12
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ラストレター Touched by Love

ずいぶん昔、「ラストレター」、原題は「Touched by Love」
という映画がありました。
身体障碍児施設で働く看護師さんが主人公です。
この実在の看護師さん(リナ・カナダ)が書いた実話を基にして
作製したのがこの映画で、実話の小説原題は
「エルビスに愛をこめて」、
(To Elvis with love)

心を閉じた(自閉症の)女の子、
脳性小児麻痺を患い余命幾ばくのカレンは
他の子たちのように、両親が会いに来ることもない。
看護師のリナはそんなカレンに目をかけ、
カレンの心を次第に開いていきます。
カレンがリナの名前を知りたがる場面は圧巻です。

カレンはエルビス・プレスリーに恋して夢中です。
カレンにファンレターを書いては、と勧めるリナ。
不自由な左手にペンを持って懸命に手紙を書くカレン。
しかし待てども返信は無し。
何通目かの手紙にとうとう返事が来ました。

エルビスとカレンの文通が始まります。
顔写真入りのシャツを贈るエルビス、
クリスマスが近づいたある日、エルビスから大きなクマの
ぬいぐるみが贈られました。
御礼の手紙を書きかけたカレンは、その夜、永遠の旅に・・・

この映画を初めて見た時に、プレスリーからの返信、贈り物は
リナのトリックなのでは?
と思いつつ観ていたのですが、最後に「エルビスからの返信は
全て本物の彼の手紙が使われた」と解説があり、
驚き感激しました。

To Elvis with love, Touched by love
 愛に触れて

映画のBGMのように"Love me tender、Love me true"
が聴こえて来ます。

."TOUCHED BY LOVE".1980 [FULL]
 字幕がないのですが、ご覧ください。

No title

いい話ですね。
『エルビスに愛をこめて』は、タイトルだけ聞いたことがあります。
オー・ヘンリーの『最後の一葉』を思い出しましたが、
実話だったのですね。
エルビスは楽譜も読めない、キャデラックに乗っている
と悪く言う人もいましたが、そんな彼から返事が来たとはすごいです。
彼は、ひとに優しくできるのなら、自分にも優しくしてほしかったです。
もったいない死に方でした。
あれほど声のいい歌手は滅多にいません。
もっと自分の才能に自信を持ってほしかったですね。

お早うございます!

バーソさん、コメントをどうも有り難うございます。
今朝は零下9°です。ここまで下がると
それ程の寒さは感じずに体力も消耗しないようです。

エルビスはキャデラックに乗っていたのですか、
人がキャデラックに乗ろうとジャガーに乗ろうと、
トヨタハイブリッドに乗ろうとフィアト500に乗ろうと
どうでもいいですのにね。

楽譜が読めない、というならイタリアの昔のオペラ歌手、
カルーソーなど、皆さん小学校もそこそこで、
字もろくろく読めない人が多かったです。

私は歌の勉強でこちらに来まして、
私のマエストロは脇役で活躍した人ですが、
彼も楽譜は読めないし、ピアノも発声のため以外は
弾けませんでした。でも小学校の先生をしていたので
字は読めました。

スティーヴィー・ワンダーも勿論、
楽譜は読めなかったでしょうね。
彼らは、でも、耳が素晴らしくいいですね。

エルビス・プレスリー(エルヴィス・プレスリー)は
後年、大変太ってしまいましたが、
ジュリー(沢田研二)、それからマラドーナも
異常に太りましたね。
薬物のせいではないかと思います。
マラドーナは確実に使用していました。
勿体ない、あれだけの選手が!と思っていたのですが、
スターと薬は密接な関係があるのでしょうね。

処方された薬の量を間違えたということですが、
モンロー同様ミステリアスな。
実際、私はエルビスに詳しくないのですが
ロックンロールのキングと呼ばれた、
人種差別撤廃の、人間への愛情を豊富に持った人が
42歳で亡くなってしまったのは大変惜しい、勿体ないことです。

自分のブログ・エントリーよりも長くなってしまいました。
今晩ゆっくりバーソさんにお伺いいたします(*^^*)


Guten Abend!

映画を少しずつ区切って見てみました。
英語、多分完璧には解りません。でも雰囲気は
雰囲気で解るし、面白そうな映画、感動的なフィルム、
こういうのは直感的に1コマ見ただけで解ります。
主人公のリナ役の人、ジュリー・アンドリュースに似ているような。
ロックやカントリーやポップスは聴きませんけれど
Love me tenderはいい曲ですよね!

Guten Morgen!

コメントをどうも有り難う。ございます、
フリーゲルさん、
そうですね、主人公のデボラ・ラフィンは
ジュリー・アンドリュースに雰囲気が似ていますね。
確かに、映画もそうですが、音楽も同じで
4小節聴いただけで大体想像がつきます。

Love me tenderは甘い綺麗な曲ですね!
Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR