08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

続 続 ガゼッタ

嫡出子と非嫡出子の遺産相続問題を
最高裁が取り上げ、どちらも平等に分けるという
判決になったのだそうです。
国会を通れば民法改正ということで、
憲法改正よりも容易いように見えます。
イタリアでは昨年2012年の12月に
この問題で Codice Civile 民法が改正となり
嫡出子、非嫡出子、共に平等に分けることになりました。

最高裁は時流に乗り、日本も負けずに変えなければ!
ということでしょうか。
ただイタリアの非嫡出子は10%です。
日本は2%強だそうですね。(櫻井よしこさんのコラムで
知りました)

家庭、夫婦、親子の人間関係が複雑化している、
子は親を選べない、というのは分かります。
そして私は(モテなくて)結婚出きなかった独身者です。
しかし! と思うわけです。
最高裁の判事の方達は皆、親を選べない(選べなかった)
境遇の方達ばかりなのでしょうか?
子は親を選べない、という言葉には虚と傲慢を感じます。

某誌に「骨肉が美談に化けた」と出ていましたが、
当たっている所は大いにありましょう。
遺産、遺産と、その言葉ばかり読んでいるうちに
人間の欲が私にこびり付きました(私も欲深ですよ)
いっそ親の遺産は黒柳徹子さんがお仕事なさってるユニセフか、
宮城まり子さんの「ねむの木学園」、あるいは
企業が思わしく進まない人達に、全部寄付してしまうという、
そういう法律に変わったらスッキリしますのにね。
それはそれで問題が多々出て来ますね。

子の平等を謳う前に、夫婦のあり方、家庭の大切さを
考えるのが常道だと思います。
先ず夫婦愛を説き、家庭を1番に据えて、子供に与えるもの
(遺産も)を一つ一つの場合に応じて考えて行く、これが
正しいとは主張しませんが正解に近いでしょう?

ベートーヴェンは3回ほど結婚し損ないました。
相手の女性達が貴族の令嬢であったり未亡人であったり
したからです。彼は結婚したかった、結婚、夫婦愛というものを
大切な理想としていました。
私はベートーヴェン程、熱烈に結婚したいと考えたことは
ないのですが、結婚は神聖なものだと思っています。

ベートーヴェンのただ一つのオペラ「フィデリオ」は
夫婦愛を高らかに謳ったオペラです。





Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR