11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

Il Commento sull'accordo del Giappone-del Corea del Sud di Hiroshi Miyake

  Hiroshi Miyake
Ex membro di Camera dei Rappresentanti


Vorrei parlare di un andamento di politica Giapponese, anche in relazione al nuovo anno.
Quando considero la Politica interna e la diplomazia, non si può a quanto non pensare a quanto tutto questo possa essere molto pericoloso.
Percepisco che il Giappone è alla deriva sul patto fra il Giappone e la Corea dalla fine del anno scorso sia riguardo alla l'esperimento nucleale della Corea del Nord, sia riguardo gli affari interni di questo Paese.
Prima di tutto vorrei parlare dell'accordo tra il Giappone e la Corea del Sud.

La Corea del Sud insisteva per tanti anni, già durante la Seconda Guerra Mondiale le truppe giapponesi trasportavano in modo coatto cento mila ~ duecento mila di giovani donne e le costringevano a trasformarsi in schiave del sesso.

Questa insistenza era terribile contraffazione, ma il Premier Abe lo consentiva in parte.

Alla fine lui ha oltrepassato la linea che non deve essere superata.

Considero che lui ha gettato un'ombra sulla diplomazia del Giappone, e credo che abbia influenzato negativamente l'interno affare giapponese.

All'inizio di questo anno si era diffusa la notizia, che la Corea del Nord hanno avesse fatto degli
esperimenti nucleali e sulla bomba ad idrogeno, anche se non è sicuro che questo sia accaduto veramente. Ma la Corea del Nord
continua ad avanzare in modo sempre più profondo o verso il completamento tecnologico.
Sia la Cina, che la Russia, che la Penisola della Corea sono dotate di armi nucleari. Solo il Giappone ne è sprovvisto e la situazione è senza sostegno in tutta la Asia.

La Cina sta mostrando forte rabbia contro la Corea del Nord, e dobbiamo pensare alla reale intenzione della Cina.

Prima di tutto riguardo all'accordo del Giappone, la Corea davano una terribile falsa accusa per l'estorsione e le imposture verso il Giappone.

Siccome questa è la falsità totale, è bene difendere i Giapponesi contro la bugia della Corea del Sud.

Signor Kouno ed ex premier Murayama, loro sono terribili disfattismi politici, che hanno screditato l'onore del Giappone, hanno dato una falsa versione del trasporto coatto.
Il Premier Abe, appariva con la speranza e la fedeltà davanti ai popoli Giapponesi, ma alla fine lui ha concordato con la loro opinione.

Ha concordato non solo con il reclamo dei Coreani, ma anche ha dato un appoggio favorevole alle fazioni anti-giapponesi.
Nell'anno di 13 di Heisei (2001), era successa una buffonata,
si è intitolata “Internazionale per Crimini della Guerra Tribunale delle donne" è stato trasmessa tramite NHK.

Era una falso, dello scopo di condannare la responsabilità della Guerra Mondiale dell' Imperatore di periodo di Showa.
(1926~1989)
Come il risulto di condanna a morte Imperatore dal crimine di violazione le donne in “Internazionale per Crimini della Guerra tribunale”. NHK ha trasmesso l'apparenza integrale alla prima serata, oltre per più di un mese annunciava con fanfare. Quella volta hanno concordato con quel terribile reclamo di ”Internazionale per crimini della guerra di donne” di NHK.

In seguito ha aderito all'accordo tra il Giappone e la Corea per il reclamo di “Internazionale per Crimini della Guerra Tribunale delle donne” di NHK. Il Premier Abe non se ne sarà reso conto, ma io considero che lui abbia oltrepassato una linea che non deve essere superata.
Penso che d'ora in poi la situazione dei Politici Giapponesi divenga non modificabile.
Benché dovesse proteggere fino in fondo l'onore dello Stato, lui l'ha gettato via nel fosso.
Alcune genti che sostengono il premier Abe, dicono, “esistono persone malvagie nella residenza ufficiale”, “Non è la reale intenzione del premier Abe”, così loro giustificano ogni suo comportamento. Ma credo che non sia necessario ipotizzare una cosa del genere. La parte più importante è che sia uscito dal fuori.

E' una cosa terribile che risarcire con 10 miliardi di yen di fondi pubblici basandosi sul coinvolgimento dei militari. Ossia la gente di un'altra parte politica dice che “Sulla sicurezza contro-Cina il premier Abe ha concesso delle donne di conforto, ma ha preso il frutto della sicurezza più importante”, ma anche questo, cosa e come, non è propria la verità
L'onore e la garanzia della sicurezza sopra equilibrio, mostra la composizione conflittuale alternativa di questo accordo, dice che è più importante l'utilità nella difesa dello Stato,
Ma la garanzia di sicurezza dello Stato e l'onore del nazione, due non sono in contrasto. Non c'è differenza tra due.
La difesa nazionale e l'onore del nazione sono integrali e inseparabili. Non si deve proteggere una e l'altra separatamente.
La difesa nazionale e l'onore del nazione sono un insieme, entrambi sono importanti. Non si deve rispettare uno solo a discapito dello altro. Tutti e due sono assolutamente uniti.

Il Paese, che ha abbandonato il proprio onore, diminuisce sicuramente la forza della difesa nazionale. E' un discorso che riguarda l'ordine ed è un principio delle cose.
La fedeltà alla nazione e il senso di appartenenza nazionale stanno alla base dell'onore dello Stato.
Lui spiega che, abbandonando l'onore dello Stato, e si trova la sicurezza pragmatica in un altro posto. Noi non siamo ingannati e non siamo sconcertati in una cosa simile.
Noi dobbiamo riconfermare il nostro opinione, secondo la quale sono uniti l'onore nazionale, la difesa nazionale e la sicurezza nazionale.

E' stato imposto male l'accordo del Giappone e la Corea di questa volta da tale punto di vista.
Un accordo che è one set con il discorso di Kouno e il discorso dell' ex premier Murayama.

Sono divisi i pro e i contro nel discorso ce a celebrato i 70anni della Guerra e che è stato pronunciato dal premier Abe l'anno scorso, leggendo tra le righe, si capisce il diverso contenuto della scrittura del discorso, ossia che dietro alle intenzioni di Abe si nasconde qualcosa. Però questo discorso si deve leggere chiaro e rotondo attraverso la scrittura perché tutti quanti possano comprenderlo bene. Non ha senso di nascondere o mostrare tale cosa.
E' un discorso problematico, il senso del contenuto dipende da come il lettore lo interpreta..

Si deve lodare chiaramente l'onore, la cultura, e la storia del Giappone.
Il cambiamento del contenuto dipende dalle persone che lo leggono e lo afferrano.
Invece, si deve continuare la dichiarazione del contenuto che tutti i popoli Giapponesi lo capiscono.

Il suo discorso segue alla linea del discorso di Murayama, di dopo 50 anni di Guerra e quella di Koizumi di dopo 60 anni di Guerra.
Prima di tutto Abe parlava “staccarsi dalla Dopoguerra”, (staccarsi dalle storie del senso delle torture di se stesso dei Giapponesi Dopoguerra.)
A questo punto di vista non era bisogno di proporre il discorso di Abe dopo 70 anni di Guerra.

https://www.youtube.com/watch?v=zHY7UCgQ2W8

新しい年を迎えてこれから日本の政治の動向、行く末についてお話をしたい。
昨年来の日本の内政・外交を見ていて、非常に危険な状態に突入しつつあるのではないかと思えて仕方がない。
昨年末の日韓の合意、今年に入って北朝鮮の核実験、或は内政いろんな問題において日本が漂流しつつあるという感がする。

まず昨年末の日韓の合意についてお話をしたい。
韓国が長年にわたって日本に対して、戦時中日本は軍が韓国の若い女性を10万人20万人と強制連行して性の奴隷にしたという主張をしていた。
とんでもない捏造・嘘だが、それに対して一部、今回安倍さんがこれを認めるかのような合意がなされた。
これは超えてははならない一線をとうとう超えてしまったのではないか。
このことが日本の外交に対して非常に暗い影を落とし、そしてまた日本の名誉を貶め
日本の内政に発展して悪影響を及ぼすのではないかと思えて仕方がない。

今年に入って北朝鮮の核実験、北朝鮮は水爆だと言っていてその辺は定かではないが、
北朝鮮は着々と核武装の先鋭化、或は技術の完成に向かって着々と進めてきている。
アジア全体の中で中国もロシアも朝鮮半島も核武装しており、ひとり日本が丸裸のままで対応せざるを得ないような状況になってきている。
北朝鮮の核実験に対して中国が非常に強い憤りを表明しているが、その真意とは何かと我々は考えていかねばならないと思う。

まず昨年の日韓合意だが、韓国がとんでもない言い掛かり、ゆすりたかりのための言い掛かりを日本にずっと突きつけてきていた。
こんなのは基本的には虚偽であるから日本側としては嘘であると言う主張を強くしていけばいい。

河野・村山さんらのとんでもない売国政治家が日本の名誉を貶めて、ありもしない強制連行があたかもあったような応答をしてしまっていた。
多くの心ある日本人の期待・輿望を担って登場した安倍さんがこれに与するような合意をしてしまったと思えて仕方がない。
単に韓国の主張に呼応しただけでなく、日本国内の反日派の連中の従来の主張に対し、安倍さんはお墨付きを与えてしまったことになる。

平成13年にNHKで「女性国際戦犯法廷」というとんでもない茶番劇が放映された。
これは昭和天皇の戦争責任を断罪するという目的のもとで行われた見るに堪えないような茶番劇だが
一部の反日任意団体とNHKと一緒になってというよりも、NHKの一部の人間がこれを制作したと言っても過言ではないと思う。

その結果、昭和天皇を女性の強姦の罪で死刑にするというとんでもないことを「国際戦犯法廷」でやった。
その全体の模様をNHKがゴールデンタイムで、しかも一か月以上前から鳴り物入りで紹介して放映してしまった。

このNHKのとんでもない「女性国際戦犯法廷」の主張に、今回の日韓合意はそれこそ与するという結果になってしまった。
安倍さんはそこまで思っていなかったかもわからないが、こういったことに結果的に与することになった。
これは超えてはならない一線を超えたのではと思う。

これから日本の政治状況も非常に流動的な状態になってくるのではないかと思う。
やはり国家の名誉は何ものにもまして護り抜かなくてはならないのに、このある部分をドブに捨てたということになってしまった。

一部の、安倍さんを支持する方々は「官邸に君側の奸がいる」「安倍さんの本意ではない」、或はいろんなことを仰るが、
そのような背景というものを必要以上に斟酌・忖度する必要はない。
それよりも表に出た分こそが大切。
それは軍の関与のもとに、或は10億円の公金をもって賠償するというこの部分がとんでもないと思う。
或は一部の方は「対中国の安全保障上、安倍さんは慰安婦の部分で譲歩して大切な安全保障の実をとった」という解説をされる方もいるが、これもいかがなものかと思える。
というのは国の名誉と安全保障を計りにかけて、あたかもこれが相反するような二者択一の対立的な構図を示した上で 国防上の実利が大切と言うが、これは決して安全保障と国家の名誉というものは対立するものでない、また別個のものではない。
これを同列に論じて、安倍さんの今回の日韓合意を擁護すると言うのは、一種の詐欺・ペテンに等しいと思う。

国防と国家の名誉は一体不可分である。それを別個な形にして擁護することはあってはならない。
国防と国家の名誉はワンセットのもので、それぞれ共に非常に大切なものであり、片方だけを尊重して、片方を捨て去るものではない。あくまで一体のものである。

国家の名誉を捨て去った国は必ず国防力が落ちてくる。それは当たり前の話であり、ものの道理である。
国家に対する忠誠心・国民の帰属意識は国家の名誉が前提にある。
これを捨てて安全保障の実利が別にあるんだと説明されるが、こういうことにごまかされ、惑わされたりすることはない。
国家の名誉と国防・安全保障は一体であると言う認識を我々は再確認しなくてはならない。

そういう観点からしても今回の日韓合意は一線を悪い方向に超えてしまった。
これは官房長官であった河野さんの談話であるとか、元村山総理の談話とワンセットのものであるということである。

私は昨年の戦後70年の安倍さんが発表された談話、これも文面とは別に、行間を読めばこういうことがあるんだ、或は背後には安倍さんの意図はこういうことがあるんだという称賛であるとか批判であるとか賛否が分かれているが、こういったものを文面でハッキリと誰の目にもわかりやすい言葉で述べなくてはならない。
そこに隠されたものがあるとかないとか、読む人によって印象が変わる 中味が変わる、そのような談話はそもそも問題である。
ハッキリと日本の名誉であるとか文化・伝統・歴史を称揚しなくてはならない。
見た人・聴いた人・読んだ人によって印象が変わるということを決してしてはならない。
それよりもハッキリと国民の方々にわかるような主張をしていかなければならない。

何よりもこれは50年の村山談話、60年の小泉談話のその路線にに乗っている。
そもそも安倍さんは「戦後レジームからの脱却」、こういった流れをを断ち切るということを仰っていたはず。
そういう観点からしても、安倍さんの70年談話は不必要であったと思う。

http://www.ilpost.it/2015/12/28/accordo-giappone-corea-del-sud-schiave-del-sesso/

http://www.ilquorum.it/la-storia-infinita-delle-comfort-women-le-schiave-sessuali-sudcoreane/

I numeri non trascrabili dei Giapponesi oppongono l'accordo tra Giappone e la Corea del Sud. Il Governo Giapponese e Asahi-shinbun hanno già confermato l'inesistenza delle donne di compagnia(le schiave del sesso).
Questo è stato provato dai documenti che conservano negli USA, Usa National Archives, nella introduzione di workpapers sull'interrogatorio di venti donne Coreane di conforto(compagnia), lì sta scritto che le donne di comfort sono soltanto le prostitute, cioè le Professional Camp Follower.


            





感動しております。

貴サイトに来て「わあ!!」って驚きました。
ミルティリさまに感謝し続けております。
31日の産経新聞では政府は2月に国連で「強制連行はなかった」と
報告をするというのですが、これは保守が厳しい声を挙げたからであって、しかしまだ油断できません。
私は自民党内でも自由な発言を封じ込める全体主義に不安感を持っています。
貼って下さったオペラのリンク、どれも素晴らしいですね。
カップッチッリは「国士」の役を歌うと右に出る者はいません。
こんな時、音楽家同士、わかりあえるのが嬉しいことです。
「エツイオ」も「ル・シッド」も、共通点は自分の損得に関わりなく、
祖国の防衛に努める「献身」です。それこそ英雄、
そんな政治家を応援しています。もちろん三宅先生♪

No title

http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/50f9b35ae31fc1b76b5b3842ffcb1622

mille mille mille grazie,
とても感謝しております。

エツイオこと三宅博先生の新しい文です。

いつも「外務省」だけのせいにしているけれど、外務省って国から独立した組織ではないもの、いつもこうしてとぼける風潮に「またか」って思いました。

http://blog.goo.ne.jp/yaonomiyake/e/cc2bc1b6dbaf01cf0e35d1c05551ec23

私も書きました。

なんだかおかしい日本、国民をバカとでも思っているのでしょうか。
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/2ba1d8461948dbe7b66eadd63aa3cd1d

Re: Re: Re: Alla Signorina Bella

沢山のコメントをどうも有り難うございました。
三宅先生のコメントは割りあい短いので
メールにそのまま貼り付けて送ったのですが、
もう1度、三宅先生のイタリア語をブログの記事ごと
送信しました。
前、高橋富代さんのエッセイを送った時には、
長いのでファイルに書いてメールに添付しました。

2月15日のために、出来るかどうか分かりませんが、
少しでも後押し出きれば、と思っています。

時間がある限り、三宅先生の次の記事もイタリア語に
してみます。
本当に何故外務省だけのせいにするのか、
総理に会ったら尋ねたいです(会うことはありませんが)
民主党が良いとは思いませんが、
民主を落とした時のあの勢いはどこに行ったのかね。
首相も稲田さんも。
米屋がそんなに怖いのかな。

金を出すのなら、もっと花やかに日本を宣伝すると
良いですのに。

櫻井よしこさんも、もう何をか言わんや、
ご自分の利益を軸に転んで行く方なのですね。
政治屋さんというのは、きれいな商売では
ないのでしょうけれど。

三宅先生も中山先生も澄み過ぎているのかもしれません。
日本の、人類の良心です。

新聞内容への反論をありがとうございます。

それにしても2月15日に日本政府はどれだけできるのでしょうか。
今までが今までだけに、怒りと不安でいっぱいです。
とても苦しい思いです。
イタリアの新聞、やはり(安倍さんの言葉からはそう受け取られても仕方ないのですが)・・・ご丁寧で正確な反論に感謝しております。

今日も「アッティラ」を聴きます。

Alla Signorina Bella

いつもコメントにお出でくださって、
どうも有り難うございます。
三宅先生のレビューを、知っている限りの新聞社に送りました。
新聞社にメールをしたのは初めてで、とても送り易いシステムになっています。前、高橋議員のエッセイは個人的に送信しました。

今回は高橋富代先生の方は、「なでしこアクション」さんのサイトから
アメリカ上院議員と下院議員のメールを知ったので、そちらに送りました。この手があったのですね。イタリアの上、下議員にも送ってみます。政治家は全く知りませんが、16日までに間に合うように。

メールに三宅先生のレビューを添付した上に、ブログの記事も貼って送りました。
明日中に上、下議員に、ベッラさんのブログの記事も貼りつけて送信
します。

新聞に載ることは期待していませんが、読んだ人達が、少しでも心に留めてくれれば、日本への見方を変える、わずかの原動力になれば、と祈りつつ。

レナート・ブルゾンもとてもいいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

良かったですね!

E' meglio tardi che mai.
Coffeeさんが「遅きに失した」と仰っていますがね、
何もしないよりはマシでしたでしょう。

杉田水脈議員やなでしこアクションさんのおかげですね。

イタリア人は大方、保存主義ですが、
好奇心旺盛なところもあって
珍し物がり屋なので、
ベッラさんのブログを見て、
「アッティラ」や「ドンカルロ」「運命の力」
などに聴き入っているかもしれません。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR