11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

父の日に

6月18日が父の日でありました。
イタリアの父の日は3月19日、
キリストのお父さんのサン・ジュゼッペ(聖ヨーゼフ)の日が
「父の日」です。
過ぎてしまいましたが、
ウェブサイトで見つけたお父さんへの詩


FILASTROCCA DI PAPA',   Di Vincenzo Riccio
  お父さんの童謡
  ヴィンチェンツォ・リッチョ

Che chiedeva alla sua fata, mastro Geppetto?
Di avere un bimbo vero da stringere sul petto.
Ma prima volle vedere se era un papà paziente,
così gli diede un bimbo di legno impertinente.
Si vide subito che era un papà speciale
sopportava con un sorriso le sue birichinate.
Amò Pinocchio senza pensarci sù,
come da sempre, con me, papà fai tu.
Qualche volta anch'io divento un Pinocchio Birichino,
niente paura, papà,
il tuo amore mi fa tornare subito bambino. 

胸に抱き締める子供が欲しいと、
ファータにお願いしたの、マエストロ・ジェッペット?
でも、先ず、
あなたが辛抱強いお父さんかどうか知りたいから
木でできた生意気な人形を贈ります。
腕白坊主を微笑みながら見守る、忍耐強い
あなたは特別なお父さんだと、すぐに分かった。
何にも増してピノッキオを愛した。

時折、腕白ピノッキオになるぼくを、
いつも愛してくれるお父さん。
心配しないでね、お父さん、
あなたの愛がすぐにぼくを人間の子供に戻すから。


l suono di una parola,  Di Vincenzo Riccio
  一つの言葉の音
  ヴィンチェンツォ・リッチョ

Per la scuola media
Ogni parola vera si ricopre
di tenero sentimento,
e diventa unica in quel momento
che diventa voce.
Alcune le dico semplicemente,
senza impegno,
Altre, quelle che grido al mondo,
le affido al vento .
Quelle che più amo,
diventano parole di silenzio,
intimi suoni,
come il tuo nome, papà,
che sempre mi sussurro dentro.

一つ一つの真実の言葉は
柔らかな情感に包まれて、
ある時に、ただ一つの声になると
中学生時代に気付いた。
ある声は束縛されずに安易に、
ある声は風に託して
世界への叫びとなる。
その中で最も愛する声は無言の声、
あなたの名のように、
いつも私の内でつぶやいている、
お父さん。


Serenata per papà,
da “Guida Fabbri” ed. Fabbri Editore
  父へのセレナーデ
  グイード・ファッブリとファッブリ出版社

Un papà come ce l’ho io
non lo dico per vanità,
è un campione
per conto mio
è un campione di serie A!
Ma un papà come te non c’è,
dai due poli all’equatore
non si trova in tutto il mondo
un papà che assomiglia a te!

自慢で言うんじゃないよ、
ぼくのお父さんは
チャンピオンなんだ、
セリエAのチャンピオン!
北極から南極から
赤道まで探しても
世界にはいない、
ぼくのお父さんのような人!


一昨年までウェブで探しても”父への詩”は
殆どありませんでしたが、今年は何故か増えました。
simpatica な(好感の持てる)詩ばかりで、
この3つ以外も美しい詩ばかりです。

O mio babbino caro - Mirella Freni (Gianni Schicchi)
 お父さんにお願い 
 「ジャンニ・スキッキ」(プッチーニ)から
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR