06
1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

松若麿 親鸞

「なにごともこころにまかせたることならば、往生のために千人
殺せといわんに、すなわち殺すべし。しかれども一人にても
かないぬべき業縁なきによりて、害せざるなり。わがこころのよくて
殺さぬにはあらず。また害せじとおもうとも、百人千人を殺すことも
あるべし」
親鸞聖人(1173~1262)が生きたのは貴族から武家の政権に
変わった鎌倉時代の初期、不穏な時代でしたので、
あり得たことですが、今でもあり得ることですが現代でこういう事が
起こったら一大事です。

ヨーロッパでは死刑はありませんが、これは今まで散々惨いことを
して来たための反動だと私は見ています。
日本には死刑がある、と言うと、イタリアにも必要だ、と言う人が中には
います。
人権尊重を謳うなら、先ず被害者の人権を考えるべきだと思うのです。
被害に遭った方達の身になる事が最重要ではないですか。
残念ながら当然ながら私は死刑肯定論者です。
「罪と罰」のようにやむなく殺害してしまった、という事件は今日では
少ないでしょう。

「凡夫というは、無明煩悩われらがみにみちみちて、欲も多く、いかり、
腹立ち、嫉み、妬むこころおおく、ひまなくして臨終の一念にいたるまで
とどまらず」
恥ずかしながら身に詰まされます。
外の世界のことではなく自分の内なる世界です。
「罪業もとより形なし 妄想転倒のなせるなり、心性もとより清けれど
この世はまことの人ぞなき」
と、納得します。それで
「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。」
と、希望を持つわけです。私個人のことです。
内面世界のことなので、これを人間が生きるための秩序である法律と
結びつけるのは理不尽です。

「安養浄土の荘厳は 唯仏与仏の知見なり究竟せること虚空にして
広大にして辺際なし。本願力にあいぬれば むなしくすぐる人ぞなき」
と、信仰をいよいよ深めます。
「宝林宝樹微妙音 自然清和の伎楽にて、哀婉雅亮すぐれたり
清浄楽を帰命せよ」
という音楽が気持ちの底に染み透って来ればなぁ、と耳を澄ませたり
してみます。

破闇満願 はあんまんがん 
 光が無明長夜の闇を破り、衆生の願を満たす。願いと言うのは
 私の個人の都合による願いではなく阿弥陀如来の願い、
 則天去私、生命の法則に適った願いです。
 ゲーテが亡くなる前に「もっと光を!」と言ったのですが、
 この場合の光、を未だに良く把握出きません。
 あるいは聖人と同じ意味合いでの光なのかもしれません。

親鸞聖人 田植え歌
 五劫思惟の苗代に 兆歳永劫のしろをして 雑行自力の草をとり
 一念帰命の種おろし 念々相続の水流し 往生の秋になるぬれば
 実りを見るこそうれしけれ

お百姓さんと共に田畑仕事をなされた聖人、禅は武士の仏教で
浄土真宗は農民の仏教と言われました。


Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR