04
1
2
3
4
5
6
8
9
11
12
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ナルチスとゴルトムント  カーテン・コール

「知と愛」 「ナルチスとゴルトムント」の
他の方達のブログをほぼ全部読ませて頂きました。
やはり最後のナルチスの愛の告白で泣く方が多いのですね。
私も目の奥が熱くなります。前はナルチスの気持ちを思って。
今はナルチスを思いながら苦労を重ねたゴルトムントが
ナルチスの言葉でやっと報われた、ゴルトムントの
心の内に泣けます。

舞台には幕が閉まっています。舞台の下のオーケストラ・ピット
(オーケストラ・ボックス)には管弦楽団と合唱団がいます。
本当は合唱団はボックスでは歌いませんが、今日はお願い
します。
幕を上げずに幕の合わせ目から皆さんが出て来ます。
合唱団がグレゴリウス聖歌を歌い始め、マリアブロン修道院生達が
出て来ました。ムント君の初めての授業の後で喧嘩してしまった、
夜中にこっそり抜け出して村の農家に一緒に行ったアドルフと
仲間達、2人の少女(1人はムント君に口づけした)達も出て
来ました。みんなが幕の中に入ると、替わって水車屋、門衛の
助修士さん、修道士さん達全員が姿を見せます。
音楽がポリフォニー(多声音楽)に変わりました。
ダニエル院長を真ん中にアンゼルム神父、マルティン神父が
3人で外に出ます。(マルティン神父は紹介致しませんでした)

トゥロヴァトーレ(トルヴァドール)の音楽です。
黒髪のリーゼが微笑みながら1人で現れました。
音楽はバッハの「農民カンタータ」に変わりました。
リーゼと交替で力強い農婦さん達の登場です。

その後に騎士を真ん中に金髪の2人の娘、リディアとユーリエ、
曲はアルスノーヴァで。
ハンスが快活に出て来ました。ハンニバルとブレスの手綱を引き、
犬も登場です。馬丁さん、料理係。
彼等が中に入ると、

ムント君がお手伝いした妊婦さんと助産婦さん。
交替で、ヴィクトルがにこやかに1人で現れ、舞台中央で跪き
お辞儀をした後で投げキスなどしながら退場します。
農婦さんのクリスティーネが出て来ました、その夫と村人。
クリスティーネは命の恩人ですもの、ムント君、仕切れない程
感謝しないと!

水車屋の娘さん、暫くの間共に旅した人達(ムント君がお手伝い
しながら)が現れ、その後、おばさん、ここを省略してしまったの
ですが恋人同士の男の子と女の子、女の子に言い寄ってムント君は
喧嘩を売らてしまった。フランチスカ、眠っているムント君の顔を
柳の小枝でくすぐり、温かな牛乳を提供してくれました。

替わってボニファチウス神父。

音楽はワーグナーの「マイスタージンガー」です。中世の音楽では
ないですけどね。無礼講です。
マイスター・二クラウスと1人娘のリースベト、ちょっとみっともない
マイスターの家のお手伝いさん。
彼等と入れ替わりに出て来ますのは、

音楽は「こうもり序曲」「皇帝円舞曲」大晦日ですので。
ますます中世から程遠い曲ですが、無礼講です。

一段と拍手が大きくなりました。ゴルトムントが1人で現れました。
嵐のような拍手に少し呆然としています。胸に右手を置いて何度も
お辞儀した後にナルチスを手招きします。
ナルチスがやって来ました。軽く会釈してゴルトムントと手を携えて
鳴り止まぬ拍手を受けます。

幕がすっかり開き、全員が揃っています。ヘッセも舞台上に呼ばれますが
上がろうとせず、客席からそっと拍手しています。
翻訳家の方達もね、日本とイタリアのクリスティーナ・バセッジョさん
(この方、女性です)達も拍手しています。
私もひっそりと隅の方で拍手を送ります。

登場して頂いて有難う。
そして読んで頂いて有難う。
元旦はラデツキー・マーチで!





Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR