11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ショパン リャプノフ ボロディンなど


Chopin prelude n.15 - "la goccia" - guida all'ascolto di don Giussani

私はショパンの雨だれ前奏曲を100回位は聴いた。
私の父はどの作曲家よりもショパンを愛していたから。
中学生か高校生の時に(高校生だった、神の存在との
関わりを問題点にしていた時期だから)
突然、私は「雨だれ前奏曲」の美しさに気が付いた。
前景の主題のメロディとバリエーションは
外見的に確かに美しい。

しかし惹きつけられる部分はここではない。
真の部分は始めのメロディではない。
1つの音によって軽く始められ、その音は
次第に、次第に、次第に強くなる・・・

こうしてメロディは第2の行路に移り、
その音は、いつもいつも同じ音で膨らみ、
まさに単調で、そして前景に戻って行く。

その音に気づいた人は、主題はこの音であり
メロディではないと、
この音は固定された観念だと理解する。

最後の2,3小節で、やっと、
この音が優位に立っていると解る。

メロディがまた再開されて曲を支配する。
しかし、その後に、タック タック タックという
この雨だれの音が戻り、また曲を支配する。

100回この曲を聴いた後に私は突然解った、
この音は人生の意味だと。いつも平坦で変化がない
人生の主旨はこの音だ。

人生の色と変化は表面的なものだ。
色合いやバリエーションは人生のテーマではない。
人間が求めるもの、期待するものはそれではない。

固定観念となった幸福への願いだ。
メロディの中の、その音は
幸福の追求、心の要望、つまり消失点だ。

このプレリュードを聴いて確認してください。
このことが解ってから、全ての音楽の構成要素は
私には同じことだ。
例えばベートーヴェンのシンフォニー第7番の第2楽章、
ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲、
シューベルトの3重奏Op100・・・
全てを同じように聴くことができる。
       「宇宙の主体性(自意識)」から
        モンシニョール ドン・ジュッサー二


Sergei Liapunov - Etude d'execution transcendante Op.11 No.9 'Aeolian Harp'
  セルゲイ・リャプノフのエオリアン・ハープ


Nelle steppe dell'Asia centrale - Aleksandr Borodin
  アレクサンドル・ボロディンの中央アジアの高原にて






プライム・フライデー

誰のための何のためのプライムフライデイ。

彼は(神父)ショパンを中心にしてベートーベンやシューベルトを
考えているが、ちょっと方向違いではないかな、
ベートーベンが作曲した音楽は音楽そのものが人生であって、
人間性そのもので、哲学そのものなので、ショパンとは比べられないのではないか。
シューベルトの天才性もショパンとは全く違う。
でもこの雨だれプレリュードは彼が説明したように
人生哲学を考えさせてくれる音楽ですね。
リャプノフとボロディンをどうもありがとう。

カレイドスコープ

万華鏡のような華麗さに魅かれる人は魅かれるのでしょうね。
華やかで複雑なテクニックと甘美なメロディは
ひところ前のリチャード・クレイダーマンやポール・モーリアに繋がって行くような。

雨だれは、こうして何度も聴くと哲学的な曲で
ピアノの詩人だったショパンの作曲の原動力のようなものを
感じます。リンクをありがとうございました。

Flügelさん、通行人Yさん、

コメントを有難うございます。
雨が降らないうえに暑くて、今日は格別暑いです。
38~40℃まで上がるのだとか。
冬は寒くて夏は暑い、仕方のないことです。

日本は梅雨がもうすぐ明けますでしょうね。
プレミアムフライデイに便乗して楽しんでいるかたも
いるのですか?
それ程その日を利用しないように見えます。
このまま定着するのですかね。

好い週末をお過ごしください。
お昼には、ラジオでチャイコフスキーの
「ヴァイオリン協奏曲」を聴きつつ、
サンドイッチをいただきました。

また、おいでください。

Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR