10
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

サッカーの王様

Il Re del Calcio と呼ばれます、
エドソン・アランテス・ド・ナシメント(1940~)
サッカーの王様、
愛称ペレ。

イタリアで5月に彼の伝記映画が公開されました。
日本では7月の公開でしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=gcN8ZmYyJVY

https://www.youtube.com/watch?v=hM_0Y-1kkpw

https://www.youtube.com/watch?v=rb6jNP1ufu8

https://www.youtube.com/watch?v=tTj4dIDm220

https://www.youtube.com/watch?v=q9QwBXdnK7k

https://www.youtube.com/watch?v=mKb3ox9TAaA

映画「ペレ」の脚本兼監督は、
ジェフ・ジンバリストとミシェル・ジンバリストです。
アメリカ映画なのですが、
アメリカ映画というのは、子供の描き方がとても
上手ですね。
偏見かも、ですが、イタリアと日本は美味くない。
日本人は子供に甘い、米国人は厳しい、のだそうですが、
アメリカ映画というのは子供への愛情が溢れていますし、
子供を中心にした映画が面白い、
登場する子供達も自然体です、ね。

おまけで、
お気を悪くされるかもしれませんが、
日本では子供を中心にした作品は見当たりませんし、
たまに登場しても楽しくないですね。

ついでながら、
ニューヨークに毎日同じフィルムばかり上映している
1つのシアターがあり、客席は、いつも満員なのだそうです。
演目は「サウンドオブミュージック」

アメリカの健全な側面で、国の大きな力となる、
のかもしれません。

Guten Tag!

私もこの映画が大好きです。家庭的だし暖かいし、
Das Film ist sehr schön, sehr sehr schön!!
漫画を除けば子供が主役のドラマって日本にはないです。
日本とドイツは大人の目で子供を見ているんですよね。小説ではドイツはけっこう子供に愛情をそそいでいる作品があります。
昔の、日本にも紹介された「愛の一家」、あの小説は私のバイブルです。「ナルチスとゴルトムント」の次に好きかな。恋愛だと小説ではなくて実際のもので、ドイツの男女関係、恋愛関係とゆうのは成熟した大人の恋愛です。大の男は小さい少女を相手にしないです。見ていてしっかりした確かな関係で、そんなに若くない者同士が親密に寄り添っているのは微笑ましい光景です。

Buon giorno!

貴女がお好きなのは、きっと
ペレでなくてサウンドオブミュージックの方ですね。
何度観ても清々しい、飽きない映画ですね。

「愛の一家」は子供の頃にクラスの中で
貸し借り図書をやっていて、その時に
お借りして読んだことがあります。
今度は原語で読んでみよう!と思います。
アグネス・ザッパー ですね。

日本では佐藤さとる、坪田譲二、宮沢賢治の
「どんぐりと山猫」なんか好きですけれど。
チューブで「漫画日本昔話」を見まして、
楽しくて面白いですね。
心温まるものが好いです、「愛の一家」のように。

仕事の合間に息抜きで見て、
そのまま見続けてしまい、後で慌てることがあります。

それでは今夜も精を出しましょう!

Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR