10
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

言葉

Sprache
Die Sonne spricht zu uns mit Licht,
Mit Duft und Farbe spricht die Blume,
Mit Wolken, Schnee und Regen spricht
Die Luft. Es lebt im Heiligtume
Der Welt ein unstillbarer Drang,
Der Dinge Stummheit zu durchbrechen,
In Wort, Gebärde, Farbe, Klang
Des Seins Geheimnis auszusprechen.
Hier strömt der Künste lichter Quell,
Es ringt nach Wort, nach Offenbarung,
Nach Geist die Welt und kündet hell
Aus Menschenlippen ewige Erfahrung.
Nach Sprache sehnt sich alles Leben,
In Wort und Zahl, in Farbe, Linie, Ton
Beschwört sich unser dumpfes Streben
Und baut des Sinnes immer höhern Thron.

In einer Blume Rot und Blau,
In eines Dichters Worte wendet
Nach innen sich der Schöpfung Bau,
Der stets beginnt und niemals endet.
Und wo sich Wort und Ton gesellt,
Wo Lied erklingt, Kunst sich entfaltet,
Wird jedes Mal der Sinn der Welt,
Des ganzen Daseins neu gestaltet,
Und jedes Lied und jedes Buch
Und jedes Bild ist ein Enthüllen,
Ein neuer, tausendster Versuch,
Des Lebens Einheit zu erfüllen.

In diese Einheit einzugehn
Lockt euch die Dichtung, die Musik,
Der Schöpfung Vielfalt zu verstehn
Genügt ein einziger Spiegelblick.
Was uns Verworrenes begegnet,
Wird klar und einfach im Gedicht:
Die Blume lacht, die Wolke regnet,
Die Welt hat Sinn, das Stumme spricht.
Hermann Hesse

言葉
太陽は私たちに光で話す
花は私たちに香と色で
大気は雲と雪と雨とで話をする

7月2日、今日はヘルマン・ヘッセの誕生日です。
1877~1962

言葉
太陽は私たちに光で語り、
花は香と色で、
大気は、雲と雪と雨とで物語る。
彼らは、
沈黙を破るための、
言葉と身振り、色と音とで
神秘の存在を伝えるための、
飽くことを知らない願いの世界の、
聖域の住民だ、
ここに芸術の輝く泉が溢れ出る
それは言葉と明示、精神の世界の闘いであり、
限りない経験による人間の唇からの
明快な声明である。
万人は、言葉に引き寄せられ、
私たちの単調な努力は
言葉と数、色と線と音とに呼び覚まされ
心はより高い玉座を築く。

紅や青の花々の中で、
詩人の言葉の中で、
始まっては終わりを知らない
創造の構築は内面へと向かう。
言葉と音が融合するところ、
歌が響き、芸術が花開くところでは
世界の意義、世界の全存在の価値が
新たに造り出される。
全ての歌、書物、絵は
生命の一体化(統一)を満足させる吐露であり、
新たな、千回目の試みである。

この一体化を具現するために
詩と音楽があなた方を惹きつける。
創造の多様性を理解するには、
私たちが出くわす混乱とは何かを、
一瞥するだけで良い。
それは詩の中で明快で単純になる。
花は微笑み雲は雨を降らす。
世界は意義を持ち、沈黙は語る。
   ヘルマン・ヘッセ
      訳:僭越ながらミルティリおばさん

訳しでオソロしいのは、日本語に訳すと
外国語の(ドイツ語の)韻がすべて無くなってしまうところです。
詩は目よりも耳で読む、音声の美しさを味わうものですのにね。
ヘッセの詩の美しさが消え、鯱張った(しゃちほこばった)
小難しそうなコラムに変わりました。
内容は理解していただけると思います。





























言葉の不思議

ミルティリおばさんへ

今晩は。
ドイツ語は全く分かりませんし、ヘルマンヘッセも知りませんでしたが、PCの翻訳機能で「解読」してみました。
解読結果は、単語を切って貼ったような感じの文で風情は有りません。
内容は、ミルティリおばさんの訳と概ね同じです。

言葉・・
犬には犬語、鳥には鳥語、魚には魚語が有るのかな?といつも不思議に思います。

耳で読む・・
「目よりも耳で読む」、「音声の美しさを味わう」・・何となく分かります。

ヘルマンヘッセの名言について調べてみたくなりました。

お元気でご活躍ください。

こんにちは!

3日前にコメントをくださっていたのですね。
自分のブログをこまめに開けないもので
済みませんでした。

ペルージャは海がなくて山の地(長野県と同じですね、
ただ、北イタリアのボルサーノ辺りの方が
長野県と似ています)
山の地ですが、ヘッセが生まれた、
シュヴァーベン地方のカルヴも山と川の地で、
その後に居を変えたスイスも山ばかりで、

カルヴが「自分が見て回った世界の中で
1番美しい」のだそうです。

彼の小説は山と川と空で出来ています。
たんまに海という言葉が出て来ますが。

動物語といえば、
ネコ語なんかもあるのでしょうね。
私のネコは私に「ニャーニャー」と、
よく話しかけてきます。
大体何を言いたいのか判りますけどね。

聞き耳頭巾(マンガ日本昔話)の、
あんな頭巾があったらいいですね!

今晩、貴ブログにお伺いいたします。
コメント、どうも有り難うございました。

ヘッセの名言

沢山あってどれも好きなのです。
そのうち2つだけ書いてみます。

木に耳を傾ける者は真理を知る。
木は教養も手段も説かない。
木は個々のことに捕らわれず
生命の根本原理を説く。

人間は自分をあまりに重要視しすぎている。
人間は、鳥やアリの生より困難なものではない。
むしろもっと簡素で素敵なものだ。

年を取れば取るほどに共感することが多い名言です。
「言葉」は、おばさんの訳したものが正解です。
高橋健二は熱心に読み込むと少しずつ違っています。
そして「言葉」は言わんとする意図は解りますけど
詩の体をなすには鬼才を持ってしても訳すことは
できないことです。

Guten Abend,

コメントをどうも有り難うございます。
ヘッセは詩や小説も好いですが、
名言も淡々と真実が説かれていていいですね。
読書の方法も、経験から自分の方法を書いたのでしょう。
単純な方法なのですが、これが難しい。

高橋健二には感謝しています。
高橋健二以外の翻訳家は、よくは知らないのですが。
あれだけヘッセの持つ雰囲気を伝えているのは、
やはり文才でしょう。
ちょっとおかしい部分も(訳しで)ありますが、
何分、文学ですから。

イタリア語での「言葉」をUpいたします。

Il sole ci parla con la luce,
Con la fragranza e il colore parla il fiore,
Parlando di nuvole, neve e pioggia
L'aria. Loro vivono nel santuario
Del mondo è un desiderio insaziabile,
Per rompere le cose stupidità,
In parole, gesti, colori, suoni
Per pronunciare il segreto dell'essere.
Qui le arti scaturiscono,
Lotta per la parola, per la rivelazione,
Dello spirito il mondo e annuncia luminoso
Dalle labbra umane esperienza eterna.
Tutta la vita dura per la parola,
Nella parola e numero, colori, linea, tono
Evoca la nostra noiosa aspirazione
E costruisce la mente sempre più alto trono.

In un fiore rosso e blu,
Nelle parole di un poeta si applica
All'interno della costruzione della creazione,
Inizia sempre e non finisce mai.
E dove si uniscono la parola e il suono,
Dove la canzone suona, l'arte si svolge,
È ogni volta il significato del mondo,
Ridisegnato di tutta l'esistenza,
E ogni canzone e libro
E ogni immagine è una rivelazione,
Un nuovo, millesimo tentativo
Per soddisfare l'unità della vita.

Per entrare in questa unità
Attira la poesia, la musica,
Per capire la diversità della creazione
Basti un solo colpo d'occhio.
Cosa ci fa arrabbiare,
Sii chiaro e semplice nel poema:
Il fiore sta ridendo, la nuvola sta piovendo,
Il mondo ha un significato, il muto parla.
            Hermann Hesse


ちょっと長いね。
それでは、良いお仕事を!
またお越しください。。。












Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR