05
1
3
4
5
7
8
9
10
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

パパ・フランチェスコ 韓国でのミサ

バチカンが25年ぶりにアジア訪問をしました。
韓国で、1791~1888年に殉教した124人のカトリック信者の
列福式、そしてセヴォル号の犠牲者のためにミサを挙げました。
韓国でのミサのタイトルは「平和と和解」
ソウルには100万人のカトリック信者ばかりでない、様々な宗教者が
アジア各国から集まりました。

教皇の一つの目は青年達に、もう一方の目は中国に
向けられています。中国には2度、行きと帰りの中国上空を
飛んでいる時に国家主席に手紙を送ったのだそうです。
習さん、何気に社交辞令に則っていましたが、中国では韓国への
出国を緩めなかった、そうです。

教皇は身障者やダウン症の子供達が住む「希望の家」を訪れました。
そこで教皇様はみんながするように靴を脱がれたそうです。
「夕べのミサ」もほかって、そこに長居しました。

韓国の若者たちが北朝鮮を敵対視する態度、教育を受けて
いることに驚き「分かれているが同じ家族じゃないか、同じ言葉を
話すのじゃないか」と悟し、若者達に「Wake up, wake up!」
「目覚めよ!」と繰り返しました。

嘗てドイツも2つに分かれていました。ドイツよりもこちらの方が深刻に
見えます。確かに国内が2つに分かれているのは大問題ですね。
呑気に慰安婦像など建てている暇はないでしょう。
当しく「目覚めよ!」です。

http://www.repubblica.it/esteri/2014/08/18/news/papa_francesco_riconciliazione_per_il_popolo_coreano_e_un_futuro_di_attenzione_per_i_pi_deboli-93989906/

沢山あるローマ法王韓国訪問の記事の1つです。
大見出し、写真の下の太目で書かれている所に
”第二次世界大戦中に日本軍を癒すために日本人に
性奴隷にされた慰安婦達に会った”とあります。
記事の中にも、「カトリック教会が教皇に会せようと、幾人かの
慰安婦を連れて来た。パパも承諾して、祭壇に向かう途中
(つまりミサが始まる前ですね) オルガンの響きの中、彼女達を
抱き寄せた」とあります。パパではなく、記事を書いた側に問題あり
ですね。

全ての根源は日本の新聞社。どこの国でもこんなバカなことは
あり得ない。どこの国だって自国の恥は隠すのに、真実ではないことを
捏造してまで海外に普及する。

長谷川町子や松本清張が今、生きていたら何と言うでしょう。
共産党だった清張さんもさすがに呆れ果てるでしょうね。

ローマ法王の記事なのに話がずれてしまいました。
ローマ法王=教皇=パパ 同じです。
教皇様はアジアに近親感をお持ちで、ベトナムとは連立しているそうです。

追記です
突如として、姪御さんとその御子さん(甥御さん2歳と0歳)を
亡くしてしまったパパへ、 御悔やみ申し上げます。
そして広島、土砂崩れの災害に遭ってしまわれた方へ、
萬の言葉で足りませんが御悔やみ申し上げます。



No title

ローマ法王、韓国から「内政干渉」と恨まれましたね。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41529?page=3

Re: Alla Bella Signorina Bella

ご訪問有り難うございます。
Urlも、どうも有り難うございます。
時間があると、ベッラさんの所にお邪魔に伺ってます。

BBさんのコメント欄で見つけました。
http://press.vatican.va/content/salastampa/it/bollettino/pubblico/2014/08/19/0585/01294.html

空さんという方の投稿です。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/fe20d23a95839b70bf4147952d663302

教皇庁会報です。
http://press.vatican.va/content/salastampa/it/bollettino.html

今、夜中です。ベッラさんのクライン先生の動画など
見せて頂こうと思います。

Re: Alla Bella Signorina Bella

もう一つ、
https://twitter.com/Pontifex_it

Twitter a Papa の所にお好きなことを
ツイートできます。
このサイトを今度記事欄に貼り付けますが、
バチカンには日本人神父様、シスターもおいでですから、
日本語で書いても大丈夫、訳してもらってパパに伝わります。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR