08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ナルチスとゴルトムント バーデン・ビュルテンベルク州

バーデン・ビュルテンベルグ(Baden-Würtenberg)に
ついて書き切れません、お写真も載せられませんので
バーデン・ビュルテンベルグで検索なさって下さい。
マウルブロン修道院もこの名で検索なさるとヒットします。
私には紹介し切れないです。マウロブロンは建物の
内部にある噴水(Brunnen)が有名でしょうか。
美しい州、美しい町並み、美しい修道院です。
宣伝料を頂いているわけでは決してありません。

今日はワイン・ブレイクです。バーデンに行ってみたく
思います。昔ながらの家、あまり広くない、ちょっとした
Saal,Saalchenでクラシックな食卓と
彫刻の施されている椅子、そこに私が座ります。
私の両脇にはナルチスとゴルトムントが立っております。
私は最近2人の育ての親の様な気がしております。
「やっと6章の終わりまで行ったよ。」
「お疲れ様」
私の2つのグラスに2人がワインを注いでくれます。
ゴルトムントは白のモーゼル・ワイン
(Wein am Mosel)を、
ナルチスはバーデン産の赤、トロリンガー・トロッケン
(Trollinger・trocken)を。
「あぁ、少しにしてね、私あまり強くないから。」
何というタイミング、今ラジオでシューベルトの野薔薇を
歌ってます。5月に亡くなったディースカウのようです。
私の前のお皿には揚げた魚(Bratfisch)と
ソーセージ、ザワークラフトなどが盛ってあります。
白の法衣のナルチスと小姓の装いをしたゴルトムント、
2人の間で美味しく頂く私。
ナルチスは相変わらずにこりともしませんが、
ゴルトムントは微笑みながらワインを注いでくれます。

でもやはり私だけが飲むのは何ですから、3人で飲みましょう。
産みの親のヘッセに乾杯!
ほろ酔い加減のおばさんは少し疲れが出てきました。
3ヶ月経っちゃった、あんた達と付き合ってて。

こんな私のブログに登場して頂いて有難う。
我ながらいい加減な書き方してると思う時もあるのよ。
文も上手くないしね。でもあなた達は私の励みですよ。
これからも仲良く続けましょうね、私の可愛い息子達、
ってヘッセに怒られるかしら?

ナルチスが私のためにギリシャ語の詩を吟じてくれ、
ゴルトムントは私の手に慇懃に口づけしてくれました。

以上、私の勝手な妄想でした。
慇懃無礼をお許し下さい。



Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR