08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

愛、それは

この数日、Matrimonio gay 同性の結婚でイタリアが、

特にローマが喧しかったです。
市長は同意、知事は反対、と。
これも私とは関係ないことなので、勝手にやってくれ、と
思うわけですが。
結婚しなくても愛し合えるじゃない、しかし、そんなに
結婚したいなら周囲が反対することもないでしょう、
と思うのですけどね。

男女間だとホルモンが引きつけ合って、くっついた(結ばれた)
関係を大方、恋愛関係というのですけれど。
同性の場合にはホルモンの引きつけ合いがないから、
その分、純粋な愛情なのかな、とも思います。

勿論ソーニャとラスコーリ二コフのような、「狭き門」のような、
ゲルトルート「春の嵐」のような、ああいった恋愛も現実に
あると思います。

他人事ながら解せないのは、女同士、男同士で、
どちらかが女装(女性っぽい)、男装(男っぽい)の場合が
ありますでしょう。あれは男女の模倣ではないですか。
男女の枠を超えられないのではないですか?

昔、美輪明宏さんの「紫の履歴書」という自叙伝を読みまして、
内容を憶えていないのですが、綺麗だな、と感じたことは
憶えています。

福永武彦さんの「草の花」、お若い頃の、青くさい頃の作品とは
思いますが、彼は実際、学校で後輩を愛したことがあるのでしょうね。
愛した男の子に指一つ触れませんが、肉体的である愛情を
抱いたのでしょう。
反対にヘルマンがハンスに(車輪の下)口づけしても、肉体的な
愛情はヘッセからは全く感じない。ナルチスとゴルトムントは確かに
愛し合っていますが、精神の領域のものです。

1組の恋人同士の男性と知り合いました。2人とも初老です。
格別美しい人達ではないのですが、一緒に暮らしていて、とても
仲が良い。仲良きことは美しきかな。2人で助け合っていて、
気が合うのがとても良く分かります。
男女に対して分け隔てなく細やかな思い遣りのある人達で、
まあ、そんな彼等と出会えたのは、私に取って運が良かったのでしょう。

愛情とは人間性で、究極、人間を如何に愛せるか、
それは人間の崇高性である気がします。



Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR