06
1
2
4
5
6
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
23
24
25
27
28
30
   

ショパンとジョルジュ・サンド

乗馬ズボンを身に着け葉巻を薫らした(くゆらした)伝説の男装の麗人、
ジョルジュ・サンド(1804~1874)はペンネーム。
多作といわれるフランスの女流作家です。
本名、オーロール・ドュパン。
「オーロール、何と美しい名だろう」とショパンが感嘆した、
このオーロールという名はイタリア語でアウローラ、
夜明けの太陽の光という意味で、私も美しいと感じる名前です。

結婚し別れ、2児の母親でもあった彼女は、
フランツ・リストをも、ものにした、もとい、
リストとも恋愛関係になった、いわゆる恋多き女性でした。
恋愛に何故か照明が当てられる彼女ですが、
あの時代にフェミニストだった。
政治に興味を持ち、その思想は共和主義から社会主義へと移行し、
女性の参政権に尽力した人であったことの方が私には重要に思えます。

恥ずかしながら私は多作である彼女の「愛の妖精」しか読んだことがありません。
他の作品は知らないのですが「愛の妖精」を読む限り
男装とは裏腹に、何と女性らしい作家だろうと思うわけです。

そんな彼女に目を付けられた、もとい、見初められたフレデリック・ショパン。
(1810~1849 ポーランド ワルシャワ近郊に生まれました)
彼はリストと並ぶ美男子でありました。ショパンの美しさはたおやかで、
昼顔のような青い花を連想させるイケメン男子でありました。
サンドよりも6歳若かった。ショパン28歳、ですからサンドは34歳ですね。
「なんつうイヤな女だ、あれは本当に女なのか!」と会ったばかりには
サンドを嫌っていたショパン、しかし、徐々にサンドの術中に陥り、
いや、陥ったわけではない。サンドの大きな、母親のような愛情に包み込まれて行ったのです。
サンドと共にいた頃に、
「子犬のワルツ」「軍隊ポロネーズ」「ノクターンn27」「変ロ短調ソナタ」と
名曲を生み出し、サンド親子3人と共にマジョルカ島に行った時に作った
「雨だれ」、これリンクしますね。24の前奏曲中15番目です。

Chopin prelude n.15 - "la goccia" - guida all'ascolto di don Giussani

サンドの浮気で恋愛関係は破綻になりますが、
ショパンは彼女によって得たものも多かったのではないですか。
彼女は”ピアノの詩人”に美しい詩を添えて上げました。

「エオリアン・ハープ」(牧童の笛)です。
この曲はサンドと出会う前です。

Chopin "Aeolian Harp" Etude - ELENI TRAGANAS, Pianist

同じくエオリアン・ハープ ポッリーニです。
Chopin's Op.25 No.1 Etude (Aeolian Harp) Audio + Sheet Music










貴方、誰?

おはようございます
ショパン大好き!
毎朝ショパンで始まります
(ブロ友さんのページから)あはは
ミリテイさんに於かれましては
雨の朝から始められては如何ですか?
なにやら『雨』は汚れを洗いそうです・・・

昨日、早朝に神社へ行って参りました
小雨のなか・・・

皆様が居りました
小さな蚊になって・・・あはは
わたくしたちの存在は小さい
でも魂は大きい・・あまりにも

おはようございます
今日も一日が始まります
どうぞミリテイさんにとっても
佳き日でありますように・・・・。

エオリアン・ハープ

もう1つあるよ。
ロシヤ人のセルゲイ・リャプノフのです。
やはりピアノ曲で、やはりエチュードとして作曲してます。
彼もピアニストで、
ショパンもいいけど、リャプノフもいいです。
ロシア音楽に何となく惹かれます。

なんちゃってクラッシクファンの私。

Bonjour

雨と言えばショパンとサンドが旅行した時に
マジョルカ島では雨ばかり降っていたそうな。

長編小説、短編小説、戯曲、コメディー、と230から
240(あるいはそれ以上)に上る作品を書き
書簡は2000にもなる。

田園小説、産業革命に影響された
ポリティカル小説、
兄弟愛と平等主義を謳い、大衆文化への復帰へと発展
して行った。

わけても有名で名作とも言われるのが
田園小説の「愛の妖精」と「魔の沼」。

ミュッセとの恋愛も有名かな。

蚊の私が講釈するまでもない。
おばさんも、存じている人も結構いるのだろう。

Guten Tag!

ジョルジュ・サンドはドイツでゲオルグ・サンドと言われていて
学校や語学学校の教材に使われたりします。
コレットもサンドを信望っていうか、目指しているところがありましたよね。
おばさんがお好きなのはドビュッシーやラベルでしょう?
ブログを廻っていて、ショパンについて、
「ショパンは日本人に異様に好かれる」と言っている人が
いました。私もあまり好きではないです。
ただ、「雨だれ前奏曲」のあの3連符は「葬送行進曲」にも繋がり
ショパンの作曲心の深淵を暗示しています。
お気に触った人がいたらゴメンナサイ。
何分、蚊の言う意見ですから気にせずに流してください。

はしびろこうウナさん、

4,5月頃に脳炎に罹患した人がいると
ニュースの話題になりました。
蚊が媒介するウィルスによる脳炎もありますから
気を付けましょう。
神社で、沢山の蚊をご覧できてようございました。
安倍蚊や竹中平蔵蚊もいましたでしょう。
彼らは蚊よりも銀蠅ですか。あはは
私もまた蚊か銀蠅です。

汚れを落とすのは雨よりも雪がようございます。
私は雪の日には朝からタッペット、箒、塵取り、
プラスチック製品を雪の中に出しておきます。
お試しあれよ。

今年は雪は降りませんでした。
今、雨を待って埃だらけのホースを
表に出しているのですが、如何せん降りません。
雨乞いせねば。

空気が乾燥してポルトガルのようになっては悲惨です。
火と水にはご用心。

ウナさんもお仲間の蚊と末永く仲ように。
また、伺います。

通行人Yさん、風の奏でる竪琴

お詳しいですね。「エオリアン・ハープ」を探すと
おそらくショパンとリャプノフ以外にも
作曲者がいますでしょう。
リャプノフ作曲のものを次回リンクいたしますね。

竪琴を風につま弾かせるとはロマンチックですし、
考えたものですね。どんな音がしたのでしょうね。

コメントどうも有り難うございました。

Bonjour, A.GIDEさん,

いつも貴重な情報をどうも有り難うございます。

サンドと詩人のミュッセとの恋愛は
詳しく知らないまでも読み知っていました。
当に恋多き女ですね(笑)
羨ましいというか、よくやるわ、というか。
女性(女優)とも関係があったと読んだことがありますが。
詳しい話は知りません。

コレットはサンドの精神的な愛を目指していたのだとか。
やはりコレットも女性を愛しましたよね。
しかし、コレットの場合は本気であったのか、
美意識、美を形造るのが目的であったのか、
う~む、とジッド(確かジッド)を唸らせた筆力であったことは
確かですね。

また、いらしてください。

Guten Tag! Flügelさん、

異様に好かれているかどうかは解りませんが・・・

ショパンは子供の頃に学校の学芸会で、
大変上手に役柄をこなしたそうです。

Flügelさん、さすが鋭い!
雨だれ前奏曲の中間部、1小節内の8個の8分音符が、
全部Gisの音だけで何小節も続き、それが強調されて
人の耳に聞こえ「雨だれ」と名付けられたわけですが、
3連符というのは、この音のことでしょう。

リンクした「雨だれ」の中でショパン好きの神父さんが、
この強調される音について語っています。
近々訳してみますが、
Flügelさんが仰ったことと同じことを言っています。




もういくつ寝ると和尚が2・・

おはようございます
24日、3:10です

あと、四つ寝ますと、、あえます・・・?
額を三針縫ったとか・・
眼に埃が入り大変だったとか・・

心配でありますが仕方がありません
土産でも持って会ってまいります

旨いお酒でも吞んで写真も撮って
お話もいっぱい聞いて参ります

報告も致します

きな臭い事件だらけですが
足を地に着けていれば心配はありません

ミリティさんもよい週末をどうぞ
美味しいものでも食べて・・
あはは。

はしびろこう・ウナさん、

頭を縫ったとブログで知りました。
お大事にせねば。

もうすぐお会いできて楽しみですね!
オフ会ということですね。

報告をお待ちします。
沢山呑んで食べて話に花を咲かせてください。
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR