08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

リエンツィ

1842年の3月、ペッピーノの「ナブッコ」初演後
同年の10月に、リッチが「リエンツィ」を初公開しました。
リエンツィというのは中世ローマで平民執政官をしていた
主人公の名前です。舞台はローマ、カンピドーリオ、
(Campidoglio, 現在のローマ市役所)です。
無謀な貴族達に対立する民衆のお話でして、
バルヴァ・リットンの小説をもとにリッチが作詞作曲を
しました。当事流行していたグランド・オペラの影響下に
ありまして、古典風な音楽です。それ以前には「仙女」、
「恋愛禁制(シェイクスピアの目には目を)」なども作曲
していまして、大体3作目となります。

次の年の「さまよえるオランダ人」で、ワーグナーは
ワーグナーたり得た、と言われるのですが
真にリッチたり得るのは後期の「トリスタンとイゾルデ」
「指輪」からです。そこで彼は古典派(クラシック)の
調性くずしを始めます。音楽史上の革新者と言われる所以
です。無調性時代の産みの親というわけです。
因みにバッハ、ベートーヴェン、そしてワーグナー
この、お3人が革新者と言われます。

「リエンツィは」彼の古典として聴き易いし、整った
5幕です。1834年にベッリーニ(1801~1835)の
「モンテッキ家とカプレッティ家(ロミオとジュリエット)」が
ライプツィヒでセンセーションを起こしました。
話が飛びます。
ロッシーニ、ベッリーニ、ヴェルディの3人は
イタリアの白鳥と言われます。音楽の優美さ、デリケートさから。
これは私はベッリーニに限って賛同します。
ヴェルディやロッシーニには別の形容詞、喩えが相応しい
のではないですかね。
ベッリーニはショパンに影響を与えました。

ロミオとジュリエットは敵対する家同志に生まれた恋のお話ですが、
「リエンツィ」は彼の妹と敵対する貴族の息子アドリアーノの
恋、が大きな柱になっています。
民衆の味方であるリエンツィはローマ法王の使者がからんで、
最後には民衆からも貴族からも敵対視され、
大詰め、兄妹はカンピドーリオのバルコニーで演説を始めようと
するのですが、人々は「投石の刑だ」と石を集め、カンピドーリオに
火を放ちます。そこに駆けつけたアドリアーノ共に3人が炎に包まれて
しまう。
ヒットラーはこのヒーローを愛したそうです。

話が又飛びまして、Der fliegende Holländer、
「さまよえるオランダ人」の中の第2幕の水夫のコーラスは
男性的な力強さにあふれています。
ゴルトムントが逞しい男となってから、彼のバック・ミュージック
として「水夫の合唱」が聞こえて来ます。
(私の耳に、個人的に)
ヘッセはワーグナーをあまり好きではなかったけれど。

声量計測器で測ったことがあるのかどうか知りませんが、
耳で聞いた限りイタリア語の方がドイツ語よりも重さが
あります。
でも合唱曲ではヴェルディよりもワーグナーの方が力強い。
ヴェルディは花やかで勇壮ですね。

Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR