11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ナルチスとゴルトムント

ゴルトムントがナルチスに
「想いだしたことがあるんだ」

Noch einen Augenblick, Narziß! Etwas ist mir eingefallen,
nämlich, daß ich dich doch schon einmal Johannes
genannt habe.
「かつて君をヨハネと呼んだことがあるんだ」
daß 接続詞   daß 以下が従属詞
 なんちゃってドイツ語文法。
 私は意訳が多いので、気になりましたら
 1語1語、辞書を御覧ください。

ドイツ語の(イタリア語も)、より効果のある、簡単な
憶え方は、フレーズ丸ごと覚えてしまいます。
外国語としてではなく、
心に青雲さんが仰るように、像 として、イメージとして
憶えて行きます。そのイメージはお話する時に、読む時
書く時に、自然に出てきます。
なんちゃって外国語講座。

「Ich verstehe dich nicht.」
 直訳しますと、私は君が解らない。
「腑に落ちないね」

「Nein, natürlich nicht. Du weißt noch nichts......
Und die beste Figur, die ich damals gemacht hebe, Johannes
ein Jüngling aus Holz, in natürlicher Größe, die ist
dein Bildnis, aber sie heißt nicht Narziß, sondern
Johannes. Es ist ein Jünger Johannes unter dem Kreuz.」

「勿論、君はまだ知らないだろうけど、君をヨハネと
名付けたことがあるんだ、昔、彫刻家をしていた頃に、
ぼくの傑作は十字架上の若い等身大の木彫、ヨハネだった、
ナルチスではなくヨハネとしたんだ。君はその名でずっと残る。」

彼は立ち上がり戸口に向かった。
ここまで、ナルチスは立っていて、ゴルトムントは腰かけて
いたのですね。

「Du hast also noch an mich gedacht?」
fragte Narziß leise.
Ebenso leise gab Goldmund Antwort;
「O ja, Narziß,ich habe an dich gedacht. Immer, immer.」
 「それじゃ君はぼくのこと、まだ考えていたのかい?」
 ナルチスが小声で尋ねた。同じようにゴルトムントも
 小さな声で、
 「考えていたさ、ナルチス、いつも、いつも!」

Heftig stieß er das schwere Tor auf, der fahle Morgen
blickte herein. Sie sprachen nichts mehr.
 彼は(ゴルトムントでしょう)重い扉を開けると、
 朝の光が青白く入り込んだ。
 2人はもう何も喋らなかった。

こちらは Flügelさんに
メンデルスゾーンの「歌の翼に」
Auf Flügeln des Gesanges
https://www.youtube.com/watch?v=SNTJ7DQ_0iA

同じ曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=Xfj4thZrFj4 


 シュヴァルツコップを探したけれど、ありません。
 シューマンも佳いけれど、この曲はシュヴァルツコップが
 絶品です。機会がありましたらどうぞ。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR