08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ガリレオ・ガリレイ

「科学の認知は始めから終りまで体験による」
アインシュタインの言葉です。アインシュタインは
ガリレイの大ファンでした!

ガリレオ・ガリレイ(1564~1642)ピザの生まれで
ピザ大学で数学を教えていました。
ヴィンチェンツォ・ガリレイ、彼のお父さんです。
マドリガーレの作曲家です。もしもヴィンチェンツォ・ガリレイ
という名が音楽の本にあったら、あ、ガリレオのお父つぁんだ!
と思っとって下さい。
ミケランジェロ・ガリレイは彼の兄弟でリュート奏者でした。

地動説は紀元前からあったのだそうで、ニコラウス・コペルニクス
(1473~1543 現在のポーランドの地に生まれました)
彼も又地動説推奨者でした)
地動説でガリレオが有名なのは、当時教会で固く信じられていた
天動説に異を唱える形となり、宗教裁判で頑強に言い張り、
裁かれ有罪となり、監禁(投獄)されてしまいましたので。
でも出獄はしたわけです。

「わしの使ってるのはハイテクじゃ」なんて最新式望遠鏡で木星、
木星(Giove)とその衛星(Satellite)を発見しました。
衛星の第二母音のeにアクセントがあります。

イタリアで彼が無罪となったのは1992年、
ヨハネ・パウロ二世教皇様が教会は間違っていたと発表。
400年の後やっとガリレオは報われました。
Meglio tardi che mai
遅ればせであっても何もしないよりはいい。

Eppur si muove...
「しかし、やはり地が動いている」
この有名な台詞は後から誰かに付け加えられたのだそうです。
それ程彼は頑強だったのでしょう。というか科学者の事実に対する
情熱!ですね。
小保方さん、拍手をお送りします。

今日ではネコでも知っている常識が500年前には教会の頑迷によって
歪曲されてしまっていたのですね。
日本のメディアを連想したり致します。

イタリアも歪曲する所がありますけれど、それは愛国のための曲折であり、
決して自国を貶めるためではない。
インドロ・モンタネッリが歴史書を出版した時に、
「ローマを造ったのは決して偉大な特別な人間達ではなかった、
自分達のような人間だったんだ、ジュリアス・シーザーは若い頃に
相当な悪党で女に目がなかった」といったことを書いたら読者からの
手紙が山積、「国賊!」「売国奴!」と来たそうです。
イタリア人は愛国心で溢れていますのね。

私はこのブログではないですが、イタリア語と英語でこれから少しずつ
微力ではありますが
日本の変形させられた部分について発信して行こうと思います。
BBさん経由で高橋富代議員のブログなども読んでいます。

今晩からサンレモ音楽祭が始まります。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR