎兵連隊相手に、慰安所が設置された詳細が記されている。
 そのことを憤るほど私は偽善者ではない。異性から長く遠ざかった若い兵士たちが、どれほど猛り立っているか、動物としてのオスの衝動である。これを、率直に認めないから清教徒の多いアメリカの、きれいごとの嘘がものごとの本質を歪める。日本に設けられた慰安所は「余暇・娯楽協会」とアメリカ風美名で呼ばれたが、売春宿である。アメリカ軍は公には売春施設を認めない。だから、なかったことにする。シカゴ・サン紙特派員マーク・ゲインは慰安所を「米軍を腐敗させようとする日本の謀略。その武器は酒と女で、目的は占領軍の士気と占領政策の破壊」とすり替え、占領期間中米兵による日本人殺害毎年平均三五0人。一000人以上の婦女子暴行(調達庁調べ)には触れない。一0万人が亡くなった東京大空襲は「死者六千人」と縮小。なんという偽善と嘘。外国特派員協会はGHQの情報発信基地だったが、その体質はいまだ生きている。
 「余暇・娯楽協会」はやがて封鎖される。ルーズベルト夫人の反対が原因であるが、彼女の「清らかさ」ゆえに、巷では再び強姦が増え、一般の日本女性が犠牲者になったのである。
 私が、大勢の無名のお吉たちに対して悲しみと憤りを感じるのは、身を挺して日本女性の貞操を守った彼女たちの犠牲を無視、アメリカは自らの手は汚れてはいないとして、日本を一方的に打ち据えるからだ。日本女性への狼藉を防ぐために、日本各地で横たわった大勢のお吉たちは、何のために払った犠牲であったのか。アメリカは、その時そこにそんな日本女性たちがいたことを見ようともしない。いや、いなかったことにしてしまったのである。私はそれを許さない。彼女たちの墓碑銘は私が刻み続ける。
 
 日本人は、やったことは、やったと言う。時にはやってもいないことをやったとさえ言ってみせる。河野談話がそれである。善人が自縄自縛で苦しむ姿が日本である。神道にベースを置く日本の精神性は「直き」を善しとし、正直を旨として、いつまでも相手の非にはこだわらぬ。水に流し、恩義には恩義で報いる。いかに大空襲と原爆で非戦闘員を虐殺されようが、同盟国に蒸し返し言い立てはしない。その平明さが日本人である。しかしアメリカ人は、というより外国人は異なる精神性の持ち主である。自らの益と非の隠蔽のためには、顔色も変えず相手の寝首をかく。それを言い立てても仕方がない。日本人の思考と感性で外国と向き合わぬことである。外国は腹黒く不正直であると思い知ろう。
 言うも気恥ずかしい初歩のセオリーであるが、しかしその初歩を戦後六十九年間怠って日本は現在のていたらくである。韓国と中国の二重の反日包囲網を更に、アメリカの「反日」が取り囲む。黄色い猿は優秀で、幾つかの幸運はあったにせよ戦後の焼け野原からあっという間に立ち上がり、経済大国となった。ならばカネをむしり取ってやれというわけで、中韓への理不尽なODA、国連へ実権を与えられぬままの出費、などなど金銭面での弱体化が試みられるが、それでも日本はしぶとく、またぞろアメリカは日本殴打を再開、その一環がアンジェリーナ・ジョリの反日映画「UNBROKEN」であろう。日本軍が生きたまま、捕虜の肉を食らったというストーリーで、 これは特派員協会の会員であったN・Yタイムズのニコラス・クリストフという男が「日本兵が中国人の子供を殺して肉を食った」書き散らした捏造と軌を一にする。 ちなみにクリストフの妻は中国人である。 ハリウッドは間歇的に日本貶め映画を市場に出す。だが日本人は、アンジェリーナ・ジョリの来日にファンが群がり、GHQがwar guilt information programに託して刷り込んだ、自虐史観と侮辱に鈍感な感性はいまだ機能している。アメリカが日本人に為したのは、神道の事実的追放である神道指令、学校教科における修身・日本史・地理放逐の「三科指令」であり、日本人はこれにより民族の誇りを抜き取られて現在に至る。言霊の幸わふ瑞穂の国から、その豊穣で美しい言葉が絶えつつある。言葉が痩せることはすなわち国の精神性の貧困を意味する。男系で百二十五代続いた天皇陛下を国の要としつつ、四方の海の要塞に守られて育まれた固有の文化を大事にしたい。言葉を守ることは防衛なのだ。
 
 朝鮮戦争時における米兵相手の元韓国人慰安婦が韓国政府を相手取って訴訟を起こしたのはこの六月のことであるが、朴槿恵大統領もアメリカも内心頭を抱えたのではないか。慰安所を開いたのは、皮肉にも朴槿恵大統領の父上である朴正煕・韓国元大統領であり、慰安婦を抱いていたのはアメリカ兵なのである。韓国は韓国でベトナム戦争の時、現地女性を「性奴隷」として虐待殺戮の事実がある。
 いったい、誰が日本を打つ白い手をしているというのか。日本の慰安所は合法で規律正しかった。ちなみに、 一説によると 進駐軍相手には「慰安夫」もいた。(『戦後の日本を知っていますか?―占領軍の日本支配と教化』百瀬孝監修)昭和二一年、名古屋は松坂屋の近く、焼け残った木造アパートに身体検査に合格した数人の若者が集められ、アメリカ女性兵の相手を したとされている 。売買春を、短絡的に女性の人権論に話をすり替える人たちが絶句すると思うので敢えて書いた。安倍政権による河野談話の見直しで形勢不利になったと見るや、韓国は「女性の人権論」に論点を置き換え、慰安所に日本軍が関わっていたと責めているが、売買春がさほど悲惨なら、日本に五万人いる売春婦(韓国・国会国政監査発表)を、早急に救い出しに来て欲しいものである。韓国が売春大国であることは「韓国女性政策研究院」が調査の上で、認めている。
 
 私の地元下田の唐人お吉を連想させるため、そしてまた慰安婦問題はライフワークだと思い定めているのでその記述が多くなったが、慰安婦は突出してわかりやすいアメリカ側の負の記号なのである。アメリカは現実を認めるべきだ。日本だけではない。ノルマンディーに上陸したアメリカ軍に対して、ル・アーヴル市長が慰安所の設置をアメリカ軍に懇願したが、軍はこれを拒否。その結果「往来をアメリカ兵たちによる強姦に遭遇せずに道を歩く事はできない」と言われるほどレイプが頻発したのである。
 アメリカよ、自らの汚れた手を見よ。その手で日本を撃てるなら撃て。バイブルに手を添えて宣誓する時の潔白さで、慰安婦問題には向き合え。日本は自らと、祖父と父の名誉を懸けた戦いである。これに負けるわけにはいかぬ。
 
 対中国があり日米同盟は必要だが、しかしアメリカもまた日本を必要としている。過度の依存とそれ故の過剰な謙虚さは、長い目で見れば結局日米関係を損ねる。まずアメリカが礎石を置いた中韓の重層的反日の構造を把握しないと、それへの対抗策を見出し得ない。結論を先に述べるなら、安倍総理の戦後レジウムからの脱却が急務で、そのためには憲法改正が必須。自衛隊から国防軍ヘの昇格を。それを即戦争と結びつけるのは幼稚である。日本が侵略したい国など、世界のどこにもありはしない。そこからの侵略から守りたいと思う国ならある。
 
 しかし東京裁判史観からの脱却に、政府レベルでは限度があるのではないか。たとえば、安倍政権の河野談話見直しは、韓国(とアメリカ)に痛打だった。それならなぜいっそ、談話を破棄するなり河野洋平氏を国会喚問せぬのだろう。後者は「前例がない」という納得しがたい理由で、呼ばぬという。
 ひょっとしてアメリカへの慮りであり、またアメリカからの「圧力」ではないかと、穿ってしまうのだ。明らかなことは唯一つ、何らかの理由で、政府が米国に対して及び腰であることだ。ならば、民間で立ち上がり声を上げるしかないではないか。いかなアメリカとて、国民の声までは封殺できぬ。政府を頼むな、自ら立ち上がり戦え。一部が怯える如き「ナショナリズムの復活」などではない。自力で立ち、自分で身を守れる普通の国になろう、と言っているだけのことである。
 
 具体案は幾つかあるが、たとえばアニメの製作。題材はこれもたとえばヨーコ・カワシマ・ワトキンズの「竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記」。この製作委員会を民間で立ち上げ、寄付を募る。その行動自体が大きな問いかけになろう。日本の汚名をそそぎ、真実を世界に伝えるに日本のアニメ技術と人気を使わぬてはない。尖閣であれだけのお金が集まった。映画がヒットすれば、回収は出来る。利益が出ればそれと合わせて、次のアニメ制作を企画する。具体的腹案は割愛するが、私は動いてみようと思う。
 
付記 拙稿を書き終えてからしばらくして、朝日新聞が八月五日の朝刊で「慰安婦問題の事実関係に誤りがあった」と認めた。しかし謝罪は無く、英文版では一行も触れず、その上、論点をずらして相変わらず慰安婦をネタに日本を叩く構え。政府はこれだけの環境が整ったのに、(おそらく対韓国対アメリカへの外交配慮から)河野談話の見直しはしないという。やはり国民が覚醒して立ち上がり、この仕組まれた情報という名の戦争を戦うしかない。互いに呼びかけ、手を組み立ち上がろうではないか。
 *******************

 

America,a first sudden attackmake your hands clean , before hitting Japan. This is a Requiem for many Okichi,
Women which were sacrificed by the American military.
   → Women who became victims of sexual desire of American soldiers
The City Council Member of Shimoda-city, Shizuoka
Tomiyo Takahashi

Since I was born and spent my childhood in Shimoda, I feel a particular affection for America.
Ever since I was a child, I saw the festival of Kurohune, and America appeared in my daily life like a crew of sailors, and sometimes like an Ambassador.→ America appeared to me as a sailor or sometimes as an Ambassador. When I grew up, even though I recognized the Second World War, which had been placed the trap from America, → I grew up to know that the Pacific War had been cleverly set by America, like a mean trap. Still, I was not able to refuse my admiration for it. When I was more older the prototypical experience of the sea roar and the Black Ship Festival of the Gulf of Sagami interested me so much.
But suddenly my admiration collapsed in April 25, 2014, when I heard the President
Obama talks in a conference in Seoul with President Park Geun-hye,
my unrequited love was over, this love was the same feeling that many Japanese had for America. America, a country of justice, successful, fertile, loud and clear and in addiction the famous home of movies and drama.
"It is an extreme violation of human rights", Obama began to talk like that, "The rights of the Comfort women should be respected." "Japan recognize the past more honestly and truly" and he said too; "President Abe and Japanese people have already known it".
In the U.S. National Archives in that was stored the interrogatory of the U.S. army about 20 Korean comfort women in 1944. It is written on the preface of archives, “comfort women are just prostitutes (Professional Camp follower).”
But it don’t represent the truth for President Obama. It appeared brusquely in front of me, that despite all Japanese and Koreans and it is liking crush insects for him.
He said that it was “disappointment”, when Prime Minister Abe visited the Yasukuni Shrine, I already felt sense of incongruity about U.S. ,which opened the court of Tokyo trial. They should known what kind of war crimes “a class A”. In brief, it was the war crime of the fabrication.
  If Japan won, a large quantity of war crimes was commit in the United States. However, I avoided to doubt which budded. I think that there was a potential sense of fear about the Japan-the U.S. alliance, when the crucial defense crumbled away. In addition, as Pavlov's dog breaking, it would be stenciled over 70 years after the War from Japan Teachers Union, and NHK which was under control of GHQ those days. “Don’t oppose at Mr. United States, if we take opposition we don’t have a good food, because will be stuck, and this could be terrible.”.
However, I was forced to understand that President of United States snuggled up to Korea so plainly, and hate Japan. It was the moment when collapsed the foundation of the earth, and was the moment when I noticed the existence of the split until two time;
The first when I was a conservative pro-American. That the American potency always covert the overhead of Japan.
And the second period when the Japanese begin to know the truth of the history of Japan, the truth that America wants to hide, America snaps and intimidate, when rising in order that Japanese people want to become independent, this horsewhip hitting them on head.
President Obama, incredibly, subscribed a bill to award a medal of higher grade of parliament to the members of the troop Doolittle. By the several riots in various places of Japan, including in a baby and primary school child 330.000 total civilian ware murdered. And by the atom bomb, in total 770.000 non soldiers lost their life. The prize that they won was the title, to the Doolittle bombing corps is “prominent courage”
An obstinate attack of China and South Korea to Japan and the source of anti-Japan, eventually attributes to the Japanese, is weakening from a policy of the Tokyo trial and GHQ. About the regulation of the mass media (press cord) that the Occupation Forces submitted the Japanese media, the government puts under the prohibition the critical ideas to the Allied Forces. The Japanese should regard the meaning that forbade criticism, especially about Korea. The approving to the Korean living in Japan, and they must overlook The policy about the crime, as Trojan horse to multiply them by oneself, it buried in Japan. The “Korea Occupation Forces” acceptance is one example. I don’t say at a discriminatory standpoint, but we don’t cover up the real facts of the history. We in this direction don’t see the development of Japan. The power and the technique of GHQ substituted secretly the South Korean as the Japanese victim, who fought practically as the Japanese.

In order not to cause a criticism of a slave employment country from the world, the United States needed to make Japan the bad fellow more than its own country. Japan doesn’t have the history of a slave system, but “the colonization”, the denouncement of the Korean Peninsula were the same terrible crimes. At Tokyo Trial, the fiction which made Korean into the slavery world was secretly
replaced as nonfiction. Massacred the Indians, took the land, push about slaves, treated a coolie like oxen and horses, it was the United States to have done them. The downfall of the Kingdom of Hawaii is also an act of the United States.
  The important meaning of the earlier war is Japan that broke up with the previous actions committed in the first world and that till then the white treated the people of color as animals and coveted an excessive profit. The victory of the war of Japan-China, Japan-Russo for whites that the yellow monks accomplished something should be shocked. They hated and were frightened. They stared execution the monkey of “Plain Soleil” that have intellect and culture. And when they felled themselves again, beat the monkeys and they broke the arms and feet of monkey for not able to stand up.
Note that the 1st Article of the inspection of the occupation army includes “the criticism to GHQ have drafted the Constitution of Japan”. This is a subject to let the cat out of the bag these days about the ideas of Constitutional amendment although is noisy, the Allied Forces are confessing unexpectedly in the form of a Press code in the Allied Forces. We drafted the Constitution of Japan for Japanese weakening, therefore, do not criticize. Then, a constitutional amendment is a way not to be able to avoid, if Japan wants to be an independence nation.
There is also next article on the press code, “don’t report the relation between occupation army and Japanese women”. Maybe , includes the relations, about the rape to the Japanese women by the United States soldiers. There were many of this cases. What I feel here, I would have to prevent the frequent rape , that happened in that period by United States soldiers to Okichi in Japan.
In the Allied Forces, were a little corps Australia and British soldiers, too, because the overwhelming majority was a United States soldiers. I think that this crimes happened because is permitted to group together with all military group, especially United States solider.
The number of outbreak of the rape was controlled, because they risk their life and they caught the soldiers in the army of the U.S.A.
The U.S. which was stationed in Japan have required at first the comfort station was setting, it was required every place in Japan. An historical materials to be known as “Chiba official document”
on September 5, 1945, it is written the details that it was installed the comfort station for the 112th
Armed Forces cavalry soldier regiment, which landed at Tateyama.
I'm not hypocrite so as to get angry with it. Young soldiers who estranged from the other sex for a long time, there fury of desire that is a male impulse as the animal. Since do not admitted this
openly, the lie of the high-sounding statement of the United. States with many Puritans distorts the essence of things. The comfort station which was established in Japan be called “association of spare time entertainment” or well known in American style, it was a brothel. The U.S.Forces do not recognize prostitution facilities publicly, therefore, there would be nothing.
What at first the America Occupation Forces in Japan demanded to Japan, it was setting of the station comfort.
The special correspondent Mark Gain of the Chicago Sun paper, manipulated the movement of the comfort station and said, “the plot of Japan which is going to decompose the U.S. Forces. The arm are alcohol and women, and the purpose substituted for Occupation Forces' morale and destructive of the occupation policy”. He don’t mention that during occupation period, the Japanese murder by the U.S. soldier is an average of 350 persons and the rapes more than 1000 persons every year (by the Procurement Agency). 100,000 people died by the terrible hand of Tokyo-air raid, he reduced that “6,000”. What a kind hypocrisy and lies!
Association of Foreign Correspondent was base for the transmission of information, the Consutitution is still valid. “Comfort station” was soon blocked; opposition from Mrs. Roosevelt was the cause. For her “cleanness” the rape increases again in the public, the general Japanese women became the victim.
I feel sadness and anger for the nameless Okichi of large number of people. Because all the people override their sacrifice and their choice to risking life only for protect the virtue of the Japanese women, and apart from the dirtiness of their hands, condemn Japan one-sidedly. What was it the sacrifice that they paid for?
The large number of Okichi that lays in various parts of Japan to prevent the violence to the Japanese women from the U.S. soldier. The U.S. don’t want to see this horrible condition and so has decided that this Japanese women are never existed. But I do not permit it. I will continue to write about they, and their real story
Japanese people say that they did having done it sometimes, only in a particular case. Kouno statement is it. The figure to which a good person is troubled with entanglement in his own net is Japan. The spiritualism of Japan which has a base in Shintoism carries out “straight forward” right, and make honesty into a purport. They aren’t a particular responsibility of another person. Let that the past is past, repay a favor with a favor. Although civil persons were killed by the massive air raid and the atomic bomb, they does not point out to an ally repeatedly. The simplicity is a Japanese characteristic. But the American and the other countries have different mind. For self-interest and the concealment of the blame, betray a partner without thinking. Even if it observe, it doesn’t feel the necessity to help them. It doesn’t consider the sensitivity of Japanese people but the important thing is oppose the enemy. The foreign country is dishonest and wicked.
It is elementary theory that is shameful, however, the first step was neglected for 70 years after the War, and it is the current wretched state. The double anti-Japan encircling net of South Korea and China, further, encloses anti-Japan of the United States. The yellow monkeys are excellent, even if there was lucky. From the burnt-out area by the War stand up now one of the major economic power. Then, to tear off money, unreasonable ODA to China and South Korea, expenses without the real power to the United Nations, such as the weakening on the money are intended, Japan is obstinate, the United States resumed Japanese assault.
Some months ago, an important movie directed by Angelina Jolie, a particular movie to explicate the anti-japan lines, “Unbroken”. Talks about the story of a Japanese soldier that after tragic air incident, spend over 70 days into a small ship before to be captured. This is only a falsity pronounced by a man, Nicolas Cristoff at New York Times.
He was a member of the Special Correspondent Association scribbled and one day said “ the Japanese soldier killed the Chinese child and consumed his meat.” Incidentally, Cristoff's wife is a Chinese. Hollywood takes out sometimes a movie insulting Japan to a market. However, fans gathered around the visit to Japan of Angelina Jolie,
This , insensible sensitivity is still functioning on the masochistic view of history and insult which GHQ entrusted and inserted the War Guilt Information Program.
What the United States formed in Japan is the Shinto Directive, which banished Shintoism. In addition, these department instructed about three subject over japan; Japanese history, and geography and explosion in school culture of Japanese nation . By this, Japanese people have racial pride extracted and continue up to now.
The powerful and beautiful word of japan was suspended with the kingdom of Mizuho, which was prosper only the point of the spirit of language. The language getting sterility over the country, exactly, like the poverty of the spiritualism of the nation . While was assumed the Majesty the Emperor who lasted 125 generations in a male line the pivot potency of the country, I would like to prize the peculiar culture protected and cherished in the fort of sea on all sides. Protecting the precious language.
The earlier Korean comfort women of the U.S. soldier partner in the Korean War, brought a clothes against the Korean Government this June. President Geun-hye and the United States will have to resort at their good sense. Ironically, Park Chung-hee, ex-president who father of Presdent Park Geun hye, he has opened the comfort station. The U.S. soldier have embraced the comfort women. Although Korean at the time the Vietnam War, there is the fact, which carried out abuse, massacre a local women as “the sex slaves”.
Who does a fair hand to hit Japan? The Japanese comfort station was legal and orderly.
In this connection, according to another view, Occupation Army had as the partner “the consolation men”, too. (『Do you know after War World II ?---Control and enlightenment of the occupation army in Japan』supervision by Takashi Momose)
In 1946 near the Matsuzakaya of Nagoya, in the wooden apartment which remained unburned, some youths who passed a physical checkup were gathered and kept the American female soldier company. Since it thought that people who substitute dealing spring for a female human-rights theory secretly simplistically break up, it dared to have written.
By the review of the Kouno statement by the Abe Administration, it concludes that it became situation disadvantage.
South Korea remarks the special point of argument to female human rights, although they blame Japan when the Japanese military was concerned with the comfort station.
If prostitution is so miserable for women , why nobody doesn’t come to rescue immediately the prostitute? (the announcement of South Korea Parliament Government Inspection) who are present in Japan with 50,000 persons.
“Korean woman policy research institute “admits that is a large country of the prostitution under investigation.
In order to suggest the Stranger Okichi in my local town Shimoda, there was largely described, since it had decided that the comfort women issue was my lifework, but comfort woman issue is the projectingly intelligible and the negative signs of the United States. The United States should accept this cruel reality. The U.S. didn’t this crime only in japan
The several installations of the comfort station that the U.S. Forces, did the Normandy leading , however, the U.S., refused this truth. It had been said this horrible thing “was impossible walk the street without met the rape committed by the U.S. soldiers.”
America, look your own dirty hand, if you want to hit, hit with those hand. It is incredible when an innocence put a hand on the Bible and swear, face in front of face about the crime of the comfortable woman. Japan fights for honor of oneself and their grandfather and father. We must never give up.
However, a breakaway from the history Tokyo Trial may has a limit on a Government-level. The Kouno statement review of the Abe Administration was a crushing blow in Korea and the United States. Then why not leave the Kouno statement, or the Diet will summon Youhei Kouno. As regards the second of the two cases, they say it was not called, for the reason that is unconvinced, that is “there is no previous example”. I guess that is consideration to the United States or it is pressure from the United States. A clear thing is only one, for a certain reason, it is that the Government is wavering to the United States. Then the people grow up, and only mention voice. Even if is the United States cannot suppress the voice of the people of Japan.
Don't rely on the government, rise up by oneself, and fight! It is not “nationalism” that some people is afraid. I only say that will become an average country which we stand by ourself and we can protected by ourself.
I have some concrete plans, for example the execution of the animated cartoon. For example “A bamboo forest far away, the war experience of a Japanese girl, Youko”, it is starting this production by the private, and rise contributions, that action will become a big question. No way is better use of the technology and popularity of animated cartoon for pour a Japanese disgrace and introduce the truth into the world. About the Senkaku Islands the money gathered so much, if a movie makes a hit, can recover it. If we get a profit, we will be able to design the next cartoon. The concrete plan leave it out, but I will move to this.
Additional remark; When I have finished writing this article, after a short time Asahi-Shimbun recognized in the morning paper on August 5, “misinformation about the relation of fact of the reality comfort women in Korea.”
However, there is no apology, does not wrote one line with the English version, moreover, sift a point of view, seeks to condemn Japan as usual. All these condition was complete, but the Government will not make the revision of the speech of Kouno. (Probably it is from diplomatic consideration to South Korea and the United States). In conclusion, the nation would be awake, stand up and take some concrete action.
The nation should be fight the war in name of this important information and called other patriots to help us to fight for the truth.
And let us combine forces!

https://www.youtube.com/watch?v=1dlse7gdkT0
 ↑
「合唱ファンタジー」、20分位続く曲の最後の5分間です。
ベートーヴェン。

https://www.youtube.com/watch?v=dRhwyzJABvI
 ↑
同じくベートーヴェンのフィデリオ、「レオノーレ」序曲第3番。
高橋富代議員のイメージで行ってみました。


 

御覧になってください

2つ貼り付けますね。

https://www.youtube.com/watch?v=LLcJnYAvlcQ

いつも美しい櫻井よしこさんです。

https://www.youtube.com/watch?v=0iJs2Xxvmas
 ↑
谷川雄二朗さんです。
Simpatico, Likable ですね。 GJ!!!

お時間がある時に、是非ご覧ください。

母の日に

母の日が1日遅れてしまいました。
こちらは、まだ5月10日です。

こんなのを貼り付けますね。
https://www.youtube.com/watch?v=F-VWrBooua8

私の母は信濃の女、長野県出身なので。
浅間山を望む里で生まれ育ちました。

父はずっと(3代以上の)東京暮らしですが
母の方が、江戸っ子とよく言われていました。

続きは又、明日のお楽しみ、
誰も楽しみに待っていませんが、私の楽しみです。

父は家族を大切にしましたが、昔の人の倣いで
男の子を欲しがりました。
女の子にしか恵まれませんでしたので。
そういうことを口にされても気にもなりませんでした。
言葉に出さないけれど、父は子供思いだったので。

イタリアでもドイツでも一頃前まで、男の子を
欲しがりました。戦国時代の名残りですか、ね。

母は女の子なら女の子でいいよ、という感じで
男女にこだわらなかったです。

人権が謳われて久しいですけれども、
男女という性へのこだわりを除いた時に初めて
男女の真価、役割、互いの人権尊重が生まれるのでは
ないですかね。

お姑さんの重さが全部、長男の嫁である母の肩に
掛かった時代でした。

母が男の子を持ってお姑さん、義母になったとしたら、
田辺聖子さんの「姥桜」の歌子さんのようなお姑さんに
なったのではないかな、
絵画や英会話を習う母ではなかったですが、
お嫁さんとのやり取りが楽しい小説ですね。

田辺聖子さんは、数冊しか読んだことがありませんで、
浪花、難波の女性ですが、江戸っ子気風も
持ってらっしゃるような気がします。
彼女の小説の中で肯いたり、
はたと膝を打つことがあります。

最後に張り貼り付ける曲は、
https://www.youtube.com/watch?v=tufbM2TJoBs

https://www.youtube.com/watch?v=c4aLmiB0uDo

「Panis Angelicus」 天使のパン。
ミサや結婚式でよく歌われます。
ベルギー生まれ、フランスで仕事をした
オルガ二スト、作曲家の
セザール・フランク(1822~1890)が
聖トーマスの賛歌にテノールとオルガン、ハープ、
チェロ、コントラバスでもって曲付けしました。

Panis Angelicus
fit Panis hominum
dat Panis Caelicus
figuris terminum;
O res mirabilis;
manducat Dominum
pauper, servus et humilis
 セザール・フランクの曲はここまでです。
 2番があります。
Te, trina Deitas
Unaque, poscimus:
sic nos tu visita,
sicut te colimus;
per tuas semitas
duc nos quo tendimus,
ad lucem quam inhabitas.
Amen.

 天使の食べるパンを
 人間が食べるようになった
 天上のパン(生命の糧、魂の糧)は
 全ての人に分け与えれる象徴となった
 何と驚異的な!
 奴隷も貧しい者も下層の者も
 神を食する

奴隷や下層というのは聖トーマスが生きた
中世の言葉ですね。
 
 三位一体なる神よ、
 あなたに請う、
 あなたが、あなたを讃える
 私達の傍に来ることを
 あなたの住む
 光広がる世界への道に
 私達を導いてください
 アーメン

三位一体というのは
Padre Figlio SpiritoSanto
神とキリスト、精霊のことです。
と、日曜日の教会の鐘の音を聞きながら
書いています。

私達が、この世界で最初に食する
神のパン、天使のパンは母乳でしょう。
その後、様々なパンを頂きながら
生かさせて頂いています。

https://www.youtube.com/watch?v=AjBGGf9iqoc
古い映画ですね、「鐘が清らかに鳴る時」
ウィーン少年合唱団が歌っています。
字幕スーパー、良く訳されていますね。

間違えました。田辺聖子さんの「姥桜」ではなく
「姥ざかり」 でした<(_ _)>




BB姫の記事から(拡散希望)

BBさんの記事を貼り付けますので、
是非お読みくださいね。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/53215e8585176d2e130b906e4143e19d

http://www.howitzer.jp/korea/page03.html
  ↑ こちらもBBさんから頂いた、英文サイトさんの記事で、
BBさんのページを開けますと、そちらにも
リンクがしてあります。

よろしくご閲覧なさってね!!

Für Fräulein BB べべこ姫へ

BB姫、御手数をかけました。
心より御礼申し上げます。

御礼に、こちらをお贈りしますね。

https://www.youtube.com/watch?v=lYNxS_VXyQs

お耳にすることがあるかと思います。
ヘンデルの(1685~1759)
オラトリオ「ジュダス・マカベウス」 から
ユダヤとシリアの戦いに勝利したユダを歓呼、歓迎する合唱曲です。
”偉大な王を喝采の歌で迎えよう
音楽はもう、奏し始めている”

https://www.youtube.com/watch?v=IUZEtVbJT5c

こちらもヘンデル、彼は英国王室のお抱え音楽家でした。
この曲、ハレルヤを聴いていたジョージⅡ世は、
感極まって思わず立ち上がり、皆さんもそれに倣い
後の人達もそれに倣い「ハレルヤ・コーラス」は
スタンディング・オベーションの曲として残りました。

https://www.youtube.com/watch?v=LWz_JAiDuL0

こちらは「アイーダ」からラダメスのアリア「浄きアイーダ」
Celeste Aidaで、celesteは空色、天上などと言う意味があり、
イタリア人はverde緑と、azzurro青、 celeste空色が
お好きのようです。

BBさんをオペラの中の登場人物に譬えるなら「アイーダ」
かなと思って。

スエズ運河祝開通で作曲を頼まれたヴェルディは
エジプトに行きもしないのに想像で書いた。
大した想像力です、エジプトの雰囲気を充分に感じるオペラ
です。
エジプトの武将、ラダメスは奴隷として捕われている
エチオピアの王女アイーダを恋い慕い、アイーダも又。しかし、
エジプト王女アムネリスも又、ラダメスを・・・

イタリアはテノールの地と言われていました(実際は
バリトンの方が多いです)
プリモ・テノールにはプリモ・アモーレ(初恋)が求められ、
大方ね。純真でひたむきなラダメス、アルフレード、
ネモリーノ、アンドレア・シェニエ、ロドルフォ等、等。

歌っているのはカルーソー(1873~1921)です。
水晶の声、と言われる不世出のテノールです。
「マダム三浦(三浦環)、そんなに卵を食べて、よく雛が
孵りませんね」
「あなたの声は卵から、私の声はマカロニから生まれ出る
のです」
時にマカロニというのは昔の、イタリア人への蔑称です。

カール・ベームの曰く「カルーソーは決して舞台の前面に
出ようとはしなかった。高音域も必要以上に伸ばすことを
しなかった」

”もし私がエジプト軍の指揮官になれたなら、
月桂樹の冠で帰って来れるなら、アイーダ、
私はこう言おう、あなたの為に戦った、あなたのために勝った、
と。神々しいアイーダ、女神の似姿よ、
私の心の中の女王、あなたの祖国の王冠をあなたに載せて
あなたの玉座を太陽の傍へ引き揚げよう”

BBさん、又、単語を直しに行きますね。
おばさん明日は忙しいのよ。

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR