06
1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
23
24
25
27
28
30
   

クラウディオ・アッバード

安倍首相のダボス、もう一つ貼り付けますね。
この間のファイナンシャル・タイムスのイタリア語訳版です。

http://www.lantidiplomatico.it/dettnews.php?idx=76&pg=6731

安倍首相とハッサン・ロウハ二、2人の指導者はダヴォス参加者の中で
際立った存在でした。2人は改革をもたらす人物として注目されました。
概ね達成された彼の経済改革と政策目標をMr.Abeは熱く
エネルギッシュに語りました。

引き合いに出した第一次大戦前のイギリスとドイツの例は、
彼の観察が好戦的なのではなく、戦争は万人に取って悲劇だという主張です。
中国と韓国人記者が過去の日本帝国と靖国訪問の件を質問をして
首相は彼らを説得し得なかったけれど、

閑話休題

バカの一つ覚えのように繰り返す質問に答えるのは、もう
げんなりと疲れませんか?

ドイツのすごさはイタリア人は百も承知で、実はドイツ国政、国の後を
追いかけたい、追いつきたいというのが本音です。
(ドイツにも問題は少なくないと思いますが)
しかし出来ない、メンタリティーが違い過ぎる、ということです。
ヒットラー、アウシュビッツ、とバカの一つ覚えのように繰り返すわけ
ですが、嫉妬でしょう。よく疲れないなぁ。

しかしイタリア人はバカではない(昔、バカだと評判になったことが
ありますが)これは、おばさん猛反撃をします。
一党独裁ではないし、他人の嫌がることに敏感ですし、そこから来る
礼儀正しさがありますしね。

で、安倍さん、中韓を説得出来なかったけれど、しかし彼が講演した
WEF ダヴォスは成功でした。
日中関係はイラン・サウジアラビア間と似ていて緊張状態にあるのだそうです。
昨年8月に大統領就任したハッサン・ロウハニは経済急成長政策、イランの
若者たちの生活向上を掲げた。
シリアのテロリスト、アサド政権を問題視し、イランの核開発計画を
世界は認め、平和のための核をロウハニ大統領は強調しました。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR