06
1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
23
24
25
27
28
30
   

アメリカよ、日本を打つならまず自らの手を清めよ

Mayflowerさんの修正文、翻訳文です。
引き続き、又、お願いしますね。
次の翻訳の分も、ここに貼らせて頂きますね。
お忙しいお仕事の中、大変だとは思いますが、
ゆったりとお仕上げください。
あなたの英文が出きるまで、更新せずにお待ちします。
そうすれば、皆さんがこのブログを開けてくださった時に
(あまり多くはないでしょうけれど)、
高橋議員の論文と、あなたの英訳を
いつでも真っ先に読むことが出き、
お披露目と拡散のお手伝いが出きるかと思います。

どうも有難う。
Thank you very much for your job.

  アメリカよ、日本を打つならまず、
   自らの手を清めよ

<"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo

The United States blames Japan for “Comfort woman”,
Is that fair?
This essay is a requiem for many Japanese women who became victims of sexual desire of American soldiers.
By Takahashi Tomiyo, a city council member of Shimoda-city, Shizuoka            

I was born and raised in Shimoda, which was visited by American black ships at the end of Edo Period. I had familiarity to America since I was a child, for I saw Kurofune (black ship) festival every year. The sight of black ships in the festival in Sagami Bay was something so impressive to a little girl. In my memory, America appeared sometimes as a sailor, sometimes as an ambassador.
I grew up to know that the Pacific War had been cleverly set by America like a mean trap. Even though I still had longing for the US.
I suppose many Japanese people had similar impression about the US through its movies and dramas.
“The United States of America, the country of justice, rich and promising!”
But such feeling of mine suddenly collapsed.
It was April 25, 2014 when I heard what the President Obama said at a conference with President Park Geun-hye in Seoul that my one-side love to the US was over.
“It was an extreme violation of human right”, President Obama started. “The right of the Comfort women should be respected”. ”Japan should admit the past honestly and justly”.
He blamed Japan and even added, “The Prime Minister Abe and Japanese people must have known that.”
It is the US National Archives that keeps the US Army’s examination record in 1944 to 20 Korean comfort women. It was written on the preface of the archives, “Comfort women are just prostitutes (Professional Camp followers) “.
To President Obama, the truth is meaningless. To take part with Korea and insult Japan is as easy as slapping a mosquito!
When Prime Minister Abe visited Yasukuni Shrine, President Obama said he was “disappointed”. I had already felt uneasy at that time. The United States, which opened the court of Tokyo Trial, couldn’t have been ignorant what “class A war criminals” really were.
In short, they were made-up crimes.
(to be continued )

2015-05-26 :
mayflower

Mayflowerさんは、英語の先生です。
「BBさんの覚醒記録」さんの読者さんでもあり、
「五月花の羊」さんブログを綴ってらっしゃいます。
足を、いえ、指をお運びください。
五月の花々が薫って来るようなお名前ですね。
http://76398149.at.webry.info/201505/article_4.html

今、薔薇が真っ盛り、他の花もあるのですが、
ジャスミン、マーガレット、たんぽぽ、ラベンダーなどね。とりわけ薔薇がとても多いです。
私の窓の前には所有者なしの赤い薔薇が毎年咲きまして、
昨年失敬して、挿し木しましたら、
5つもほころびました。まだ蕾が2個あります(^^♪

Onecat1さんの大きな猫庭は花盛りでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=nhISKd_DqWs
  シューマンの「花の曲」

https://www.youtube.com/watch?v=-vxhufYxquk
「花のまわりで」

https://www.youtube.com/watch?v=5-ItlmATYWQ
「緑のそよ風」 です。


"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo ②

When Prime Minister Abe visited Yasukuni Shrine, President Obama said he was “disappointed”. I had already felt uneasy at that time. The United States, which opened the court of Tokyo Trial, couldn’t have been ignorant what “class A war criminals” really were.
In short, they were made-up crimes.


If Japan had won, there might have been a lot of war criminals on the side of the United States.
However, I dared not face the doubt that arose in my mind. Maybe because I had potential sense of fear that Japan-the US alliance, which is really important for the defense of Japan, might fall apart.
In addition to that, I might have been disciplined not to oppose “Master United States”, otherwise we would be beaten instead of being fed. That kind of discipline was given to us through school education and mass media such as NHK, both of which were under control of GHQ.
Hearing President Obama’s words, I was made to know the existence of “whip” that has always been over the head of Japan.
I had been a conservative pro-American, but I felt as if the ground I stood on started to break down. His words made it clear that the US is for Korea and against Japan.
America’s “whip” is used when Japanese people begin to know the truth of the history that they want to hide, at first on the floor to threaten Japan. And when Japan tries to be independent, that “whip” will hit Japan on the head.

I was astonished at the fact that NHK, other broadcasting companies and newspapers are still under press-code after the war. They haven't get out of it yet!
Teachers Union and textbooks which are actually made by them, and sometimes even entrance examinations are still the tools to dishonor and weaken Japan.

President Obama signed the law to give the highest decoration in the assembly, of all people, to Doolittle Raid Super fortresses that carried out the Great Tokyo Air Raid. In the Air Raid all around Japan, 330 thousand private citizens were killed including babies and children who were totally unable to resist. Adding up the victims of Atomic Bombs, 770 thousand non-combatants lost their lives.
Nevertheless, “Outstanding courage” is the reason of awarding!


安倍総理の靖国参拝にアメリカが「失望した」と言ってきた時に、すでに違和感はあった。東京裁判の開廷者であるアメリカが、A級戦犯の何たるかを知らぬはずもなく、要するにでっち上げの戦犯であり、日本が勝っていれば、アメリカに戦犯が大量に生まれていただけのことだ。しかし私は、芽生えた不審の念に視線を当てることを避けた。アメリカを敵に回したら、防衛の要である日米同盟が壊れ去る、と潜在的恐怖心があったのだと思う。加えて、パブロフの犬的調教として、日教組、そして当時はGHQのコントロール下にあったNHKなどから、戦後七十年弱かけて刷り込まれていたのであろう。「アメリカ様に逆らってはならぬ」と。逆らえば餌をもらえず、叩かれるのだ、と。
しかし、いともあっさり韓国に寄り添い日本を足蹴にしたアメリカ大統領に私は、悟らざるを得なかったのだ。親米保守であった私の足元が瓦解した瞬間であり、「鞭」の存在に気づいた瞬間であった。日本の頭上に常にふりかざされていた、アメリカの鞭である。この鞭は、日本が歴史の真実、つまりはアメリカが世界に知られたくない事実を日本人が知り始めた時、まず威嚇のために床にピシリと鳴り、日本が自立しようと立ち上がった時は脳天に振り下ろされる鞭である。それと共にNHKも、民放のある番組も新聞も、いまだ戦時下のプレスコードを抜け出していないという現実に私は息を呑んだ。日教組も、彼らが実質作る教科書も、時には入試問題さえ、日本毀損と弱体化のいまだ道具である。

 オバマ大統領はあろうことか、東京大空襲の「ドーリットル爆撃隊」の隊員に、 議会最高位の勲章を授与する法案に署名した。日本各地の大空襲では無抵抗の赤ん坊や、小学生まで含めて民間人計三十三万人が空襲で殺された。原爆と合わせると七十七万人の非戦闘員が命を落としている。ドーリットル爆撃隊への授章理由は「傑出した勇気」だそうだ。


"Comfot women problem" by Takahashi Tomiyo ③

<< 作成日時 : 2015/05/31 18:24

China and Korea have blamed Japan persistently. They continued Anti-Japan movement. However, that was started from the Tokyo Trial and GHQ policy aiming for weakening Japan.
Take a look at press-code the occupation army put on mass media in Japan. They prohibited to criticize Koreans and China in addition to the United Nations Army.
The Japanese should think of the meaning that especially “Koreans” made free from criticism. It was a policy to give privilege to Koreans in Japan and overlook their crimes. Weren’t they Trojan horse that multiply themselves? Overlooking the crimes of “Korea Occupation Forces” is an example. I am not being discriminative. We should start from facing the facts of history, otherwise Japan can’t find which direction to go. There were Koreans who fought as Japanese, for Korea was a part of Japan at that time. But GHQ made them think they had been victims of Japan.

中韓の執拗な日本攻撃と反日の源流はつまるところ、東京裁判と、GHQの日本弱体化政策に帰する。思えば、進駐軍が日本のマスコミにかけた規制「プレスコード」には、連合軍への批判禁止に加えて「.朝鮮人への批判」と「中国への批判」があったではないか。わざわざ「朝鮮人」と特定して批判を禁じた意味を日本人は考えるべきであろう。在日優遇または犯罪お目こぼし政策は、彼らを自己増殖するトロイの木馬として日本に埋め込んでいったということではないか。「朝鮮進駐軍」容認がその一例である。差別的見地で言うのではない、歴史の実相を直視するところから始めぬと、日本の進むべき道が見えて来ぬ。日本人として戦った朝鮮の人々を、日本の被害者として置き換えたのも、GHQの力技ではあった。

In order to avoid criticism from the world to be a country of slavery, the Unite States needed to make Japan look to be a worse country than itself. Japan didn’t have history of slavery, so “Colonizing Korea” was made up. It was a fiction but made into "a fact" at Tokyo Trial.
It was the United States that killed Native Americans, deprived them of their land. It was a hard master to slaves. It also ruined Hawaiian kingdom.
Japan-Korea Annexation was not colonialism that white people have in mind . Colonialism comes with exploitation and oppression, but what Japan did was unification. Japan made the bases of Korea to grow to be a modern nation.

 奴隷使役国の誹りを世界から受けぬために、アメリカは自国以上の悪者に日本を仕立てる必要があった。日本には奴隷制の歴史はないので、でっち上げたのが朝鮮半島の「植民地化」呼ばわりであり、人々を奴隷にしたというフィクションが、しかし東京裁判でノンフィクションとしてすり替えられた。インディアンを殺戮し土地を奪い、奴隷をこき使い、苦力を牛馬のように扱ったのはアメリカである。ハワイ王国の滅亡もアメリカによる。
 日韓併合は白人たちの概念にある植民地には該当しない。圧政と搾取が植民地であるが、日本が行ったのは合邦である。韓国の近代国家への礎を作ったのは日本である。

Before the World War 2, the white people worked colored people hard like dumb beast and made excessive profits. Japan broke up that condition and destroyed the bad power balance of the world. That was the significance of the War.
The victory of Japan-China war and Japan-Russia war meant to the white that a yellow monkey did something really astonishing. They were frightened and hated it. In amazement they stared at the monkey on "the Planet of the Apes" that had intelligence and even culture. After coming to themselves, they hit the monkey and broke its arms and legs so that it would not be able to stand up again.

先の戦争の大義は、それまで白人が有色人種を動物扱いで使役、暴利を貪っていた世界を一気に日本が突き崩し、世界の悪しきパワー・バランスを壊したことにある。日清日露の勝利は、白人たちにとっては黄色い猿が仰天すべきことをやってのけたということであり、彼らは憎みかつ怯えたのである。知力を備え文化さえ持った「猿の惑星」の猿を呆然と見つめ、そして我に返った彼らは猿を叩き、再び立ち上がれなくなるよう手足を折ったのである。

http://76398149.at.webry.info/201505/article_2.html
Mayflowerさんのブログから、
 御覧ください。


邪魔してゴメンネ、Mayflowerさん。
  こんなニュースがあったので。
  2002年 FIFAのイタリア対韓国です。
  審判のモレーノに問題あり。
  不正を追求するようです。
  https://www.youtube.com/watch?v=Zm_EpltqH6Y

  それから、これは、その時の選手たちの国歌です。
  トッティは、おう、トッティ! 私のトッティ!
  サッカー場でのイタリア国歌が1番好きです。
  私は、この時、玄関先に三色旗を立てて
  日本の次にイタリアを応援してましたのに。
  https://www.youtube.com/watch?v=SnEXnGn4Smo

https://www.youtube.com/watch?v=XJCuIOzeqUo
  こちらは言わずもがな、
  ベッラさん(Bella Cantabileさん)でも
  お馴染み、ですね。
  

Mayflowerさん、続きをよろしくお願いします。<(_ _)>


"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo ④

<< 作成日時 : 2015/06/03 01:01 >>

In the text of the press-code, there was” the criticism against GHQ for having drafted the Constitution of Japan”. This is worth paying attention. It is easier to draw than to force.
Recently many people are arguing about the revision of the constitution. But the Allied Forces are confessing,” We drafted the Constitution of Japan in order to weaken Japan. So criticism is not allowed.”
It means that if Japan want to be an independent nation, the revision of the constitution shouldn’t be avoided.

There was also an article on the press code, “Don’t report the relations between Occupation army soldiers and Japanese women”.
The word “relations” probably includes rapes to Japanese women by the United States soldiers. There happened quite a lot of such cases.
When I think of this, I can’t help remembering of many women who dared to lay themselves down as a “Breakwater”, so as to prevent rapes from occurring too frequently. Some of them might have become comfort women because of poverty. But thanks to them, the number of rapes was decreased.


占領軍の検閲対象の一箇条に「GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判」というのがあることに留意されたい。これは語るに落ちる話であり、昨今憲法改正について緒論かまびすしいことであるが、連合軍がプレスコードという形で、はからずも告白しているではないか。日本弱体化のために我々は日本国憲法を起草したのだ、それゆえ批判することまかりならぬ、と。
 となれば、日本が自立した国家たらんとするなら憲法改正は避けて通れぬ道であるということである。
 「プレスコード」には次の条項もある。「占領軍兵士と日本女性との交渉」を報道してはならぬ、と。交渉とはおそらく米兵による日本女性の強姦をも含む。これは多かった。ここに思いを致す時、私は米兵たちのレイプ頻発を防ぐため、性の防波堤となり、日本全土のあちこちに横たわった無数の「お吉」たちの顔が浮かぶ。生活苦から慰安婦を志願した女達もいるだろうが、彼女たちが身を挺してアメリカ兵たちを受け止めてくれたからこそ、強姦の発生件数が抑制されたのである。


"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo

<< 作成日時 : 2015/06/07 19:51

Although there were some soldiers from Australia and Great Britain in the Allied Forces, the majority were United States soldiers. So it would be okay to call them the US soldiers.
The first thing of all, the US army demanded to set comfort stations. They did so in every place in Japan. A historical material called “Chiba official document” tells details of setting a comfort station which was set on September 5th 1945 in Tateyama for the 112th Army soldiers.

 連合軍にはわずかの豪州、英国の兵もいたが、圧倒多数はアメリカ兵だったのだから、「アメリカ兵」と一括した呼び方も許されると思う。
 日本に進駐したアメリカが、まず要求したのは慰安所の設置だった。各地にそれは要求され「千葉公文書」として知られる史料には、昭和二十年九月五日、館山に上陸した米軍第一一二騎兵連隊相手に、慰安所が設置された詳細が記されている。
I'm not such a hypocrite to get angry with it.
I can imagine what young soldiers sexual desire would be like after estranged from the other sex for a long time. It is natural to have such impulse.
But there are some Americans, mainly Puritans I suppose, who don’t want to admit this fact. The false statement which merely sounds clean to peoples ears distort the truth. The comfort station set everywhere in Japan were called “Association of entertainment” in American style in a beautiful way, though they were actually a house of prostitution.
The US Forces officially do not admit prostitution facilities, so they say such places did not exist.

 
そのことを憤るほど私は偽善者ではない。異性から長く遠ざかった若い兵士たちが、どれほど猛り立っているか、動物としてのオスの衝動である。これを、率直に認めないから清教徒の多いアメリカの、きれいごとの嘘がものごとの本質を歪める。日本に設けられた慰安所は「余暇・娯楽協会」とアメリカ風美名で呼ばれたが、売春宿である。アメリカ軍は公には売春施設を認めない。だから、なかったことにする。

The special correspondent Mark Gain in Chicago Sun paper said, “Comfort stations were the plot of Japan in order to corrupt the U.S. Forces. The means were alcohol and women, and the purpose was to destroy morale of soldiers and Occupation policy”. He didn’t mention that during occupation period, the murders for Japanese people by the US soldiers were about 350 and rapes were more than 1000 every year (by the Procurement Agency).
100,000 people were killed in Tokyo-air raid, but Mark Gain wrote the victims were “6,000”. What terrible hypocrisy and lies!
Association of Foreign Correspondent was base for transmitting information of GHQ, its nature has not changed.

シカゴ・サン紙特派員マーク・ゲインは慰安所を「米軍を腐敗させようとする日本の謀略。その武器は酒と女で、目的は占領軍の士気と占領政策の破壊」とすり替え、占領期間中米兵による日本人殺害毎年平均三五0人。一000人以上の婦女子暴行(調達庁調べ)には触れない。一0万人が亡くなった東京大空襲は「死者六千人」と縮小。なんという偽善と嘘。外国特派員協会はGHQの情報発信基地だったが、その体質はいまだ生きている。

“Comfort stations” were soon closed because of Mrs. Roosevelt’s opposition. For her “cleanness” rapes increased again and ordinary Japanese women became the victims.
I feel so sad and can’t help holding indignation about such large number of comfort women even names are not known. The US ignores such women’s sacrifice to protect Japanese girls from rapes. They blame only Japan as if they did not do anyting wrong.
Weren’t their hands dirty? What was the sacrifice of those women paid for?
The US doesn’t want to face this horrible fact and made up story that such Japanese women never existed.
I would not overlook that! I will continue to write about them and try to let people know what really occurred.

 「余暇・娯楽協会」はやがて封鎖される。ルーズベルト夫人の反対が原因であるが、彼女の「清らかさ」ゆえに、巷では再び強姦が増え、一般の日本女性が犠牲者になったのである。
 私が、大勢の無名のお吉たちに対して悲しみと憤りを感じるのは、身を挺して日本女性の貞操を守った彼女たちの犠牲を無視、アメリカは自らの手は汚れてはいないとして、日本を一方的に打ち据えるからだ。日本女性への狼藉を防ぐために、日本各地で横たわった大勢のお吉たちは、何のために払った犠牲であったのか。アメリカは、その時そこにそんな日本女性たちがいたことを見ようともしない。いや、いなかったことにしてしまったのである。私はそれを許さない。彼女たちの墓碑銘は私が刻み続ける。

  花尽くし
  https://www.youtube.com/watch?v=THTUCtExVbo
  イタリア古典歌曲、
  26歳で亡くなったペルゴレージ(1710~1736)
  の曲と言われていますが、最近では別の作曲家だ
  という話も。

シルビアが今日、紅薔薇を撰び、
  棘のために明日捨てても、私は
  男たちの忠言には耳をかせない
  百合の花を好いても
  他の花をないがしろには出きない

  https://www.youtube.com/watch?v=ybUL-Ns4ONQ
  おかしいですね。繋がらないね。
  Leontina Vaduvaが歌っています。
  動画でお聴き出きます。
マスカー二の「花占い」 M'ama, non m'ama
  ストルネッロと言われる小曲で、
  「私を愛してる、愛してない」と、
  花びらを摘みながら歌います。
  最後は大概、La naturale 2点イ音で
  決めるのですが、彼女は楽譜通りの
  Mi naturaleでしか歌っていません。
  でも、声がすばらしい。

  https://www.youtube.com/watch?v=UkRwl46qMAQ
  「南国の薔薇」オカリナで。 

https://www.youtube.com/watch?v=LdAbb9l1uDw


  柿。イタリアにもありまして、
  caco, cachi, カーコ、カーキなんて 言われています。
  il cachi がここでの正式な名前です。
  原地は中国で2000年の歴史があるそうな。
  イタリアにやって来たのは1916年のこと。
  秋になると店頭を飾る、中々愛されているフルーツです。

  つつじ、躑躅 azaleaアザレーアもあります。
  1950年代にやって来ました。
  大分前に花屋さんで、「あら、つつじ」と言ったら
  花屋のおばさんが「つつじは、ありきたりな花だ、
  薔薇ではない」と言いましたので、私は一頃
  薔薇に反感を持っていました。

  イタリア人に取って薔薇は花の王様、女王様です。
  丹精して咲かせる人達もいますが、
  薔薇は別に王様に成りたくて咲いているわけでは
  ないでしょう。
  花に個人の思い入れをするのは馬鹿げていると
  思い直して、その後、薔薇への偏見をなくしました。
  花はみんな、人間の思惑を超えて気持ち良く
  咲いていますものね。

  https://www.youtube.com/watch?v=SCgTXtzoMCU
   古い歌手です、しかもフランス語でなく
  イタリア語で歌っています。カルメンの「花のアリア」。
  当時はレーマンなどもドイツ語でトスカ(絶品です)を
  歌っていて、原語で歌わない時代でしたのね。
  何分古い録音だし、チューブではいささか、と
  思うのですが、エレガンスが僅かでも感じられるかな、
  カルメンがドン・ホセに投げ贈る花は、原作では
  アカシヤです。

  https://www.youtube.com/watch?v=vuYNilYrF3Q
  「薔薇の騎士」から、銀の薔薇贈呈の場面です。
  
  
  
"Comfort women problem" by Takahashi Tomiyo

<< 作成日時 : 2015/06/12 00:22

Generally speaking, Japanese people say what they did they did.
In some cases, there were people who said what they hadn’t done they had done. Kono statement is an example.
It is like a good one troubles himself. Japan has a spirit of Shintoism. To be sincere and honest is highly estimated. They try not to stick to the wrong deed done by others and forgive it. Try to let the past be the past, repay a favor to a favor. Even though such a great number of non-combatants were killed in the massive air raid and the atomic bomb, they do not point that out and blame the ally repeatedly.
The simplicity is a characteristic of the Japanese. But the American, or should rather say people in other foreign countries, have different spirit.
In order to keep their own interest and to conceal the bad they did, they would not hesitate to betray their partners. But there is no use mentioning others' faults
Japan should not consider that other countries have the similar mentality and the same way of thinking as Japan. Sometimes they can be wicked and dishonest. Japan should understand that.


 日本人は、やったことは、やったと言う。時にはやってもいないことをやったとさえ言ってみせる。河野談話がそれである。善人が自縄自縛で苦しむ姿が日本である。神道にベースを置く日本の精神性は「直き」を善しとし、正直を旨として、いつまでも相手の非にはこだわらぬ。水に流し、恩義には恩義で報いる。いかに大空襲と原爆で非戦闘員を虐殺されようが、同盟国に蒸し返し言い立てはしない。その平明さが日本人である。しかしアメリカ人は、というより外国人は異なる精神性の持ち主である。自らの益と非の隠蔽のためには、顔色も変えず相手の寝首をかく。それを言い立てても仕方がない。日本人の思考と感性で外国と向き合わぬことである。外国は腹黒く不正直であると思い知ろう。

Japan should have known better, but it failed the first step after the war and has been in the same way for 69 years. The US joined anti-Japan network of China and Korea.
The yellow monkey was smart and stood up immediately in the burnt-out land, and became a major economic power.
Those countries wanted to tear off money, and Japan was made to give unreasonable ODA to China and South Korea. The United Nations forced expenses without real power. All such things were done to intend to weaken Japan financially. But Japan was tough.


 言うも気恥ずかしい初歩のセオリーであるが、しかしその初歩を戦後六十九年間怠って日本は現在のていたらくである。韓国と中国の二重の反日包囲網を更に、アメリカの「反日」が取り囲む。黄色い猿は優秀で、幾つかの幸運はあったにせよ戦後の焼け野原からあっという間に立ち上がり、経済大国となった。ならばカネをむしり取ってやれというわけで、中韓への理不尽なODA、国連へ実権を与えられぬままの出費、などなど金銭面での弱体化が試みられるが、それでも日本はしぶとく、
(本日ここまで)

やってもいないことを「やった」で思いだしました。
謝罪する元日本兵
http://76398149.at.webry.info/201408/article_3.htmlこちらもご覧ください。



国民的人気歌手のズッケロ(シンガーソングライター)
 パヴァロッティと、チベットの子供達も歌っています。
 15年前のこと、パパ・ヨハネⅡ世の頃です。
 https://www.youtube.com/watch?v=DEKVG_RX7TI
Zuccheroズッケロが歌っている
「行け、我が想い」は歌詞を変えています。
    ↓
Va pensiero sull'ali dorate
Cross the mountains and fly over the oceans
Reach the land find the place where all children grow
Every night after listening to this lullaby

There you find the heroes alive protecting the innocents
Bless them all cause their simple song is so pure and wonderful

Va pensiero sull'ali dorate
Life's beautiful dream carry on for all night long

Lead them your golden wings every feel will fly away
Take them by the hand help them find an easy way
Lead them back to the light back to the light
Where they once used to belong
Where they carry me children as long as they want

Va pensiero sull'ali dorate
Cross the mountains and fly over the oceance
Reach the land find the place where all children grow
Every night after listening this lullaby
Every night after listening this lullaby

  想いよ、金の翼に乗って
  毎夜、この子守唄を聴いた後に
  山を越え海をはるかに飛んで行け
  全ての子供達を育む国に飛んで行け

  そこではヒーロー達が来て
  無邪気な子ども達を護ってくれる
  純で妙な、素直な歌を祝福してくれる
  
  想いよ、金の翼に乗って
  夜通し子供達の夢に通え
  美しい日々を夢見るように

  お前の金の羽が
  思いの全てを飛び立たせ
  彼らの手を取り、平らな道を案内しておくれ

  かつて彼らが住んでいた所に 
  彼らが望むなら私も行けるように
  表示灯(バックライト)まで導いておくれ

  想いよ、金の翼に乗って 
  毎夜、この子守歌を聴いた後に
  山を越え海を越えて飛んで行け
  子供たちを育む国に
  
  旧約聖書に登場するネブガドネザル(ナブッコ)が
  50,000人のユダヤ人達をバビロニアに
  奴隷として強制移住させました。
  ユダヤ人達が失った祖国を回想して歌うのが
  「行け、我が想い」です。最後にナブッコは改心、
  改宗してユダヤ人達を祖国に帰しますが、
  チベットやウィグルはどうなりますか。
  カンボジアもチベットも他国の戦争に巻き込まれ侵攻、
  侵略されました。一番の犠牲者が子供たちです。
  本来ならここは一番、国連が目を向けるべきです。
  一生懸命に歌う子供たちを見てアグネス・チャンは
  どう思いますのか。

  時にナブッコの当たり役は故ピエーロ・カップッチッリで
  世界の歌劇場が彼のナブッコに泣いたのでした。
  http://tananaka6.blog.fc2.com/blog-date-201309.html
   ↑
  原詩です。
  もしも、カップッチッリがお話している
  録音がありましたらお耳を傾けてください。
  話し方が安倍首相と似ています。

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/ffda0a0198d368ad07f7508df3b39d33?st=0#comment-form
 井沢満さんのHPから頂きました。
  未読の方は(私も未読でした)
  是非御覧ください。
  どうも有難うございます、井沢先生。

  反映しないようです。
  「井沢満ブログ」
  シナリオライター、小説家である井沢満さんの、
  もはや有名なブログかと思います。
  記事名は「戦後諸悪の根源WGIP
  ウォー・ギルト・インフォーメーション・プログラム」
  です。

  http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2678.html
  こちらは「ねずさんの ひとりごと」から頂きました。
  ねずさんは言うまでもない、
  大変有名なブログですね。
  是非、指をお運びください。
 
  小名木善行さん、どうも有難うございます。

  こちらも繋がらないようです。
  「ねずさんの ひとりごと」
  記事名は「お町さん」です。
  泣けました。















































































 
  






















Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR