08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ガブリエレ・ダンヌンツィオ Gabriere d'Annunzio

ガブリエレ・ダンヌンツィオは小説家、詩人、劇作家、
飛行士、政治家、軍人、ジャーナリスト、と沢山の肩書きを
持っていました。今年生誕150年。
1863(ペスカーラ)~1938(カルドーネ・リヴィエラ 
北イタリア、ブレーシャノ近くです)

筒井康隆さんが「ダンヌンツィオに夢中」で彼のことを
述べています。
三島由紀夫は彼の影響を受けたということです。
共通点はありますね。
ダンヌンツィオ: 河の企て   三島: 楯の会
小説家であり政治的軍人であり、仕事は多岐に渡っていて
軍服に身を固めて喜んでいた、いえ、政治機構の改革に命を
賭けていました。

ダンヌンツィオはイタリア耽美主義(Decadentismo italiano)
19世紀の文学運動の自由奔放な芸術主義者(Scapigliatura)
で、もっと評価されるべきでしょう、ということです。

パゾリーニが選んだ彼の詩を一つ

Da canto novo  O falce di luna calante

O Falce di luna calante
che brilli su l'acqua deserte,
o falce d'argento, qual mèsse di sogni
ondeggia a'l tuo mite chiarore qua giù!

Aneliti brevi di foglie,
di fiore di flutti d'l bosco
esalano al mare: non canto non grido
non suono pe 'l vasto silenzio va.

Opresso d'amor, di piacere,
il popolo de' vivi s'addorme...
O falce calante, qual mèsse di sogni
ondeggia al tuo mite chiarore qua giù!

新しい抒情詩から、 おぉ、三日月の鎌よ

おう、三日月の鎌よ、
 人気のない水面に輝く
 おう、銀の鎌よ、お前の仄めかした夢が
 柔らかな光の中で地上に揺れる

 森の梢と花と果実、その小さな息づかいは
 海へと漂って行く
 歌わずに、叫ばずに、音を立てずに
 大いなる静けさの中を進んで行く

 愛と快感に押しつぶされ
 生きとし生ける物は寝入っている
 おう、眉月よ、お前の仄めかした夢が
 柔らかな光の中で地上に揺れる

          訳;ミルティリおばさん

canto novo (カント ノーヴォ)
 新しい詩と新月を掛けています。
falce di luna calante 
(ファルチェ ディ ルーナ カランテ)
 ファルチェは鎌、ルーナ カランテは下弦の月です。
 弦が下にあり膨らみが上にあります。
 鎌の形なので細い三日月様ですね。
 三日月と言うのは新月から数えて三日目なのだそうです。
 それから上弦の月(luna crescente)、満月となり
 満月から新月に向かうのが下弦の月(luna calante)、で、
 新月の三日前の月は24、あるいは26日月と言うのだそうです。
 左が膨らんでいます。
 日本の方が月の様子を細かく分けていますね。
 
 この詩は、鎌の形をしている月なのだから三日月としか
 言いようがないです。
 もし二十四日月と言ったら、少々コミカルになって
 しまいます。


トスティ(フランチェスコ・パオロ・トスティ1846~
1916)も彼の詩を好んで歌にしました。

Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR