08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

三宅博先生とル・シド、エツィオ

21年前の1月17日は阪神淡路大震災でした。
私は、母の具合が悪くてたまたま日本にいました。

悲惨な状況をテレビでずっと見ていました。

地震が起きて間もなく、体育館で避難している方達の
所へ天皇、皇后両陛下が見えて、しゃがみこんで
被災者の方達を励まされておいででしたね。
3歳ぐらいの男の子が、
「天皇陛下さん、又ね」 と言うと、天皇陛下も
「おう、又な」 と応えられていたのを憶えています。

友人が神戸西宮に住んでいました。

昨日、ですか、何気なく自衛隊のことを書いた時には、
今日が(日本はもう18日ですけれど) 震災の日と
考えませんでした。
亡くなられた方達のご冥福をお祈り申し上げます。

復興が大変早く、すぐに住民に笑顔が戻った、と
イタリアのニュースで伝えられました。

https://www.youtube.com/watch?v=O3YyOAT-iRw
 エツィオのアリアです。
 以前、ベッラさんがUpされたアリアと被っているかもしれません。

https://www.youtube.com/watch?v=-rJUkB_rdtM
 エツィオのアリアです。

https://www.youtube.com/watch?v=hbmGQxQ-Emc
 エツィオ(ローマ将軍)とアッティラ(フン族の王)の2重唱

https://www.youtube.com/watch?v=6O98j2VuWUI
 オダベッラのアリアとシェーナ「Santo di Patria」

https://www.youtube.com/watch?v=7vLZsSro-bQ
 フィナーレです。オダベッラが最後に、父の敵のアッティラを
 剣で刺して幕が閉じる。

ヒロインの名はOdabella オーダベッラは
Ode Bellaで美しい頌歌。
ベッラさんと似たお名前ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=vByMqWbuEFk
 やはり三宅先生に似たル・シド(怪傑ゾロに似た)
 マスネーのエル・シドからバレー音楽です。

https://www.youtube.com/watch?v=Y1L_kpZu1XY
 ベッラさんの朋友のフィガロに似たrimromさん、
 レオ・ヌッチがお年寄り過ぎるかな、
 https://www.youtube.com/watch?v=6QcAG0jKCa8
 バスティアニー二です。


それからコーヒーさんの記事をコピペ致しました。

日韓合意を懸念するNY在住邦人から安倍総理大臣へ宛てた公開質問状

【公開質問状】

平成二十八年一月十五日
日本国首相官邸御中

平成二十七年十二月二十八日付「従軍慰安婦問題」に関する日韓政府合意への質問状

内閣総理大臣 安倍晋三殿

これはアメリカ合衆国東部ニューヨーク市及び近郊に在住する、日韓合意を懸念する日本人から安倍総理大臣へ宛てた公開質問状です。

昨年四月二十九日、安倍総理は米国上下両院議会の歴史的演説において、第二次大戦末期の硫黄島の話をされました。主義主張を超えて、日米が戦った過去も超えて、すべての人の心に残る、演説の中でも最も感動的な場面であったと思います。

今回の日韓合意の内容を聞いた私たち在米日本人の中に、祖国の硫黄島に想いを寄せたという声がありました。
それは、あの戦場を戦い抜いた日本兵への感謝であり、同時に彼等が味わったであろう絶望に似た何かです。
絶望とは、本土から「救援は送れない。自分達だけで最後まで戦ってくれ」と通告された現実であります。

私たち在米日本人は、何もしない日本政府と外務省、まったく協力する姿勢の見られない日本国大使館の代わりに、中国・韓国が国家を挙げて繰り広げる様々な反日活動に対し、民間人として戦後日本人の名誉を回復するための行動をそれぞれが展開してきました。
特に、米国における捏造の「日本軍による強制連行被害者慰安婦」の像や石碑の設置をなんとか食い止め、撤去するように訴えてきました。
米国での私たちの運動は悪戦苦闘であり、その根本にあるのは「日本政府が慰安婦強制連行という戦争犯罪を認めている」と世界に広まっている事実誤認です。過去に発表された河野談話や村山談話がそれです。

苛酷な足枷をひきずりなから、私たちはいつの日か日本政府が援助に乗り出し、歴史の真実が白日の下に明かされることを信じてきました。米国及び国際社会の中で敗戦後の日本人の名誉が回復し、先祖や英霊の伝えたかったものを受けとめ、さらに将来の子供達が日本人の誇りを受け継いでいくのだと、それぞれの心に希望の灯をともしつづけてきました。

しかし突然、絶望の通告が昨年十二月二十八日にやってきました。
日本政府が、「軍による朝鮮人慰安婦強制連行を認め、謝罪と賠償金を韓国政府に払う合意をした」と知った時、私達は言葉を失いました。まさに私達は硫黄島の日本兵のように「救援は送れない。自分達だけで最後まで戦ってくれ」と言い渡されたのです。

米国を巻き込んだ卑劣な反日工作に立ち向かってきた在米日本人の唯一のよりどころである歴史の真実が、こともあろうに自分の国の政府から否定されました。
私達は、自分の国から見捨てられたのでしょうか?

下記の質問に対し、安倍総理大臣からの責任あるご回答を求めます。

一. 歴史の真実に基づき、日本国の誇りと尊厳を海外アメリカで守る行動をしている日本人にとって、安倍総理はなぜ我々の行動基盤である「慰安婦強制連行に日本軍の関与は無い」という歴史の真実を否定するような合意を韓国政府と交わされるのでしょうか?
捏造であることがわかっている韓国側の主張に対し、なぜ断固とした立場を取らず、日本軍による性奴隷説(Sex Slavery)を世界に広めるような妥協をされるのですか。

二. 韓国に対する賠償はすでに1965年の日韓基本条約で解決しているにもかかわらず、なぜ再び日本人の税金を使い10億円もの保障を韓国に対してしなければならないのですか。そのことで、将来の日本人を歴史の事実を問う法廷で救うことができたとお考えでしょうか。

三. 我々在米日本人に対して、安倍総理がどのようにお考えか、お教え下さい。
日本の真実と名誉を訴える我々日本人の行動をやめさせたいのでしょうか。政府として応援するつもりがあるのでしょうか。

四. アメリカ合衆国東部ニューヨーク市及び近郊において、日本を貶めようとする中国・韓国の反日工作に対し、今後、現地の日本人はどう対処したら良いのでしょうか。

五. 今回の合意により、米国および世界では慰安婦は性奴隷(Sex Slavery)という認識がさらに定着しました。しかし、これは事実と異なるものです。
今後、日本政府はどのようにこの誤った認識を正すつもりなのでしょうか。また、我々在米日本人は、どのように政府と協力して行けるでしょうか。

以上、安倍総理からご回答を下さいますよう、強くお願いする次第です。

アメリカ合衆国ニューヨーク州 安倍総理宛て質問状への回答を求める日本人賛同者代表

ニューヨーク正論の会  鈴木規正

安倍晋三首相には、上記【公開質問状】に対して、誠実に回答する責務がある。


慰安婦問題の日韓合意に対しては、「維新政党・新風」も先週、党声明を発した。

No title

ありがとうございます。おかげさまで昨夜は夜を徹して聴き入ってしまいました。
今日は中山恭子先生の素晴らしい国会質疑をとり上げています。
涙がにじみます。
海外での生活は国内にいらっしゃるよりも日本への愛が強く感じられるように思えます。
イタリアで日本のエツイオをどうぞ広めてください。

私はロドルフォ・リッチ先生に昔、オダベッラのこのアリアをレッスンに持って行きましたが「カラスでさえ避けたほどの喉への負担がある。
練習はいいがステージでは歌わないように」といわれ、あきらめたのです。もちろんこの動画のソプラノよりはるかにはるかに、スマートな私です。

エツイオを歌えるのはカップッチッリをトップとして(録音しかない)
次にはザンカナーロ、或はブルゾンかなと思います。
本当の意味で歌えるのはあまりいないはずです。
「人格」を持って歌う役と思います。

No title

「七草粥の日」におばさんは
中山恭子さんを推し上げたでしょう。
それは誰より速かった判断だと自分で解ってるのかな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ベッラさんへ

ロドルフォ・リッチ先生には師事したことが
ないのですが、有名な先生ですね。
知り合いの子が(今はもう大人ですね)
教わっていた、ということを聞きました。

今月23日からボローニャのテアトル・コムナーレで
「アッティラ」で開幕です。その後、マッシモ、
フェニーチェ、と続演です。ダニエレ・アッバード指揮です。

Re: A. Gideさんへ

中山恭子さんは、驚異的にすごい、
素晴らしい方ですね。現在でも重要な役職に
ついておられますけれど。

「日本の心、」をお忘れなきよう。
ご訪問を有難うございます。

Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR