10
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ナルチスとゴルトムント ヨハネス像

森からやって来た信用出来ないジプシーめ、
気が向けばいい職人なんだがな、
俺をいらつかせてばかりいる。
金にだらしがない浪費家め!

 1年経ったもの、男やもめのあんたのことを
 今ではすっかり分かるよ、マイスター、
 あんたをいらつかせるのは俺の楽しみなんだ。
 それにしてもあんたの一人娘、美人だな。

俺の娘を見る奴の目は何だ!
大切に人目に触れないように育てたんだ、
娘の相手は結婚前提の良家の子息じゃ、
お前などに用はないわ。

 マイスターの仕事はなあ、あれ程の芸術品を
 創り出す彼を讃えているんだが
 見てくれのいいものを金と名誉のために
 引き受ける他のマイスターと変わりない。

未熟だが、あの感動的なデッサンの故に
奴をを引き止めたんだ、今、制作中のヨハネ像のために
俺は我慢してるんだ。
文句は山ほどあるんだが、しかしあのヨハネを
奴はやり遂げるぞ、驚異的な粘り強さで、間違いなく
俺の弟子や名人達にも完成させるのが難しい仕事を。

十字架上の使徒群像の依頼がありマイスターは
仕上げの一刻みは自分がするということで
2人の弟子に彫らせていた。
ゴルトムントには成功したらそれも置こうということで
ヨハネ像の木彫を彫らせました。

使徒ヨハネをゴルトムントはナルチス像として
創り始めました。

An der Narzißfigur arbeitete Goldmund
mit tiefer Liebe, in dieser Arbeit fand er
sich selbst, seine Künstlerschaft und seine
Seele wieder.
 ゴルトムントは深い愛情でナルチスの姿を刻んでいった。
 この仕事に自分自身と本来の芸術家魂を見出していた。

毎日熱心に仕事するわけではなく、踊りや飲み会、
さいころ遊びに興じ何日も仕事部屋を空け、仕事に
戻っても気が向かない日もあったのですが

Ma al suo apostolo Giovanni, la cui figura
amata e pensosa gli usciva dal legno sempre più
pura, (伊)
 しかし愛する、思索する彼のヨハネはますます清らかに
 木から浮き出て来るのだった。

彼は献身と慎ましさに心が整えられた時だけ仕事に
打ち込むのでした。

In diesen Stunden war er weder froh noch traurig,
wußte weder von Lebenslust noch von Vergänglichkeit;
es kehrte ihm jenes ehrfurcitige, lichte und rein
gestimmte Gefühl im Herzen wieder, mit dem er einst
dem Freunde hingegeben und seiner Führung froh gewesen
war. Nicht er war es, der da stand und aus eigenem
Willen ein Bildnis schuf; vielmehr war es der andere,
es war Narziß, der sich seiner Kunstlerhände bediente,
 その時間の中では彼には嬉しさも悲しみもなく、生きることの
 喜びもはかなさもなかった。友にすっかり献身しその導きに
 喜び身を委ねていた頃の、純真な敬意と輝きが戻って来た。
 ゴルトムントが彼の意志で友の姿を刻むのではない。
 刻むのは別の人、ナルチスだった。ナルチスが芸術家の手を借り、

移ろう生の中から清らかな彼の姿を現わしたのでした。

知と愛が融合する、のでしたら、
理性と感性はこの場面で溶けあいましたでしょう。
 



Secre

プロフィール

Author:ミルティリおばさん
FC2ブログへようこそ!
イタリアに住むこと30と数年、
猫と2人暮らしのおばさんです。
翻訳フリーランサーです。
翻訳なさりたいテキストをお持ちの場合
メールにてお知らせください。
英語とドイツ語はネイティブ翻訳者との
コラボです。

2011年来、若かりし頃のジャッキー・チェンに夢中です!
お気が向いた時にいつでもいらして下さい。
お気付きの点があったらコメントして下さい。
あなたのお好きなことも自由に書き込んで下さいね!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR