06
1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
23
24
25
27
28
30
   

シェエラザード

世界三大奇書というのは、どの本を指すのか明確には
限定出来ないのですが、「千夜一夜物語(アラビアンナイト)」は
中国の金瓶梅と共に奇書と言われます。
10世紀以前から書き始められ、何世紀にも渡って、何人もの
書き手によって書き継がれた膨大な文学です。
インドで書き始められ、ペルシャからアラブへ移行し、
舞台はペルシャ、シリア、エジプト、イラク、ギリシャ、中国にまで
及んでいます。

物語は、もうご存知かもしれません。
インドと中国を支配するシャリアール王が妻に裏切られ(不倫され)
女性不信どころではない、女性虐殺を始めます。夜な夜な娘を
伽にして、その翌朝には彼女等の首を刎ねる、これが3年続きます。
途方に暮れる大臣達、
そこに現れたるはシェラザード、1人の大臣の娘で
姉妹で王のもとに自ら進んで赴きます。
寝む前に毎晩、王に手創りの物語を聞かせます。
子供が寝る前にお母さんが童話を語って聞かせる、あれですね。

才色兼備、話術の巧みなシェラザードは、毎晩物語を聞かせますが
その話はいつも最後に終わりにしない、続きは明日のお楽しみ、
ということで物語に惹き込まれた王様は
「明日もこの話を聞くんだ!」と、
首を刎ねるのを1日延ばし又延ばし、
とうとう千と一夜が経ち、シェラザードは王の妃になりました。

物語中の物語、小説の中での小説、劇中劇というこの手法は
シェイクスピア、ボッカッチョ、ピランデッロに受け継がれました。

ロシアの作曲家リムスキー・コルサコフ(1844~1908)が
1888年に、この物語に作曲しました、交響組曲「シェエラザード」です。
第4楽章まであり、第1、第4楽章は海の描写です。
ドビュッシーは海が大好きでしたが、リムスキー・コルサコフも又、
海に関わりが深かった。若い頃に海軍士官として地中海を遠洋航海し、
海を愛していました。海の描写以外は、
シェラザード中のどの音楽が、どの場面に当たるのか、
というのは定かではないです。あ、ここでシェラザードが現れたな、
と感じる音楽もあります。


https://www.youtube.com/watch?v=SQNymNaTr-Y

少々長いけれどお聴きになってみてください。名曲です。
そしてこの曲、特にシェラザードという女性が、
ベッラさんに重なります(お世辞で言ってるのでないですよ)
優美で聡明、かつエネルギッシュ、
溢れる力で王様の(政治を)動かす原動力になってください。

リンクさせて頂いている三平太さんが、時折、腰痛に悩まされて
います。ベッラさんもどうぞお大事に。
colpo di strega 魔女の一撃、魔女の一打ち、と言われていて
苦しむイタリア人もいます。
無理なさらずお大事に。
Auguri, Signorina Bella!

 追伸です、ベッラさん、
 身体を温めると良いです。踵を伸ばして片方ずつ、もう一方の脚で
 足の裏をマッサージなさってください。
 手でマッサージする場合には、左手の親指を下にして親指を重ね
 足の裏を指圧なさってみてください。ご存知かも、ですが
 身体を温める効果があります。
 




感謝しております。

すっかり舞い上がってしまって、私のブログに転載させていただきました。調子に乗ってすぐに舞い上がる私です。
でも、今の私にはとても慰めになります。
腰痛は治りました。ありがとうございます。
でも忘れたころにまた腰痛になってはいけないので、お教えいただいたことをありがたく思います。
アニタ・チェルクエッティのソプラノ、私も大好きです。

お疲れ様でした

コメント、どうも有り難うございます。
コメントは大変少ないので、
いつも目を通さないのです。
記事を書き終えてからコメントに気が付きました。

今は鋭気を養われ、来年に向けて
益々ご清栄なさってください。
議員さんの方達もきっとベッラさんに
感謝なさっています。
ベッラさんがいらしたことで事務所も、きっと
花やかでしたのでしょうね。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR