10
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ナルチスとゴルトムント その2

マリアブロン修道院の入り口の、2本の円柱に支えられた
半円形アーチ、そのすぐ脇に1本の栗の木があった。
昔、南国からローマ巡礼者が持って来た木だ、
という書き出しで始まります。
時は中世、舞台はマリアブロン(聖母の泉)修道院です。
そこに際立つ2人の人物がおりました。
年老いたダニエル修道院長と見習い僧のナルチスです。
ダニエル老院長はあふれる善良さ、天真爛漫さ、謙虚さから
全ての人に愛され、誰一人敵対する人がいませんでした。

引き締まった口もとの、若く美しいナルチスは
ギリシャ語とラテン語に秀でた天才少年でありました。
その有能さと知性を買われ若くはありましたが
助教師を務めておりました。高貴で、
些か高慢でありましたが、自制しており
宮廷風な作法を身に付けておりました。
その辺りに反感を覚える人達もいたのですが、
彼の美しさと知性は多くの人達から愛されておりました。
verlieben という言葉を使っていますがね、
イタリア語だとinnamorarsi,
訳すのに困る所でしょうね。多くの人達から
惚れ込まれていた、熱愛されていた、ということになります。
恋されていた、が当たってますが日本語で
ちょっとおかしなニュアンスになりますでしょう。

他の教師と論争になることもあるナルチスは
ダニエル院長の取り成しで丸く治まったり致します。
そんなこんなの生活の修道院に、ある日父さんに連れられて
ゴルトムントがやって来ました。
ゴルトムントという名は些か長いのでムントとさせて頂きます。
おばさん、13,4歳の時には金髪のムント君は
ウィーン少年合唱団の様なのだと想像していましたが、
中世ですものね、もう少し長めの髪形でしょう。
馬を栗の木に繋ぎながら、
「こんなに美しい木を今までに見たことがない!」

最近、又読んでみますと何故か昔好きだったナルチスよりも
ムント君を可愛いなぁ、なんて思います。

続きは次回に。早くお会い出来ますように。




No title

なんか文学的です。ゆっくりと読むにはちょうどいいです。
続きが楽しみです。
そう、翻訳できない言葉って多いんですよね。
翻訳するくらいなら、そのまま味わったほうが簡単です。
直接覚えた場合には、翻訳が見つからずに呆然としたりします。

ところで、ラーメンの横のはチャーハンではなくって、「葱油鶏」です。
蒸し鶏のねぎソースかけ。
これ、こんなにおいしいのはこれが初めてでした。
味を細かく、繊細な心配りが料理に反映するのは日本特有です。
これと沖縄特有のオリオンビールがよく合いました。
思い出しただけで、また食べたくなってしまうほど。
帰国したら台湾より遠くなってしまうのですが、また行ってみたいです。

Re: No title

葱油鶏ですか、美味しそうですね、
是非、食べてみたいです!
剣花、成龍拳での最後のジャッキーは
蛇鶴八拳に似てますね。
ジャッキーと女の子の愛がテーマなのでしょうか。
ジャッキー、意外にラブシーンが似合いますね。
幻想的なメロドラマに見えますがね、
イタリアでオペラをメロドラマとも呼び、
日本での言われ方とニュアンスが違いますです。

も1人のお姉さんはちょっとコワい(-_-;)
トゥーランドットを思い浮かべました。
3つの謎を解けなければ求婚者を斬首にするという、
即天武后の子孫というか、
中国の女性は美人で残酷というイメージがあるのは
私だけでしょうか。

人魚のお話には笑いました(^_^.)

No title

この怖いおねーさん(徐楓)は、ジャッキー以前のカンフースターの大御所だった人です。たぶん、売れないジャッキーを売り出そうとローウェイが借り出したんでしょう。
劇中では、ジャッキーの父親に一家を皆殺しにされ顔に傷をつけられた、いわば仇敵。ところが、敵であるはずのジャッキーを愛してしまうのです。しかし、ジャッキーには別の女性が。その女性が囚われの身となり、ジャッキーは誰にも気を移さずひたすら彼女を求めます。しかし、徐楓はかなわぬ恋と知りながら、まったく見返りを求めない愛情を注ぎ続けるのです。途中、重傷を負ったジャッキーの命を救えないと嘆いて流す涙が美しい(打算のない純粋な愛情の涙ってすばらしい)。
公開当時は、かなわぬ禁断の恋に心を痛めながら無償の愛情を注ぐ徐楓がジャッキーを食ってしまい、すっかり風采をさらわれたとの評判でした。純粋な相とは見返りを求めずただ与え続けるもの......と言うのが大きなテーマとなっており、明るくはないのだけど(結構オカルト入ってる)やっぱり中国的で見ごたえのある作品なのです。技術的に稚拙な部分はあっても、こうしたところは娯楽一辺倒のハリウッドアクションとは明らかに違うところ。私はそんな中国風の映画や話がすきなのです。

Re: No title

無償の、無条件の愛、に行き着きますのは、
やはりナルチスとゴルトムントもそうです。
最後を話してしまうのは些か興ざめですが、
苦節、幾多を乗り越えたゴルトムントが
ナルチスの許で死に際に「母なくして
私達は死ねない」と語る、母には色々な解釈が
ありますですが、やはり無償の愛、
でしょう。ゴルトムントの最後の言葉は
ナルチスの中で火のように燃えた。
これで小説は閉じられます。

又2日後に「剣花煙雨江南」を見てみます。

Re: No title

数回に分けて又、見ています、成龍拳。
やはりジャッキーと女の子の愛がテーマの
ような気が致します。
シューフォンさんは重要ですが、
恋人の女の子がいないと殺伐としてますね。

シューフォンさんを他のサイトで
見てみました。プロデューサーになったのですね。
「さらば我が愛、覇王別姫」のプロデュースは
彼女がしたとか。そう思って見るせいか、
彼女は花、艶のある女優というよりも、知性のある
方に見受けられます。

「覇王別姫」は十数年前に受賞直後にこちらで
放送しました。この映画も又、中国風なのでしょうか、
所々に忘れない(美しい)シーンはありますが、
幼児虐待(に見える)と、延々と続く長時間は
私にはきつい。(御免なさいね、ファンの方)
でもシューフォンさん、受賞なさって良かったね。

プロデュースは裏で表を支えると言うか、表の花を
咲かせる仕事、こういう裏の仕事(プロデュースに
限らず)をしている女性はすごいね、心から
尊敬致します。

冒頭の花火がきれいですね。
日本はこれから花火が沢山見られますね。
日本のは美しい、イタリアのは危険がいっぱい。
ウンブリアジャズで、スティングなどが来ています。

No title

日本公開版ではあの花火ではなく、アクションのハイライトをバックにカッコいい主題歌が流れます。
youtubeで見ることができます。
日本版の主題歌はどれも大好きです。

実は、台湾で見る日本のドラマやテレビ番組は本国で見るよりも面白いです。同じように、カンフー映画も日本公開版のほうが面白いのです。
理由は、本国人が当たり前に感じていることを別の視点から見られるからです。そうすることで、より多角的で新鮮な感じが味わえます。

Re: No title

成龍拳の主題歌は聴いてみて、あぁ、
これだなと、何となく知っていました。
花の仮面を付けた何ともきれいな強盗団ですね。

今朝はちょっといい事がありました。
いつもの様に朝早いおばさんは入り口の脇に
ラベンダーの花束を見つけました。
贈り主は分かってるの、近所のおばさんです。
滅多に花なぞ貰わないから必要以上に喜ぶ私。

書きたい事がどっさりあるのですが、
日ばかり経ってしまって。あっ、と言う間に
ヨーロッパ・カップもウンブリアジャズも
終わってしまいました。オリンピックが
始まりますね。

狐さんのお話 山の中の、
 一人暮らしのお爺ちゃん(お婆ちゃんだったかな)
 孫に貰ったハーモニカを吹いていると、
 庭の向こうでハーモニカの音がする、見ると
 やせた子狐が吹いてるの、爺ちゃんが行ってみると
 子狐は逃げてしまって錆付いたハーモニカが
 そこに落ちていた、爺ちゃんは自分の新しいのと
 取り替えて、そこに置いといて上げました。
 朝、行ってみると、ハーモニカはなく
 朝露に輝くりんどうの花束がそこにありました。

 作者不詳、日本のお話に間違いないですね。

 ジャッキーに贈るなら、やっぱり薔薇の花ですね。

No title

いい話ですね。
ごんぎつねみたいにかわいそうな話じゃなくて良かった。

ごんの話は小学校の時に読んでかわいそうだと思い、中学校の教科書に出てきた時には教師に感想を聞かれ「もう聞き飽きた話だから何も感じない」と冷淡な返事をした私。
しかし大人になってみると、かわいそうで仕方なくなるのです。
経験の違いが同じ物語でも見方を変えるのですね。

だから、弾が外れてごんが生きてるバージョンを勝手に作って脳内再生してるのです。

Re: No title

先生への冷淡なご返事が脳内再生への原動力と
なっていますのでしょうね。

狼王ロボは最後に亡くなってしまうのですが、
ディズニーは小説再生して映画で生かしていますよね。
それだけでも偉大なディズニー。
最後はやはり気持ち良く締め括るお話が好きです。

東方異人様、「フランダースの犬」もリメイクして下さい。
私もあれこれ考えてみたのですが、
ストーリーテラーの才にちょっと欠けますので。

「続 少林寺36房」を区切りながら見てまして
好きですよ、こういうのも。

No title

奇遇です。ディズニーの狼王ロボは、親に連れられて見に行きました。
正直、感動しました。
それで、原作を読んでショック!!!!!!だったのです。
絶対、本がいい加減に書いていると信じていたかった少年の日。
それでも、ロボが尊敬すべき対象であることは変わりません。
実は、私は飼い犬も尊敬しています。犬を尊敬する人間ってそんなにいないのかもしれないけど。
なにせコイツは、自分より小さい犬とか猫とか人間にはいじめられても決して手を返さないのです。じっと我慢するだけです。自分より強い犬にはあっさりギブアップ。だけど、飼い主を守る時だけは勇敢に立ち向かおうとするのです。人間で、こんなに立派な人ってほとんどいません。自分のことならあっさり面子を捨て、弱いものはいじめない。だけど、誰かを守るためなら勇敢になる。動物病院では、猫を連れてきて心配そうにしている飼い主の横に歩いて行って、手を舐めて慰めたこともあります。弱いものいじめはせず、かわいそうな人には同情する、本当に心のキレイな犬なんです。
別に教えたわけでもないのに、こんなに立派。まさに男の鑑です。飼い主にとっては鼻が高いのです。
フランダースの犬は、よく知りません。今度見てみます。なんかやっぱりかわいそうな話なんですよね。人間は傲慢で、実は狼は一生伴侶を変えないし仲間も裏切らないのに「オオカミ」とはずるくて人を騙す代名詞に使ってる。本当は、狼ほど高潔で誇り高い動物はいないのに。

Re: No title

犬は飼い主に似る、と言われます。
この近所にもワンちゃんが多くて、
ニャンコよりもワンコの方が多いです。
ワンちゃんは、見ていて思いますに
飼い主によく似ています。
よく吠える子、人懐い子、お茶目な子、
大人しい子、と。

熊熊様はきっと東方異人様と似ているのですね。
聡明で男気のあるワンちゃんですね。
お会いしてみたくなります。
ワンニャンは人間のいい(無二の)友達です。

狼、狐から見たら人間はド怖ろしい生き物でしょうね。
毛皮コートにされてしまうし。
娯楽のために標的にされて来た。標的にした人達が
何をゴタゴタと鯨のことをぬかすかと。
日本人は獲った鯨達に名まで付けて祀っている
ではないですか。

人間は狼や狐の敵でしたが、狼が好きで彼等の中で
暮す西洋人もいたりして人それぞれなのですが。
ロボに憧れて狼と暮らし始めたのかもしれませんね。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR