05
1
3
4
5
7
8
9
10
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ローエングリンとオルフェウス その2

オルフェオはイタリアの呼び方です。
17世紀のヴェネツィア学派モンテヴェルディの「オルフェオ」は
古いオペラ(後期ルネッサンス)の頂です。
ほんに沢山の作曲家がオルフェオを書いとります。
中でもモンテヴェルディとグルックのオルフェオが有名でしょう。
グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」の初演は1762年、
ウィーンでした。
神話の内容とは少し違っていて、黄泉の国から地上への件(くだり)で
エリがせっせと前へばかり進み自分を見てくれないオルフィーを疑い、
「あんた、もう私を愛してないんでしょう、それなら又私は黄泉に戻る」
と責め立てる言葉にたまらずに振り向いてしまう。
筋書きが2本用意されていて、そのままエリを失う、
この時のアリア「Che farò senza Euridice?」 
「エウリディーチェ失くして何をしよう?」 この曲に最高の評価を
与える人もいます。
今1つの筋書きはそこへアモーレが現れてエリを蘇らせます。

イタリア・オペラのメロディーの外面的な魅力を捨てて、内面の泉を
美しく湧き立たせた、ということにより革新的なオペラと言われます。
古代ギリシャの彫像のように落ち着いて調和に満ちたオペラ
とも言われます。モンテヴェルディとグルック、
どちらも聴く価値ありのオペラなので是非お聴きになってみて下さい。

グルックはフランス王妃マリー・アントワネットの少女(王女)時代に
声楽を教えていました。後、王妃はグルックの手助けをします。

時に日本でのオペラ初演は1914年。グルックの「オルフェオ」が
森鴎外の訳しで歌われました。確か三浦環さんがエウリディーチェを
歌ったはずです、って言っても彼女の名前知ってる方、
いらっしゃるのかな。

オルフィーが竪琴を携えた姿、あるいは妻のエウリディーチェと共に
歩く姿など多くの画家が描きました。ジョン・ダンカン、レヴィ、
コローなど。
悲劇の最後を遂げた彼の竪琴は天上に飾られ、琴座となりました。
べガ(織姫星 1等星)と共に輝く平行四辺形の星座です。

見てはいけない、振り返ってはいけない、と禁止されているのに
何故見るのかな、と昔は不思議でしたが、その後
何故そういう理不尽な禁止条令を出すのかが不思議となりまして、
これは他者の誠意を試しているのだと自己納得致しました。

イヴも禁じられている無花果を食べた挙句、アダムにも食えと勧める。
同じく創世記でロトの妻が振り返るなと言われていたのに、
ソドムの町を振り返り塩になってしまう。

ローエングリンは妻となる恋人エルザに、決して自分の名前と
素性を尋ねるなと禁ずる。これは理不尽ですね。
氏素性の分からない人と誰が結婚しますか。
このお話はメルヒェンだから、それもありなのでしょうね。




Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR