08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

日本と世界と

季節の変わり目のような空模様で、雲脚が速い
と思っていましたら、サルデーニャで豪雨に洪水。
家々を破壊したサイクロンは「クレオパトラ」と
名付けられました。温帯性低気圧ではあるけれど
フィリピンを襲った台風とは別物だそうです。
16人亡くなったうちの4人は子供だそうです。
まだ犠牲者は出るでしょう。
エンリーコ・レッタ首相が国家的悲劇とし、緊急集会を
開きました。ラツィオ、トスカーナからは600人の
消防士が出動。
Il Corriere della seraと La7協賛で
「Un Aiuto subito」 という募金受付を始めました。

フィリピンの募金受付は
Save the children, 800988810
Unisef Italia, 800745000
Calitas Italiana などがあります。その他
Telecom, Infostrada に直接電話をすると1エウロから
寄付できます。その1エウロは bolletta に付け加えられます。

本当に大変な事ばかり続きますのね。
木曜日に又天候が悪くなるそうです。
川、海の傍の方は気をつけないと。

今夜も又ご紹介させて下さいね。
「少林寺木人拳」サイトで楽しいブログに出会いました。
全て楽しくて興味深いのですが、ここで一つずつご紹介してますと
それだけで3ヶ月位かかってしまいますので、「木人拳」で全て
御覧になって下さい。その中の1つ、「テジョンのぶつくさブログ」
というのです。日本に住んでらっしゃる韓国の方のブログです。
軽妙な文章で、なかなか面白いです。
日本語上手だねって、当たり前でしたね。
昔、友人から借りて、故つかこうへいさんの「娘に伝える祖国」
という本を読んだことがあります。
お母さんのことをオモニというのは憶えていました。
つかこうへいさんのオモニはさっぱりした楽しいオモニでしたね。
テジョンさんのブログも是非お読みになって下さい。

もう1つ、日本の作家の方のブログで「井沢満ブログ」、
こちらも是非お読みになって下さい。
私の知らないことが沢山書いてありまして、例えば
朴クネ大統領のお父様だった朴チョンヒ元大統領(漢字が出ないので
すみません)は貧しい農村の子供で学校に行けなかった。
日本人が来て強制的に学校に行かせた、ところが大統領は成績が
とても良くて日本の先生は彼を進学させ、
東京の陸軍士官学校までも行って勉強し、
卒業式には日本人もいる中で彼は答辞を読んだのでした。
大統領がいかに優秀だったかは分かりますし、それにも増して
日本人の指導者はあの時代に大変教育熱心であり、学問に対して
公平な、冷徹な、高貴な見方をしていたのだと感服しました。

昔「マカロニ」という伊・仏映画がありまして、イタリア人が
アメリカ、フランス、イギリスに移民していた頃のフランスでの
話です。
父がイタリア、母がフランス人で小学生に通う男の子が同級生から
いじめられる、成績がとても良い子だったのですが、外国人だ、
お父さんが下水道掃除の仕事をしている、そんなことを理由に
いじめるわけです。クラスの先生はよく見ていて、怒るわけでもない、
ただ一言「このクラスに持ち込むのはintelligenza(知識 知恵
知性)だけだ」、と鶴の一言、その確固とした声に学童達は
黙ってしまう。
忘れない、感心したシーンです。

で、手前味噌になります。日本人というのは学問に対する純粋さ、
高貴さがあるのではないかしらね。人に依るのかもしれませんが。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR