10
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

桜井誠さんと応援団

 桜井誠さんです。助っ人決定。
https://www.youtube.com/watch?v=2pYC8f97sdA

https://www.youtube.com/watch?v=2pYC8f97sdA


動画でのお話の中で
日本人は、私たちは韓国人慰安婦ではなく
犠牲になった日本女性にこそ謝るべきだ、
と言っています。当にその通りです。
謝罪するなら多大な金子と共に
日本の女性にですよ、アメちゃん。

外国の女性には容易く謝っても、同国の女性には
出来ないでしょうね。
これね、日本人体質な部分もあるんですよね。

ねずさんのブログは素晴らしいけれど、
ねずさんが、いくら日本の男女の在り方を庇っても
日本女性は少し前までは人権差別を受けていましたよ。
風呂敷包みを持たせて後ろに侍らせて歩く、なんぞ、
どう考えてもお手伝いさん代わりでしょう。

ただ、家庭内では女性の天下、が多い、
多かったですけれども。

おう、まわり道でした。
ですからね、外人に謝罪するよりも
日本人に深く謝罪するべきなのですよね。

日本第一党

時々桜井誠をエントリーしてくれるからありがたい。
日本第一党は期待の党だ。

安倍に何回騙されれば気が済むんだ。
安倍に思い入れがある奴は醜女の深情けのようだ。
殴られても捨てられても安倍しかいない。演歌の歌の文句みたいだな。
今時、演歌の女はいないが安倍の信者はいる。

日本第一党をよろしく、な。


エントリ違いだが

ノーベル賞史上、明らかに拒否した受賞者が2人いる。
その1人はサルトルと、もう1人は平和賞のベトナム人。
ディランは未だに無視。受けるつもりがあるのだろうか、ないのだろうか。
受賞を夢見て躍起となった三島や村上とはえらい違う。
反日の村上が今年も受賞を逃したのはイイことだ。
生理学・医学賞で、これ以上日本人受賞はありえんと思っていたが。
ジッドもヘッセもノーベルに心血を注がなかった。
そもそもあの2人、ノーベル賞受賞者だということも知られていないんじゃないかな。
”ノーベル賞と文学作品の本質”なんてのを論文形式で出版しても、誰も買わんだろうな、

桜井一党を断然支援!

ブレない桜井誠

ブレナイ桜井
ブレる安倍ってかね、ぶれてるんじゃない。もともと安倍は
選挙と保身しか脳内にないのさ。
民進党だけが敵じゃない。
目を覚ませ、演歌女。
オレンジラジオも聞いておくれ。

今日は。

いらっしゃい、
銭形永平次さん、A.GIDEさん、通行人Yさん。

ボブ・ディランからの返事は未だ不明ですね。
丁度、ディランの授与発表の日にダリオ・フォーが
亡くなりました。
ダリオ・フォーの受賞時にも、かなり論争をかもしました。、
今回も、スウェーデン王立アカデミーは
純文学を選ばない、と議論が起こっています。

故ウンベルト・エーコや、ジャーナリストのメンターナなどは、
選考委員会のことを”バカ軍団” ですと。
確かに! 昔とは違いますね。尤も、
ジッド、ロラン、タゴール、マンにしましても、
”何たら賞”を越えた実のある作品の作者ですものね。

演歌は嫌いではないけれど、
安倍信者は・・・頑迷なようですね。
何がしかの賜りものがあるのかもしれません。







おかしい国だ 日本は

クリスマスはまだ解かるとして、(ガマンできるとして)
何でハロウィンやるの?キリスト教の祭り騒ぎが日本とどんな
関わりがあるのか、バッカじゃねえか。

通行人Zさん、

ハロウィンはこの近年です、こちらでも。
私にも違和感があるお祭りですが、
儲ける人々もいるわけです。
商業祭、ですね。

人間は影響を受け易いものですが、
日本人は特に乗り易いですね。
宗教観がないせいもあるのでしょうね。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR