10
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Quel pianeta blu 地球は青かった

ユリ・ガガーリン(1934~1968)の言葉です。
人類初の宇宙飛行士です。

書き足して行きますので済みません。

ベッラさんからいただきます。
Grazie, Signorina Bella ベッラさん、有難う。
https://www.youtube.com/watch?v=nqHe5tHUzuM
イリーナ・アルクヒーポヴァ(1925~2010)

1917年はロシア革命の年でした(100年前の3月と11月、
2月と10月という説がありますが、それは旧暦読みです)
農奴・労働者が皇帝ニコライ二世に対して反乱・革命を起こしました。
日露戦争の後のことです。
帝政ロシアが滅び、資本家が握った政権‘’臨時政府"が誕生し
労働者や兵士の”ソビエト”と対立します。
そこに登場したのがレーニン(1870~1924で)、
労働者や兵士に権力奮取を鼓舞します。
3月のこと。

農民、労働者、兵士からなるソビエトは
資本家の臨時政府によって弾圧され、レーニンはフィンランドへ逃亡。
ケレンスキーという人を首相としましたが、すぐに帝政派の将軍である
コルニーロフが皇帝を戻そうと反乱を起こします。
これは鎮圧せねば、とケレンスキーはレーニン率いる
軍隊の力を借りて凌ぎ、この機にレーニンは
臨時政府をも討ち果たしてしまいました。

これが世に言う11月革命です。
世界初の社会主義国「ソビエト連邦社会主義共和国」が誕生しました。
暗殺未遂によって健康を害したレーニンの後に、
悪名高いスターリンが出現します。

ガガーリンも声楽家のアルクヒーポヴァも革命後の
ソビエト連邦に誕生した人たちです。

ショスタコーヴィチは革命の年に11、2歳で革命を知っていました。

もう1つ、イリーナ・アルクヒーポヴァのヴェルディのアリア
https://www.youtube.com/watch?v=pVcDd5M0-gw


こちらはショスタコーヴィッチ(1906~1975)の交響曲第1番です。
https://www.youtube.com/watch?v=hM5LxEUazgo


ベッリーニの「彷徨う銀の月」
前にもリンクしました。と思うけど・・・
https://www.youtube.com/watch?v=QYsh4IoPCeM

青い地球は誰のもの
https://www.youtube.com/watch?v=juQZxhhkFc0

鉄腕アトム(^^)
https://www.youtube.com/watch?v=KGq6z1mEU9Q


Guten Tag!

チャイコフスキーの「わが悩みを知るはただ」
struggente←おばさんから教わったイタリア語です。
ほんとに胸に迫る行き場のない情熱を感じ
ゲーテの原詩にはシューベルトの
「わが悩み知るはただ」のほうがいい、ぴったり来ます。
ゲーテはシューベルトを無視していました(おばさんからの
受け入れです)
天才、天才を知らずでしたね。
Yさんが好きなヴァイオリンコンチェルト1番(チャイコフスキー)
私も好きでよく聴きました。
「彷徨う月」はガラッと雰囲気が違いエレガントで心を鎮めて
くれます。
また、訪ないますね。

パールハーバー訪問

真珠湾を訪なったトランプは
広島長崎も訪れるのかね、花を持って。
北朝鮮と「現実的な対話」を意図しているが
結局北への献金でしょう。その献金は、
どこから出るのかというと、
皆さんご存知のあの国が中心になって金を出すのです。
あの国ってどこの国か分かりますか?
消費税2%引き上げ、それは北朝鮮支援が目的なのです。
増税2%の行く方を私たちははっきりと知らなければならない。
国民である私たちには緊縮を強いて
外国にはニコニコ外交。GDPは下がり続け。
また、金銭をばら撒かなければ成果を上げられない
安倍外交の真髄を私たちははっきりと知るべきなのです。
自民党が圧勝したと喜んでいるのはネトウヨ、
ネトウヨの正体は、獅子身中の虫と嫌悪している左翼なのです。
獅子の中の虫が誰か日本人は知るべきなのだ。



No title

57億の寄付ですとさ!
財政赤字はどこに飛んでったのやら。
国民には緊縮策を強いて
外国には媚びること媚びること
今はもうこれしか言えない。
〇〇〇〇
早よ〇ねや、カルト信者を連れて行け!
地獄からの使者が待っとるでん。

お早うございます

安倍さんが、どういう心算で外交をしているのか
とんと見当がつきません。
政権が長いのですし陰に主役がいるとも考えられません。
57億は世界への投資であったとしても、
「保育園落ちた日本しね」の
日本女性を、先ず自国の女性の便宜を図り
その後に世界への貢献をするべきでしょう。

こちらは「ダイヤモンドオンライン」からの引用です。
 「ドナルド・トランプ大統領が11月5日に初来日した。
ゴルフ、銀座、4度の食事会と、まるで成金の社長さんを
接待するかのようにご機嫌を取り、
ことさらに「今ほど日米関係が緊密なことはない」と強調した。
しかし、具体的に何が進展したかといえば何もない。

結局アメリカは、北朝鮮が米軍グアム基地や米国本土を
直接攻撃できるミサイルを開発する可能性が出てきた時に
初めて北朝鮮問題に介入してきた。

今回の訪日でもひたすらアメリカファーストであった。
安倍首相は機嫌を損ねて「日本を捨てる」と
言い出さないようにただひたすらに歓待していたように
(阿っていたように)見える」

最初に「戦後レジュームからの脱却」
なんて言わなければいいですのにね。
政治組織、組織票が大きいだけで、
やってることは皆同じ。

寧ろ劣悪、か・も・ね!

コメントをどうも有り難うございました、
Flügel さん、大岡忠相さん、銭形勘次さん。




続きです

ダイヤモンドオンラインの記事には
続きがありまして、
筆者は日米関係を諦めているのか、
アメリカ擁護なのか、
(あるいは自分のメリットのためなのか)

アメリカのお陰で経済成長した
だから現在の関係は必然なのだと言っていますが、
日本のメリットを考えて支援してくれる外国はない。
アメリカはアメリカのメリットを十分考えての
政策でしたでしょう。

それからイタリアで人気のないトランプは
「彼は礼儀知らずだ、天皇陛下の前で
riverenza(カートシィ)しなかった!
ですって。

ドクターX

トランプとの会見に呼ばれたんだとか。
ドクターXって確かに筋書きは面白いよね。
だけどあれほど女を売りにしなくてもいいのにね。
脚線美を丸出しにしなくても踊り子でなくても
(演出係のせいだけど)
医師だけで売っても充分見応えはあるのに。
まだまだ日本は女性後進国だ。
それとドラマの中の三田佳子にはイヤケがさした。
(これも演出家のせいだけど)

私は男性です。

こんにちは!

通行人ですさん、
テレビドラマというのは、映画でもそうでしょうけれど
プロデューサーや脚本家によるところが
多いのでしょうね。
手術ばかりが気になって
あまり脚線美に目が届きませんでした。

1つイヤになって、もう見なくなりましたのは
西田敏行のシリーズで医者が束になって
校歌だか寮歌を歌う場面がありますでしょう。
出身校を誇りにしているというよりも
学歴執着まる見えで、
西田自身も嬉しそうに声を張り上げていて、
どうせ喜んで歌うなら、あの場面では
「無法松の一生」か「君が代」
の方が良かったなぁ、と。

大門先生と病院長を対峙させているのでしょうけれども、
フリーターなら全国津々浦々でオペして欲しいなあ、と。

それから、もうご存知でしょうけれど、
https://www.youtube.com/watch?v=B9Fc5Gjdjq8&t=5600s
税務調査官の事件簿、
面白いです。

今日は。

これを見てください。
破綻するであろうメルケル党は、どんな選挙を
するのであろうか知らないが
やはり怪しい日本の選挙法です。
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52192951.html
民度は劣悪だと言いたくもなります。

呆れるばかりだ

加計学園、韓国からの留学生には、渡航費負担、月額14万円以上の奨学金支給、医療費80%負担、住宅手当支給という話だが、どういうことなんでしょうね?

四国に 獣医が不足しているから、という 安倍先生の言い訳だったはずですよね。

トゥイッター

ワハハ
https://twitter.com/kikko_no_blog/status/932937478570258432

と笑うしかないチキンさん。
ニワトリが怒るわな。

ご無沙汰しています

早速ですが
これを見て読んでみてください。
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/wage2017/

https://mainichi.jp/sunday/articles/20171120/org/00m/010/002000d

2012年以降私たち国民の暮らしは向上しましたか?
欲しいものを買えていますか?
ゴミの多い汚い日本という印象に変わっていませんか?

結婚や出産や老後に何の心配もないですか?

こんばんは

大岡殿、銭形勘次殿、銭形永平次殿
遠山殿、
沢山の情報をどうも有り難うございました。
記事にUPさせていただきますね。
しかしねぇ、加計学園獣医学部に
韓国から学生を募るとはねぇ、
ここは信心深いかた達はどう思うのでしょうかねぇ。
そこは目をおつぶりになるのでしょうねぇ。

ツイッター代わりに、またいらしてください。

Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR