11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ベートーヴェン

12月8日が太平洋戦争開戦記念日で、
若い命が真珠湾に散って行った日です。
この日にブログの更新をしたかったのですが、
儘なりませんでした。
国のために一つしかない命を落とした特攻隊の彼等。
特攻隊員ばかりでなく、戦争の犠牲になった御霊が
靖国神社に祀られているのは周知の通りですが、
私に取っては聖域です。
この聖域に何故政治がからむのかな、と、これは
私ばかりでなく多くの方達の疑問でしょう。

米屋さん、シナそば屋さん、ビビンバさん達が何故、
外国の英霊が眠る神社を(彼等はもう、とうに千の風に
なっているかもしれません)
いじくり回すのですかね。日本政府も加わって、皆さんで
いじっていますが、御霊はいくらいじられても
その尊さは変わらない、けがれない。

BBさんのブログを貼っておきますね。
これを読んで・・・泣けました。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/cc165709a6b22d46ddb5674b8d011c0f

BBさんは女性です。まだ全部を読んでいないのですが
司馬遼太郎さんについても書いてらっしゃいまして、
興味深いブログです。

今日は16日、日本ではもう17日ですね。
昨日か今日か、(15日か16日)ベートーヴェンの誕生日です。

イタリア人を悪く言うつもりは毛頭ないのですが、
カール・ベームが「回想のロンド」という自伝の中で言っている
通り、「ラテン系民族はモーツァルトが分からない」 これは
確かにそうです。イタリア人がモーツァルト、モーツァルト、と
騒ぎ始めたのはモーツァルト200年祭から、モーツァルトを演奏すれば
より稼げるという時からです。

その昔はベートーヴェンが重要だったのですが、事実が分かってから
ベートーヴェンを支援しなくなりました。
事実というのは何のことはない。単にベートーヴェンが本当のことを言った。
「イタリア人作曲家には喜歌劇が向いている」 ロッシーニには
「悲劇は書くな」と真っ当なことを言ったことにより、
もう、10数年もベートーヴェンに冷たい風が吹いています。

大分前のことですがスカラの幕開けが「フィデリオ」だった、
招かれて来ていたベルルスコーニかプローディか忘れましたが
確かフィー二なぞもいたのでしょう。
初演にベートーヴェンをやったということで機嫌を悪くした彼等は
オペラ終演後、リッカルド・ムーティの所に挨拶に行かなかった、
というお国柄というか、音楽も政治のうちなんですね。

始めはあまりにベートーヴェンを目の敵にするので腹が立ちました。
あからさまに貶めるのではなく、上手に反ベートーヴェンに先導するという
具合で、音楽誌を読んでもラジオを聞いても、今では「ああ、又か」
と苦笑しています。
しかし、その割にはベートーヴェン・コメントは多く、最近でも
RAI 3で彼のピアノ・ソナタの解説を詳細に分析しつつやっています。

勉強している人達は勿論ベートーヴェンの偉大さは分かっていますし、
そもそも音楽史上からベートーヴェンが消えたらどうなりますか。
私に取っては火が消えたようです。

で、私の愛猫はベートーヴェンという名前です。






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:こちらこそ、 どうぞよろしく!

tontonさんへ

ご訪問有難うございます。
気楽にお立ち寄りになって、お好きなことを何でも
お書きになって下さい。
大歓迎です!
もしもサイトをお持ちでしたらリンクさせて下さい。
持ってらっしゃらなければ掲示板代わりに、ここを
お使い下さい。
自分のブログを開けない日も結構あるのですが
遅くなっても返信させて頂きます。

         ミルティリおばさん



よろしく&お元気で!

こちらでは「お早うございます」ですが、そちらでは?
ミルティリおばさん 様、ご丁寧なお返事をありがとうございました。

お好きなことを何でも・・・なんて、何とお優しいお言葉でしょう。
大歓迎です!とも・・・本当に嬉しくお返事を拝見しました。
サイトを云々とのことですが、そんな洒落たことなど何年学ぼうとできっこない、そんな能力の欠片すらないおしゃべりだけが(それもクダラナイことばっかりね^^)お得意のtonton☆おばさんなんですよ。
これまでこういった場所に書き込み自体、殆どしたことがありませんでしたが、ミルティリおばさん (以後、敬称略でよろしいですか?)とは何故かお話してみたいな~、って思いました。
こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

早速ですが、ちょっと抱え込んでいた問題がこじれてしまって、とうとう弁護士さんにお願いすることになりました。
考えてみれば、もっと早くにそうしていた方が良かったのかも・・・とも。
ミルティリおばさんとお話できることを楽しみに、この難関?を何とか乗り越えたいと思っています。
そんな訳で気分的に落ち着きませんので、とっても残念ですが、この問題が片付くまでちょっとお邪魔できないと思います。
できるだけ早い解決を・・・遠い遠~い異国の地にお住まいのミルティリおばさんも、お時間がお有りの時にでも祈っていただけたら嬉しいです。

そちらの冬の冷え込みも厳しいのでしょうね。
ミルティリおばさん、お風邪など召しませんようにお過ごしくださいね。
では、いずれまた・・・どうかお元気で!

Re: tonton☆さんへ

今日は! 今、午前の11時10分です。
日本では夜の7時10分ですね。
あの、敬称などはお使いにならないで下さい。
様なぞ私に付いたら汗をかいてしまうので。

人様もなさるブログというものを
少しずつ書いて、少しの方達のために、
少しでも面白ければ(おこがましいですね)
と思って始めました。能力の欠片というと
汗をかいてしまいますが、少しずつ
長く続けられればと思っています。

師走でお忙しい時季に難しい問題が
おありになるのですね。
何のお力にもなれませんのが残念ですが、
より良く事が進みますよう、お祈りしています。
聖アントニオ、聖フランチェスコ、良寛様、
親鸞様にも力を込めて祈ります。
宗教くさいですが、クリスチャンではないのですが、
聖アントニオはとても力になってくれます。
祈っていますよ。
良く事が運んで1日も早く困難を乗り越えられますように。

落ち着かれたら、ゆっくりいらしてお話して下さいね。
良いお年をお迎え下さい。
tontonさんに取って、すばらしい年になりますように!
          by ミルティリおばさん


Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR