08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

おばあちゃん子

エマヌエル・マクロンのことです。
マクロン大統領になり、イタリアはホッとしたような、
落胆したような。
マクロン当選が決まってから、歓喜の合唱(EUテーマ音楽)の後に、
何故かRAIでは、同じベートーヴェンの「悲愴」を流していました。
もしも、ルペンが当選していたらフランスはEU脱退、イタリアも
フランスを追う予定で、ユーロから元のリラに替わるはずでした。
これはこれで混乱を来しますけれどね。

マクロンは大層な文化人、とりわけ国際金融に関しての専門家で
「ファイナンス・モーツァルト」という異名を持っています。
これはちょっと頂けない。モーツァルトは名にし負う財政音痴でした。
しかし、その名を冠せられたのは金融に関しては、モーツァルトのように
天才的ということからでしょう。

マクロンになりイタリアとフランスは、あまり親密ではなくなるようです。
投票数からしますと、フランスはそれほど遠くない将来、Frexitに
なるのでは。

さて、マクロンのこと、彼はおばあちゃん子でした。
1977年、ピッカルディのアミアンスに生まれた彼は
ご両親が病院勤務医師をしており、お忙しかったので、
おばあちゃんに育てられた、
というか、良く見てもらったのですね。
嘗て教師をしていたおばあちゃんは孫のエマヌエルが
学校から帰って来ると、地理、歴史、文法等を教え込みました。
ずいぶんな教育ばあちゃんですね。
おばあちゃんの傍らで、いつもモリエールやラシーヌ、ドュアメルを
大きな声で読んだそうな。
彼女が好きなのはモーリャックとジオノであったそうです。

おばあちゃんのご両親は、つまりマクロンの曾祖父母ですね。
大お爺ちゃんは鉄道員でした。
2人は文盲(これは差別用語になるのですか)でした。
しかし、あの時代には読み書きできない人は多かった
のではないですか?
大爺ちゃんは全く読めないわけではない、
読むのに骨を折ったそうです。
大ばあちゃんの生きた頃は女性が虐げられていた時代でした。
それを見て育ったおばあちゃんは一念発起、
苦学して教師になったのでありました。
彼女は何よりも文学と哲学と偉大な文学者を重要視していた
のだそうです。

ムスリムの女性がヴェールを被って生活しているのを見たら
彼女はきっと、内面で葛藤し嘆いたでしょう。
反啓蒙思想は真の知識を得るのを妨げる、と。
知識にはいつも開放的でなければならない、と。

地上には愛がなければ善はない。
私はよく想い出す、彼女の声、顔、自由と厳しさ。
彼女の想い出を。

Bonjour

ル・ペンもマクロンもそれぞれが生きて来た歴史を
持ってますね。一概にこの人はこうと定義付はできません。
ヘッセがヒューマニストだったように、お祖母ちゃんは
モーリャックやジオノなどの人道主義作家を愛していた、
彼女もまたヒューマニストだったのだろう。

ジャン・ジオノのL'Homme qui plantait des arbres
知っているかもしれません。
「木を植えた男」 植樹林をしているうちに、いつか森になって
広がっていたという話です。
Colline「丘」で彼はアンドレ・ジッドに認められました。
未読ならぜひご一読を。

フランソワ・モーリャックはノーベル賞作家です。
カトリックを基調としている作品を多く書いています。
こっちも是非ご一読を。読んで損はしない。

Guten Abend!

私は個人的に国民戦線マリーヌ・ルペンを内心で
応援していました。4月には接戦だったのに。
マクロンはメルケルに近いという言われようですが、
メルケルも結構苦しい立場であり、
右派も左派も国益重視しているので日本とは違います。
日本は右も左も自分の国を潰そうとしていますし、
今回の予算委員会質疑で安倍が考えられない、
でたらめ答弁しています。これも民度ですね。
マクロンのお祖母ちゃんエピソードを知りますと、
何となくマクロンに親しみが湧きます。
Frexitになるのかどうか。テロが多発していて大変ですね。

Flügelさん, AndreGideさん

Buon Giorno,
いらっしゃい、Flügelさん、 Andre・Gideさん
私も内心ではマリーヌ・ルペンを応援していました。
ルペンさんが大統領になるには、今少し時機が早いようですね。
国民の傾向としてはルペンさんに向きかけているのでは
ないですか。

テロリズムといえば、今朝、ほんの少し前に
ローマで爆発事件がありました。
2個の爆弾が郵便局の入り口近くで爆発、
けが人はいなかったようです。幸いに。
しかし、何とも、もの怖ろしい出来事です。

日本も移民難民が増えていますから、
人道だなんだかんだと言う前に気を付けないと。
入れるだけ簡単に入国させておいて、
後は無責任ですからね。
文化財に油を撒かれたり破損されたり、犯人は
挙がっているのですかね。

ここで、中韓は敵だ、としませんように。
中韓からの入国をし易いようにしているのは安倍内閣です。
読んでくださっている方たちに申しています。

話を変えましょう、腹が立って来るから。

マクロンの話の中で、私が存じているのは(名前だけ)
風刺劇のモリエールと悲劇のラシーヌだけです。
モーリャックの名も聞いたことはあります。
デュアメル、ジオノなど耳慣れない。でも、
読んでみたい作家です。

ヘッセとジッドはフランス語で手紙のやり取りを
したのでしょうか、それともドイツ語で?






母は魔物だった

おはようございます
(14日1;20です)

母は顕子といいました
大正二年の生まれでした
困ったことがあると母は必ず亡き『母』に相談したそうです
するとそこには答えがあったとか・・・・
おいらも瞬時に三歳に還ることができます
ここには全ての基本がありますから・・・

来月の後半にカナダの親父殿と長屋の殿と
お酒が吞める運びとなりました
いまから楽しみでございます

ミリティさんのお陰で
お「フランス」にも目が向くようになりました
感謝でございます
よきに付け悪しきにつけ
楽しいお国ですね

良い週末をどうぞ・・・・。

はしびろこうウナさん、

お今晩は。
そうですね、女の子は何かにつけて母親と話しますよね。
お父さんに相談することは滅多にない。

アンドレ・ジッドさんのおかげで
お「フランス」に関心が多くなったのは私です。

カナダ殿や長屋殿と共に大いに飲み
大いに語ってください。

また、ウナさんのブログにお邪魔します。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR