10
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ナルチスとゴルトムント マリアブロン修道院

「ヴァルキューレ」は年が明けてからにお願いします。

ヴァーグナーと同年生まれのジュゼッペ・ヴェルディは
「ワーグナー熱風」が吹き荒れていた頃にも、どこ吹く風で
「我々イタリア人は、神話の世界ではなく人間のドラマを書くのだ」
と若い作曲家たちに忠言していました。
しかし、2人が描きたかったものは同じもの、つまり人間ドラマでしょう。
ヴェルディは、それを歴史劇に求め、
ワーグナーは神話に求めました。
「ワルキューレ」にしましても神々の姿を借りた恋愛ドラマです。
恋愛というのは題材にし易い、人間の尽きないテーマなのでしょう。


ナルチスとゴルトムント 2人が出会う前です。
2人が醸し出すのは恋愛ではなく、友情ではなく
人間の肉体と精神を精粋して昇華したもので、
腐女子(ちょっと古い言葉ですか)でなくても、
男同士だから、より時めきを感じる愛です。

  Unter dem ausländischen Baume waren schon manche Generationen von Klosterschülern vorübergegangen; ihre Schreibtafeln
unterm Arm, schwatzend, lachend, spielend, streitend, je nach der Jahreszeit barfuß oder beschuht, eine Blume im Mund,
eine Nuß zwischen den Zähnen oder eine Schneeball in der Hand. Immer neue kamen, alle paar Jahre waren es andere Gesichter,
die meisten einander ähnlich: blond und kraushaarig Manche bleiben da, wurden Novizen, wurden Mönche, bekamen das Haar
geschoren, trugen Kutte und Strick, lasen in Büchern, unterwiesen die Knaben, wurden alt, starben. Andre, wenn ihre Schülerjahren vorbei waren, wurden von ihren Eltern heimgeholt, in Ritterburgen, in Kaufmanns- und Handwerkerhäuser, liefen in die Welt und
trieben ihre Spiele und Gewerbe, kamen etwa einmal zu einem Besuch ins Kloster zurück, Männer geworden, brachten kleine
Söhne als Schüler zu den Patres, schauten lächelnd und Gedankenvoll eine Weile zum Kastanienbaum empor,
verloren sich wieder.

Sotto l'albero esotico eran già passate parecchie generazioni di scolari: le loro lavagnette sotto il braccio, chiacchierando, ridendo, giocando, litigando, scalzi o calzati secondo la stagione, un fiore in bocca, una noce fra i denti o una palla di neve in mano. Ne venivan sempre di nuovi: ogni paio d'anni erano altri visi; i più s'assomigliavano: biondi e ricciuti. Parecchi rimanevano, diventavano novizi, diventavano monaci, ricevevano la tonsura, portavano tonaca e cordone, leggevano libri, istruivano i ragazzi, invecchiavano, morivano. Altri, terminati gli anni di scuola, venivano ricondotti a casa dai genitori: in castelli feudali, in dimore di commercianti e d'artigiani, correvano il mondo, dediti ai loro passatempi e alle loro professioni; ritornavano qualche volta in visita al convento, fatti uomini portavano i loro figlioletti come scolari ai padri, sostavano un poco a guardar sorridenti e pensierosi il castagno, si perdevano di nuovo.



Und immer war unter der Schar der Mönche und Schüler, der frommen und der lauen, der festenden und der feisten,
immer war zwischen den vielen, welche da kamen, lebten und starben, dieser und jener Einzehlne und Besondere gewesen,
einer, den alle liebten oder alle fürchteten, einer, der auserwählt schien, einer, von dem noch lange gesprochen werde,
wenn seine Zeitgenossen vergessen waren.
Auch jetzt gab es im Kloster Mariabronn zwei Einzelne Besondere, einen Alten und einen Jungen.

E nella schiera dei monaci e degli scolari, di quelli pii e di quelli tiepidi, degli astinenti e dei prosperosi, fra i tanti che venivano, vivevano e morivano, c'era sempre stato questo o quell'individuo singolare, che tutti amavano o che tutti temevano, uno eletto, `del quale si continuava a parlare a lungo, quando i suoi contemporanei eran già dimenticati. Anche in quel momento c'erano nel monastero di Mariabronn due personalità singolari: un vecchio e un giovane.



Zwischen den vielen Brüdern, deren Schwärm die Dormente, Kirchen und Schulsäle erfüllte, gab es zwei, von denen jeder wußte, auf die jeder achtete. Es gab den Abt Daniel, den Alten, und den Zögling Narziß, den Jungen, der erst seit kurzem das Noviziat angetreten hatte, aber seiner besonderen Gaben wegen gegen alles Herkommen schon als Lehrer verwendet wurde, besonders im Griechischen. Diese beiden, der Abt und der Novize, hatten Geltung Im Hause, waren beobachtet und weckten Neugierde, wurden bewundert und beneidet und auch helmlich gelästert. Den

Fra i molti frati che sciamavano per i dormitori, per le chiese e per le aule scolastiche, due ce n'erano di cui tutti parlavano, a cui tutti guardavano: L'abate Daniele, il vecchio, e l'allievo Narciso, il giovane, che aveva cominciato da poco il noviziato, ma per le sue doti particolari, contro ogni tradizione, era già impiegato come insegnante, specialmente di greco. Questi due, L'abate e il novizio, avevano autorità nel convento, attiravano l'attenzione e la curiosità erano ammirati, invidiati e in segreto anche calunniati.

明日は大晦日

お忙しいのに申し訳ありません。
ドイツ語とイタリア語両方で書いてくださるので、最近イタリア語も何となく解るようになりました。
どうぞ良いお年を。また伺います。
私も忙しいです(*'▽')

こんにちは!

お忙しいのに訪問してくださり
どうも有り難うございます。

「ナルチスとゴルトムント」は私の楽しみです。

Flügelさんのおかげで一層、書き続ける
意欲が湧いております。

良い大晦日を。
そして良いお年と
良いお仕事を!

竹おばあ様をお大切に。

良い年を迎えてください

コピペしようとしたが長すぎるのでリンクします。

日本がアブナイ!
http://mewrun7.exblog.jp/25108585/
安倍の大嘘ワースト10・2016~まやかしだらけの国政、答弁。息をするように平気で嘘をつく

安倍さんファンはこれに反論してください。

安倍しかいないというのは答えじゃないよ

通行人Yさん、

こんにちは!
mew-run7さんのブログ、
お邪魔に上がっています。

来年、憲法改正に至ったとしましたら、
安倍政権が為して来たこと、
全て覆るのですかね。
そういうことはないでしょう。

憲法改正以前に国民に強いてきた、強いている
政策を重要視すべきです。

ゴルフをなさっているのでしょうけれど、
それはそれで各々の趣味ですから。

しかし、昨年の日韓合意1つ取っても
今更思い出さないのでしょうか。
世界への言葉と、国会での答弁を。
ダブルスタンダード、二枚舌という罪悪感がないのでしょうか。

ファンの方たちは彼の政策をどう思われるのでしょうね。
私は安倍さんは保守ではない、
左翼自民党の政治屋だと思っております。

ともあれ佳いお年をお迎えください。
日本国民(私も)が暮らし良い日本になりますように。




余すところわずか

1時間足らずで今年も過ぎて行きまする。
今年は世話になり申した。
来年も宜しくでござる。

明けました

2017年 平成29年ですね。

こちらはまだ2016年です。
8時間後にお年が明けます。

遠山殿にとってより良い年になりますように、
お祈り申し上げます。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR