10
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

愛の勝利

名前を報道しないから、何と言う人なのか
分からないのですが、栃木県で起きた傷害事件、
新聞には体罰と書いてありましたが、
これは暴行の間違いでしょう。

7歳の子が挨拶しないから、と呼びつけて
脇腹に膝蹴り2回。
プロレスが好きな女の先生なのですかね。
プロレスなら大人の男相手にやれば良いのに。

挨拶しない子供なら、根気良く挨拶が出きるように
なるまで、教え導けばいいじゃないですか。
それが年長者の務めでしょう。

そもそも挨拶というのは人と人との間の、
コミュニケーションを図る、推進させるものなので、
自分で進んでこそすれ、
相手に求めるものではない、と思っています。
出きない場合、挨拶してくれない場合には
何がしかの理由があるのだから、
良く精査、吟味するべきなので、
相手(まだ子供とはいえ)に強要するのは
頭勝でしょう。

イタリア人は陽気で楽天家で、と何故か思われて
いますが、何故かな?
内気な人が多いですよ。
日本人のはにかみ、テレビカメラの前で用もないのに
笑う、にこやかにお話する、というのとは別な、
自分の中に閉じこもってしまう、暗い内気さです。

ピアノを教えていて、
ある女の子と出会ったことがありました。
中学校から高校にかけてですから、7歳よりも、ずっと大きい
12歳から16歳までの5年間です。
うちに来る時にはいつも、お母さんと一緒。
私が教えに行くと、自分の部屋にこもってしまって、
やっと出て来ても挨拶もせず、
(Ciao! チャオ!というのは先生生徒間の挨拶では
ないです。)
こんにちは!Buon giorno, Buon dì あるいはSalve,
なんて言っても返事せず。それで、
私は蹴っ飛ばしたりしませんでしたよ。

挨拶されなくても音楽を好きになってくれればいいや、
と思って、「禁じられた遊び」や「エリーゼのために」、
「ニューシネマパラダイス」 「ロミオとジュリエット」とかね、
好きそうな曲を選んで上げて、
勿論、教則本「トロンボーン」、これ、日本では使用して
ないですか? 教則本と、
そして、どうしてもバッハは必須ですね。
ただ、バッハは子供には分かり難いです。

発表会を重ねるうちに、気持ちが解きほぐれて来たのか、
話し始めるようになって、1時間ぐらい喋り続けることも
ありました。知識が豊富で、論理的に明確に思考する子でした。
彼女に限らずイタリアの子供は感心する程、知識が多様です。
「私、これが弾きたい!」なんて言いだして、
ヴェルディの「アイーダ大行進曲」、「行け、我が想い」など。

馬が大好きな彼女は今、獣医科大学の3年生です。

私は私の愛の勝利、いえ、根気の勝利、いえ、
人柄の勝利と自負しています。


軍師ラダメスを想うファラオーネの娘アムネリスは
奴隷となっているエチオピアの王女アイーダも、
ラダメスを愛しているのではないかと誘い鎌を
かけます、「ラダメスは戦死した」、悲しむアイーダに
「本当は生きてるんだよ」。性格が悪いわね。
喜ぶアイーダに悪意ある言葉を投げかけます。
アイーダは、
Numi, pietà、神よ、助け給え、と絶望の祈りを歌います。

ヴェルディはイタリア・オペラは人間のドラマだと
断言していますが、彼のオペラの端々には人間の
感情ギリギリのものを共感致します。
アイーダの絶唱のすぐ後、Marcia Trionfaleに
突入します。
https://www.youtube.com/watch?v=MWVFdVTPPWk

アイーダ凱旋行進曲
https://www.youtube.com/watch?v=N50J18CtWDg


https://www.youtube.com/watch?v=TvkQWqjJSBM
  

https://www.youtube.com/watch?v=-YcwR89cfao
  エリーゼのために、です。






Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR