06
1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

日本と世界と

ブログで政治は書きません主義です。
そう詳しいことも書けませんしね。
しかし只ならぬ緊張感を感じましてね。
最近、日本と中国の話題をイタリアでもよく取り上げています。

中国が防空識別圏を表明したことによりB52が飛び
アメリカのバイデン副大統領が早々に日本を訪れ安部首相と会談、
明日、国家安全会議を、国会議事堂で開始するとは言っていない、
首相の事務所で、ということで特定秘密保護法案に関連したことを
話し合われるのかしらね、
この法案は私は賛成です。ミトロヒン文書のことなども考え合わせ
ますとね。
それから、時間がないのでネットでささっと読んで知ったのですが
自衛隊員のうち、500人は中国の奥様をもらっているのだとか。
本当だとしたら由々しきことかなぁ。
お互いに好きで結婚したのなら、越したことはないのですが。

バイデン副大統領はこれから中国でPresidente Xi Jinping、
近周平大統領と対談へ。

万が一緊急事態発生の際には、日本をお好きな外人の皆様を
強制的にお引き止めして、大使館の方々と共に人質になって頂くことも
一つの手ですよ、なんて怒られるかしら。
兎に角、何事もないといいですね。
天照大御神、聖フランチェスコ、聖アントニオ、そして良寛様にも
ひたすら祈っています。

イタリアのトスカナ州、プラトという町の郊外の工場で2日前に
電熱器が原因の火事が出て中国人7人が焼け死んでしまいました。
繊維工場のロフト(屋根裏)で生活していた方達で、
寒いものだから台所の電熱器を点けたままにしておいて、そこから
火事になり逃げ出せなかったのですね。
子供を連れて逃げた方もいたそうです。
トスカナ州議長が、これは手に負えない、国家レベルの問題と
ローマ(政府)に介入を求め、ナポリターノ大統領、レッタ首相の
出番となったのですが、この事件は単なる火事ではない、

亡くなった方達は密入国者で、工場主(イタリア人)はそれを知りながら
ヤミ労働(lavoro nero)をさせていた。
1日14~16時間、1時間1エウロで働かせていたそうです。
火事で明るみに出ましたが、これは氷山の一角とか。
こういうケースは他にもあるけれど関係者も知っている人も
口をつぐんで喋らない(これイタリア人体質です)

そもそもプラトには1万人の中国人が住み、主に繊維工場で働いています。

15年前に教習所に通った時に若い子達の殆どが中国人でした。
免許取得には滞在許可証が必要なので、彼等はきちんと入国した人達
でしょう。その中の1人の女の子が「これからプラトに働きに行くんだ、
私はイタリアは好きではない、中国に帰りたいんだ」とポツンと言って
いたことを思い出します。

軍事力もGDPも世界2位、強く豊かな国であるはずなのに、
国民は密入国までして外国で働き、外人に理不尽に利用されている、
という事を中国政府は、、、憂慮しないでしょうね。

Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR