10
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

アニータ・チェルクエッティ

イタリアのソプラノ歌手です。
この10月11日にペルージャから天国に召されました。
83歳でした。彼女のことを書こうと思っていて、
時間が過ぎてしまいました。

チェルクエッティが活躍したのは10年と少しです。
心臓が弱く舞台にあまり立てませんでした。
知る人ぞ知る、日本であまり知られてはいない歌手でしょう。

素晴らしい(凄まじい)声です。粗末な録音時代でも、
あれだけ聴かせてくれるのです。
カラスもテバルディも吹きとんでしまう声です。
カラス、テバルディ共、素晴らしいですよ。
ただ、チェルクエッティの前ではテバルディはビブラートが
効きすぎ、カラスはファルファッラが多すぎです。

ファルファッラ(蝶のことで、蝶が舞う時のように揺れる声です)
名指しで申し訳ないです、美輪明宏さんが、「愛の讃歌」を
お歌いになる時の、あの声がファルファッラです。
「よいとまけの歌」には泣けますが、「愛の讃歌」は甚だ
聴き苦しいです。生き方は私など及ばない、
人生の重みから来るお人柄が感じられますし、あの上に
三島由紀夫拝でなければ、もっと佳いのだけれど。

チェルクエッティとその前の世代の歌手は、
ロッテ・レーマン(ドイツ人)などもね、すごい声でした。
現代ではイタリアの女の子達、ダイエットしているので、体力も
声も落ちています。
チェルクエッティは、「ノルマ」が素晴らしかった、今、声を区分けすると
ドラマチック・ソプラノになるそうですが、ドラマティコ、リリコ、何たら
という分け方はカラスとその後に始まりました、現代の歌手に、昔の
ような声を求められない、恐らくイタリア歌劇場の苦肉の策でしょう。
オーケストラの指揮者もね、今でこそ中々なスターですが、昔は、
ポスターに指揮者の名などはなかったそうです。

Casta Diva 清らかな女神、オペラ「ノルマ」の中の、
イタリアで一番人気があるアリアです。
チェルクエッティさん、私は貴女にこそ名付けたいです、
イタリアの最後の「ノルマ」 と。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR