10
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ナルチスとゴルトムント コーヒーブレイク

ジュゼッペ・ヴェルディのアイーダ、椿姫などは
(お好きな方は御存じと思います。)
バルコニー席でワインとおつまみを頂きながら、
同席の人と雑談しつつ楽しむオペラ、と思っております。

1作ごとに多大な収入があったヴェルディのオペラは
23,4世紀には今日のようには上演されないでしょう。
(御免なさい、ファンの方、というより
 御免なさい、イタリアの方達)
イタリアではヴェルディは偉大です。

彼のオペラのいくつかは23,4世紀にも残ると思います。
「アイーダ」でしたら「凱旋行進曲」、晩年の「オテロ」、
「ファルスタッフ」、そして初期の「ナブッコ・ドンソール、」
の中の特に「Va pensiero sulle ali dorate」
行け我が思い、と訳されていると思います。
この国の第二国歌になっております。
初めてこの歌詞の意味が分かった時に震えました。
詩と音楽がこれ程一致している曲はヴェルディの中で珍しいです。
神懸っているというと大袈裟ですが
彼岸からやって来た音楽です。

バッハ、モーツァルト、耳が聞こえなくなってからのベートーヴェン、
彼等の音楽は神の創作として聴いた方が理解し易いです。

「ナルチスとゴルトムント」を10年ぶりで再読していまして、
あぁ、この小説すごいなと今更ながら思いますのは
作品がヘッセのペンから放れて独りでに歩いている、
ヘッセはタイプライターで書いた人ですが。
作品がヘッセを連れて諸事諸方を駆け巡っている。
あるいは涅槃から語りかけた小説でしょう。

司馬遼太郎の「菜の花の沖」「竜馬が行く」「翔ぶが如く」の
最後の部分にも同じことを感じます。
時間のある時に未読の方はお読みになってみて下さい。
私も読みたい本がまだまだ沢山あります。

「ナルチス・・・」は後何回懸るのか分かりません、
決めておりませんが、こちらも
小説を未読の方はご一読なさってみて下さい。
私は高橋健二さんしか知りませんが、どの翻訳家も
それぞれよろしいと思います。名作になる程、文章が煮詰まって
簡素になりますので、原文でも読み易いかと思います。



No title

自分のペースでゆっくりしてください。

誰かの口から知らない物語を聞くのって、楽しいものです。

Re: No title

いつも投稿して下さってどうも有難うございます。
最近、時間があるので、東方異人様のフェイスブックに
お邪魔しました。とっても綺麗な風景を
楽しみました。
この3,4ヶ月出無精だったのですが、
色々なブログにお邪魔することにしました。
ヘッセに関連したブログにお邪魔して
コメント欄に書かせて頂いたのですが
ブログのタイトルを忘れてしまって
はて、私はどこに投稿したのでしょう?
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR